インフォメーション

2017-03-02 14:50:00

「美味しいという評判を聞いてやってきました」

男女3名の学生は、それぞれ歓声をあげながら「石焼きオム」と、デザートの「ブリュレ」も食べて、大満足でひきあげてゆきました。

一人で来られたご婦人も、「美味しかったです」と言って帰って行かれました。

 

大学入試も終わって、いよいよ3月に入ったこの時期、人の流れは少なくなりますが、お客様の温かい言葉は寒さを吹き飛ばしてくれます。

この時期は就職活動の時期でもあります。

 

━━超がつくノンビリ屋の私は、学生だったとき、「就職活動」というものが始まっていたことを知らず、慌てて回った時には、大手銀行や有名企業のいくつかはすでに採用が終わっていました。「リクルート社」から、分厚い企業案内が贈られてきましたが、大学側が催したであろう「就活セミナー」のことは全く知りませんでした。

 

それでも新3年の春には総合商社に就職が決まっていた、ある夜更けのことでした。

下りの小田急線で帰宅の途上、「占い」の先生に突然話しかけられました。

人気のない車内で、たまたま向かい側の席に座っていたおじさんが、ずっと私を見つめていたのがわかりました。良い気はしなかったが、席を立ったと思ったら、私の隣に座って話し出したのです。

神奈川県央の市に在住していて、全国的に有名な先生なのだそうで、この日も仕事で、たしか愛知県からの帰りだと。

 

その方は、たまたま私の正面に座ったところ、私の周りに見えるものがあったので、教えてあげたいからと言われて驚いた。ふつうなら(おそらく高額な)「見料」をとるので、そのようなことは珍しいのだそうだ。

「お祓い」が必要だと言われたら、気持ち悪くてやっかいなことでしたが、私の周りにいるのは、先祖の霊で、よい霊だとのことで安心しました。

 

幼い頃からこれまで、多くの人に可愛がられ、慕われたように思うが、ご先祖様に見守られていたのかもしれない。

 

しかし、食うか食われるか、人を蹴落とすことも、自分が勝ち抜くうえでは必要な商社で、私は相変わらずのノンビリ屋のお人よし、不器用で要領も悪く、偉くなろうという気などさらさらなく、裏切られたり、ひどい仕打ちを受けたり、「攻撃型人間」のいいカモになったと思う・・・私の至らなさで、「ご先祖様」をもってしても守り切れない「力」は存在した。

 

━━その「占い師」は、私の就職は建設会社が良いと言った。もう一つ二つ職種を言った気がするが憶えていない。

当時、「不動産屋」「土建屋」という呼称がよくつかわれたが良い意味ではなく、私にその気もなく、時期的にももう無理だった。

 

私の商社時代、配属先や、必ずしも男だけではないヒトの運にもめぐまれなかったが、「不動産屋・土建屋」を相手にする営業部門に配属されたときには、「占い師」の言葉を思い出した。

 

土地や建物の売買、建築工事など、高額な財産を扱う仕事。何のしがらみもない社外、外部の人たちが私を信頼し、大切にしてくれた。管理部門から移動してきて早々、幾つか商談がまとまった。

 

自慢するタイプではないが、内心、誰でもできることではないと、手ごたえを感じていました。学生時代には興味がなかった業界でしたが、後々まで「作品」が残る「街づくり・建築物」にロマンを感じました。

 

━━各駅電車で私が先に降りるまで、駅を二つか三つ走る間の、短い時間のことでした。

凄いと思うのですが、ひと目見ただけなのに、「将来は〇〇に注意しなさい」と、健康上のことも言われました。若い盛りだったので、聞いた私に真剣さはありませんでしたが、あのとき聞き直しておけばよかった・・・限られた時間の中で話してくれた「占い師」の言葉・・・突然のことで、緊張もあっていくつかのことを憶えているにすぎません。

 

人生の晩年も困ることはないだろうという言葉を頼りに、「3つのオレンジへの恋」とともに、さらに暫く生きてゆこうと思うのです。

 

(付記)

商社時代のつながりによって、ある女性占い師とのご縁ができました。

家内の友人の主婦や、バイトをした学生などが頼ってよく相談するのですが、「先行き」が怖いくらいに当たってしまいことが多く、「特殊な能力」というものはあるのだと、改めて思います。

 

小田急線で出会ったひとは、「占い師」というよりも「霊能者・超能力者」というべきかもしれません。何も訊くこともなしに、「霊視するだけでわかってしまう」ようで、まさに「黙って座ればピタリと当たる」です。連絡先を教えてくれましたが、怖いようでもありそのままになってしまいました。

 


2017-02-24 17:10:00

昨年の暮、私は何十年ぶりかで万年筆を買ってみました。いつも万年筆でお便りを下さる、早稲田OGのある方を見習ったのです。

大切にされておられる万年筆で書かれた達筆な文字からは、その方のお人柄とともに、書いている喜びすら感じられます。

 

私の学生時代には、早稲田大学生協で買った中国製の安価な万年筆━━矢印型クリップなど、デザイン外観は完全に米国パーカー社製のパクりで当時問題になっていた━━「英雄」を気楽に使っていました。意外に故障もなく結構長い間使えました。

 

今も何冊か手元に残してある当時の教科書の奥付けには、「早稲田大学第一法学部」と自分の氏名・購入日とが記されています。父の字体を手本として、万年筆で書いたもので、今見ても我ながらきっちりとした文字だと思います。今ではっかり崩れてしまい、よほど気持ちを入れても同じようには書けません。

 

今回、同じ生協で購入したのは国産の普及品だが、久々の万年筆を手にすると、あまりにも慣れてしまったボールペン、とは異なる指先の感触、重さ、バランス、筆圧、書き味にただただ戸惑うばかりです。試し書きのようになった挨拶状の添え書きでは、指先は思うように動かず、老眼も加わって、これが自分かと思うほどの悲惨な文字になってしまいました。

 

私も若い頃には筆まめで、「我が思い」を伝えてくれる手紙を、苦もなく丁寧な字で書いたものでした。今は眼鏡をはずし、作品に顔を付けるようにして版画制作に取り組んだ「宗像志功」さんのようになってしまい、「書く喜び」は「苦行」にとって代わってしまいました。

パソコンは、決して目に優しくはないし目の負担が大きいが、画面の明るさにはたすけられています。

 

私もそろそろ眼鏡の新調どきかもしれません。

何の根拠もなく、近眼の度が強いと老眼にはならないと、勝手に思いこんでいた時期があった・・・。

 

 


2017-02-08 16:52:00

早稲田大学では各門がロックアウトされ、いよいよ入試シーズン開幕です。

「3つのオレンジへの恋」は入試期間中の2月8日(水)~22日(水)まで連続で、日曜日も営業いたします。

なお試験のない10日(金)はお休みです。

 

受験生の皆さん・ご家族の皆様、

早稲田の学生が愛し、ますますファンが増え続けている「3つのオレンジへの恋」

「オムライス」や「クレームブリュレ」(どれもみんな特製です)を召し上がって、

英気を養い、受験の疲れを癒してください。

 

先日、「気合を入れに」やってきたあの女子高生も、みんなも。

「さあ!早稲田に受かるぞ!!」

受験生頑張れです。

 

(2月13日)

きのう「雪の山陰から、お母さんと飛行機でやってきた」女子高生、今日が受験日かな。

頑張ってネ!。

 (2月14日)

神奈川県から一人でやってきた少女。

3学科受けると言っていた。ひとつでも、いやみんな受かるといいね。

ボート部を目指すと言っていた女子中学生も!。

(2月15日)

店内に飾っている「早稲田大学の絵画」を気に入っていただいたお祖父さん。

お孫さんの男子は、二つの学科を受けるそう。

(2月16日)

試験が終わった時間帯、正門前を通りかかると、あふれるような受験生の人波・・・私も嘗てはその中の一人だった。

(2月17日)

この日の大谷康子さんと早稲田大学交響楽団の名演奏については、あらためてアップさせていただきます。

(2月18日)

付添いで来られたお母さん、「落とし物」が出てきてよかった!

落とさないでよかった!。

(2月19日)

朝、肩を落として歩いていた女子高生。

とても気にかかっている。

(2月20日)

三重県からやってこられたお母さん。

明日受験するお嬢さんの高校名を、上のお姉さんの高校と間違えたり、メニューでまったく違う箇所を指さして「これを」と言ったりで大笑い。

ことしは、4年間バイトで働いてくれた三重出身の女子が卒業してゆくので、是非後任に!。

(2月21日)

この日は受験生ならぬ、息子のお嫁さんとそのお爺ちゃんと幼稚園年少の、3人目の孫の男の子がやってきました。ママといると甘えん坊ですが、幼稚園では何とかやっているよう。

(2月22日)

いよいよ今年の大学入試も最終日。

両親とやってこられた女子受験生はすでに試験が終わったという。

會津八一記念博物館横の早咲きの桜がほころび、今年もいくつか思い出が。

 

明日2月23日はお休です

よろしくお願いいたします。

 

 


2017-02-03 14:01:00

「石焼きのオムライス美味しかったですよ」

一見、口が重そうな年配の男性客から、思いがけずこう言って頂くと嬉しいものです。

「またどうぞ」

「三重から来たから・・・」

おなかも心も満たされたその男性は、「某先生最終講義」の聴講に向かいましたが、そんな一日、よくぞ、当「3つのオレンジへの恋」にお出でいただきました。

 

2月になって、年度末に関係があるのか否か、キャンパス内には「〇〇先生最終講義」という立て看板が目立ちます。

 

お名前を聞きそびれてしまいましたが、一人の教授はオムライスとコーヒーを召し上がったあと、にこやかに言われました。

「これから最終講義です」

「ハレの」会場に向かわれる前、苦笑いされながら、“慣れないサスペンダー”(本人談)の身づくろいに少々とまどっておられましたが、気負いもなく落ち着いた佇まいには、穏やかなお人柄が伺えました。きっとご立派な「道」をつくられたことでしょう。

 

私は、先生の友人と思われる一緒に見えた男性に、「(学者は)好きな研究に一生を捧げられてうらやましいですね」と言いました。

私なんぞ、会社勤務では、やりたい仕事に就けるわけでもなく(世の中、そんなものですが」)、気苦労ばかりだった。

 

一方、うらやましい学生さんもいました。

 

卒論のテーマが「オペラ市場」だそうで、「趣味」の延長で勉強・研究できるのですから、こんなうれしい作業はありません。文学部や芸術系かと思ったら、たしか商学部だとか。

 

歌劇「3つのオレンジへの恋」はまだ聴いたことがないそうだが、去年、立教大学からやってきたオペラ好きの学生の話しをしたところ、元立大教授で音楽評論の大家、皆川達夫さんのお名前はさすがに知っていた。

私の法学部時代の同級生には、小うるさいほどのクラシック音楽好きが多かったものだが、商学部のその彼が、周りにオペラ好きの友人がいないと嘆いていたのは贅沢な悩みか。

 

私が学んだ法学部には卒論がないが、こんなテーマが選べるのなら、商学部という手があったなあ・・・今だったら4年間かけて絶対に「優」を取ったぞ!?。

 

(前回の記事は「早くも受験の季節」でした)

 


2017-01-23 13:49:00

元気な女子高生が二人、寒さを吹き飛ばすようにしてやってきました。

都内私立高校の三年生で、”気合を入れるために”早稲田に見学にきたそうで、「来てよかった!気合が入った!」と言って喜んでいました。

 

「二週間もすると“試験“なんです」

 

まだ一月・・・一瞬、学年末試験かと思いましたが、毎年のことながら、たしかに、私もかつては体験した「季節」がやってきたのです。

 

センター試験について、雪の影響の出るこの季節を外したら?という意見もありますが、受験生にとっては、正月もそこそこに、少しでも「詰め込み時間」が稼げる方がありがたいのではと思います。私はそうでした。

「蛍の光 窓の雪」の歌詞にあるように、寒い季節に受験はよく似合うと思うのです。

 

「早稲田の学生になってきます」

若さいっぱいの彼女たちは、こう言い残すと明るく去ってゆきました。

 

「合格したら教えてね」

”まあるい 花マル”の「石焼きオム」を食べたから、きっと合格だよ。

「 朗報、待ってるよ!」

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...