インフォメーション

2016-10-13 14:30:00

伊東ゆかりさんの「小指の思い出」(作詞)誕生秘話が放送されていました。

かつて中尾ミエ、園まりとで「スパーク三人娘」と呼ばれたお茶の間の人気者で、少年期にはザ・ピーナツとクレイジーキャッツの「シャボン玉ホリデイ」とともに、この三人娘の番組が楽しみでした。

 

スパーク三人娘のあとには、新しい時代を告げるような西野バレエ団の金井克子・由美かおる・奈美悦子・原田糸子・江見早苗の豪華五人娘が颯爽と登場。男性歌手も橋・舟木・西郷の「御三家」に三田明と、今も歌い継がれる青春の名曲があってなかなか面白い時代でした。

 

三人娘といえば、私の大学時代の天地真理、小柳ルミ子、南沙織の人気はピークに達していて、ほとんどのクラスの卒業アルバムにはこの3人、特に天地真理が登場していたものだった。私は社会人になってから、葉山のヨットハーバーに写真撮影に来ていたうら若きルミ子さんを偶然目の前で見たが、夏の海でキラキラ輝いていたのを思い出す。

 

伊東ゆかりはカンツオーネの聖地・サンレモ音楽祭にも出場して賞を獲得したが、その後泣かず飛ばずになってしまったという。中尾ミエの「可愛いベイビー」や園まりの「逢いたくて逢いたくて」のようなヒット曲がなく、レコード会社やプロダクションが新境地を模索する中、歌謡曲路線に転じることになったそうだ。

 

その記念すべき第一曲目が昭和42年の「小指の思い出」。

作詞の有馬美恵子さんはこれがヒットしなければ郷里に帰るつもりだったといいます。一方で洋楽・オールディーズが好きだった伊東ゆかりはこの曲に全く気乗りがしなかったそうです。

実はその歌詞は川端康成「雪国」の中の駒子と島村の官能的な世界がモチーフになっていたそうです。しかし当時の映像を見ても純情素朴な伊東ゆかりさんが歌うことで、爽やかな青春の曲として、黛ジュン、中村晃子ら和製ポップスの中にあって全く違和感はありませんでした。

 

今でも中尾ミエから「昔からゆかりは暗かった」とからかわれる、伊東ゆかりの代表曲になった「小指の思い出」・・・本人の意図とは違った運命・人生の不思議さです。スパーク三人娘の人気は、中尾ミエ、園まりの順で地味な伊東ゆかりは3番手だったと思います。私の大学時代の同級生は伊東ゆかりが好きだったというと、別の同級生に冷やかされていましたが今では伊東ゆかりが一番と言ってもおかしくなくなりました。

 

「小指の思い出」の作曲者鈴木淳さんは早稲田グリークラブのOBで、八代亜紀やちあきなおみら多くの有名歌手を育て曲を提供、日本音楽家協会の理事長や日本音楽著作権協会の会長を務めた日本音楽界の重鎮です。

 

2012年12月、早稲田にある教会のホールで八代亜紀さんの新曲「追憶の面影橋」のお披露目コンサートが行なわれました。私は稲門グリークラブのご厚意により、すぐ目の前で八代さんの生歌数曲と、デビュー前に住んでいたという早稲田・高田馬場の安アパートの思い出などの楽しいトークも。「追憶の面影橋」と、初めて聴いた八代さんの「神田川」は心に沁みました。「追憶の・・」は「神田川」の数十年後の世界をうたった曲で、すっかり八代亜紀ワールドを堪能させていただきました。

 

その後、「追憶・・」の作曲者鈴木淳さんら稲門グリーのメンバーが当店に見え、OBならではの熟練の歌唱で校歌や「紺碧の空」などを披露してくれました。残念ながらスケジュールの都合により「3つのオレンジへの恋」に来られなかったが八代さんと、鈴木さんの色紙が店頭に飾ってあります。

 

運命の糸のあや・・・私が早稲田で「3つのオレンジへの恋」を始めたことも思えば不思議なことでした。

 


2016-10-04 18:25:00

ラジオを聴いていると意外に教えられることが多い。たいていは聴きながら(族)で、テレビと違って文字テロップもないので、まさに一瞬の伝達・伝播の妙である。

 

最近の放送で、一部だけ聴きとれたところによると、自転車のレーサーかライダーが都内の三大急坂の名をあげていた。ほかの二つの急坂はどんな名前だったのか・・・知った名のようでもあったし聞けなかった気もする・・・文京区にある「幽霊坂」の名前もあがったが、このとき語られた「鷺坂」が私にとってハイライトだった。

 

短い急な坂を上るとすぐに崖に突き当り、そこには坂の名を刻んだ石碑があるそうで、急角度で折れ曲がった坂のその先には短いもう一つの急坂があって、ハンドル操作の難しさも加わり、ライダーの技術と強い脚力をもってしても一気に登りきるのが難しいのだと。傾斜度も示して、短いが急勾配のその坂が如何に難攻であるかを語った。

 

江戸川橋にあるというこの坂の特徴を聞いて、もしやと思った。

 

私はその坂の手前の道を通ることがあって、正面が崖で行きどまりに見える急角度の短い坂が気にはなっていた。その坂を当たり前のように人が行き来し、自転車やバイクが下ってくるのも目にしたが、ついぞ足を踏み入れたことはなかった。ラジオを聴いた日、あの坂だろうかと気になって初めて登ってみた。

 

おかしなもので、のぼりながらその坂であってほしいという思いが強くなって、突当りには「鷺坂」の石碑があるだろうか、ハラハラする時間を少しでも長く楽しめるように、短い坂の距離が伸びてほしいとさえ思った。

 

ついに登り切ると、果たしてそこには「鷺坂」 と書かれた石碑が立っていた。ライダーが語った言葉は憶えていないが、矢じりのように鋭く折れ曲がった短い急坂がふたつ、たしかにその先に続いていた。

 

石碑の後ろに立つ案内板によれば、このあたりは結構文学者に縁のある地域だった。その中に佐藤春男らと並んで、私が若い日に過ごした世田谷の近くに住んでいた孤高の詩人・三好達治の名も見られたので少しうれしくなった。

 

下で接する道路から急角度で立ち上がるただのスロープのように見えた、クセが強い小ぶりのこの坂が急に好きになった。

 

(付記)

この記事をアップしたとき、「鷺坂」のことを「霊坂」と書いてしまいました(今は訂正済み)。どちらも字画数が多い一字ですが、「幽霊坂」の霊が悪戯したのかもしれません。

 

みなさんの「3つのオレンジへの恋」には可愛らしい妖精が住んでいます。きっと・・・。

 

 


2016-09-27 14:14:00

大学の夏休みもいよいよ終わり、また学生たちが戻ってきます。

みなさんお変わりありませんか。

 

今年の夏、「3つのオレンジへの恋」という名にひかれて、二人の無類のオペラ通が見えました。

私は交響曲・管弦楽派で、オペラについては総合芸術として発展させたワーグナー派ですが、このお二人はモーツアルト派ですが全作曲家の作品を愛し、ライブが一番だといいます。

いずれも熟年の男性で、一人は医療研究に携わる方で、ドイツに滞在したときには各州ごとに存在するという歌劇場巡りをしたほどの強者でした。ドイツでは国が援助していることもあってオペラの入場料金は驚くほど安いが、地方であっても演奏レベルは高く演出も斬新であると。大物歌手をそろえてはいるものの、全体の通し稽古ができにくいなど制約の多い保守的な有名歌劇場よりもはるかによいとのことでした。ちょっとした評論家顔負けで、さもありなんです。

 

もうひと方は学者でしたが、モーツアルトのファンであるにもかかわらず、私が愛してやまないワーグナーの巨編「ニーベルングの指輪」全4部作のDVDを何と3セットも保有、レーザーディスクの1セットについてはプレーヤーが壊れてしまったので持ちあぐねているとのこと。ワーグナー最後の作品「パルシファル」についてもたしか3種類(凄い!)。

「3つのオレンジへの恋」もたしか5種類もお持ちだと言っていたような。海外盤は歌詞セリフが日本語でないのがとも・・・(その気持ちわかります)。

 

かく言う私は、「指輪 全曲盤」についてはレコード4種類、購入順にライブのベーム盤、スタジオ録音のショルティ盤、後になって発売されたフルトヴェングラー盤とハンス・クナーパッツブッシュ盤ですが、レコードプレーヤーのセットがだいぶ以前に壊れたため再度購入しなければなりません。最近アナログレコードが見直されて、プレーヤーが復活販売されているのは嬉しい限りです。巨匠フルトヴェングラーと、破格のスケールの持ち主クナの「指輪」全4部作全曲を、気力のあるうちに是非聞き通したいと思っています。

 

CDは輸入盤の一組で、ウイーンフィルがその早すぎた死を悼んだルドルフ・ケンペのライブ盤なのだが残念なことに少々音質が悪い・・・DVDはかつて衛星放送で話題を呼び気に入っていた「ブーレーズ盤」。購入したのでいつでも手元にある安心感と、大曲であるがために何回も「取り組む」ことができないのも事実・・・。

 

お二人には、私が観た来日公演のうち、「トンネルリング」と呼ばれて世界的に評判の高かったゲッツ・フリードリッヒ演出のべルリンドイツオペラで、日本初の「指輪」4部作の連続公演(4夜連続演奏はいまだに日本では例がないと思います)や、カルロス・クライバーが指揮したウイーン国立歌劇場の垂涎の「薔薇の騎士」、さらにゲルギエフ指揮マリインキー歌劇場の公演「3つのオレンジへの恋」などについて話すことができました。

 

(ブザーの音)

 

あっ!そろそろ開演の時刻が近いようです。

 

「皆様大変長らくお待たせいたしました。夏休みが終わり、間もなく『3つのオレンジへの恋』の開演です。お早めに席にお戻りください」

 

 


2016-09-16 15:53:00

数年前のある夜、深夜のラジオから聞こえてきたのが、あさみちゆきさんの語りと亡き父を偲ぶ名曲「秋櫻の頃」。

「ン!。お若いのにお父さんを失くされたのだろうか?」

夢うつつの状態ながら惹きつけられて、ラジオの音声に聞き入ってしまいました。

語りが、歌が、耳に残って、それからは睡眠のサイクルが合うと、20数分ほどの番組が楽しみになりました。その全部や一部を聞けない日もいっぱいありましたが、あさみさんは、変にはしゃいだり悪ふざけすることもなくて、生真面目なトークと歌がとても好ましかった。

 

以来、「井の頭公園の歌姫」の凱旋公演ともいえる渋谷公会堂のコンサートにも行き、密かにちゆきさんを応援しています。

ブログの方に書きましたが、先日の日曜日には三鷹市公会堂の「夢の扉コンサート」での歌唱と、「狩人」の高道さんとデュエットした「池上線」に感激、コンサート後にはちゆきさんと握手して、短い時間でしたが伊那市のことも話せました。

 

今年のまだ春浅き一日、あさみちゆきさんが観光大使を勤めている信州伊那市を訪ねたのです。

その見学ツアーは、東京商工会議所新宿支部(新宿区)と友好提携関係にある伊那市との企画で実現したもので、伊那市には優良企業が多く進出していましたが、伊那食品工業訪問はこの日の「華」でした。高い経営理念と倫理観をもつ会長に率いられた伊那食品さんに、訪れた一同は大いに感心させられたものでした。

 

 一昨日、仕入れ先である食品会社の展示会に顔を出したところ、出店コーナーにその伊那食品工業さんの社名が見えました。これまでは素通りしていたのですが、今回はその伊那食さんがいらしたので嬉しくなり、社員さんと立ち話をさせていただきました。

 

居合わせた社員の一人は、先の「ツアー」のこともご存じで、「3つのオレンジへの恋」を知っている早稲田大学出身の若い社員もいらしたので、あらためて伊奈食さんを称えさせていただきました。これからは毎回このブースに立ち寄ることにしよう!。社員を大事にする伊奈食さんは、もはや押しも押されぬ優良人気企業です。

 

どこでどうつながっているのか、あさみさんとかかわりのある伊那市、そこに本社を置く伊那食品工業さんとの新たな縁もまた嬉しいものでした。

 

なお9月19日~24日はお休みさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

 


2016-09-10 13:06:00

教育テレビで鶴見の総持寺が取り上げられ、ピカピカに磨き上げられた長い渡り廊下が紹介されていました。

こどものころ、法事で両親家族や叔母、従兄らと訪れた際、その長い廊下を見てつい走りだすと、靴下履きの足が滑って怖かったものでした。チリひとつなく黒光りする廊下は、修行僧が四つん這いの雑巾がけの姿勢で、真直ぐに一気に走り抜けて磨き上げていたのです。その作業をこなすには運動部並みの厳しい鍛錬が必要なことがわかりました。

この日の放送では、墨染めの衣を纏った若い修行僧集団がその廊下を無言のまま足早に移動していた、こども心にも何か冒すべからず雰囲気を感じた光景も見ることができ、幼かった日の記憶が蘇りました。

 

別のニュース番組では、パリと青山表参道の街角で、それぞれビニール袋を手にしてゴミ拾いする人達が紹介されていました。

パリでは一人の日本人女性が見るに見かねて始めたそうですが、初めは珍しがられ、清掃作業に携わる人たちの仕事を奪うという批判すらあったそうです。黙々と続け、やがてパリっ子にも理解されて賛同者の輪も広がり、ゴミが散らかっていた街並みも綺麗になってゆきました。ゲンキンなもので、清掃作業に携わるオジサンたちは、自分の職が奪われないとわかるとどんどんやってくれと歓迎する様子には吹き出してしまいました。

 

表参道でも、散らかされる街並みに頭を痛めた地元の方がいろいろとアイディアを出して、清掃作業の賛同者を増やしてゆきました。今ではボランティア活動に、東京だけでなく全国からやって来ると言うのですから驚きです。清掃活動を通じてカップルも誕生したそうで、ちょっといい話です。

 

以下は一度書いたことがありますが、「キレイ」関連であらためて。

 

私はまだ一度しか目にしていませんが、早稲田にもビニール袋片手に大学周辺を清掃する女子の小グ-プを見かけました。若い彼女たちがとても立派に見えました。今度見かけたら何か差し入れをしてあげようと思っているのですが・・・。

 

「3つのオレンジへの恋」の前の小道は、大学周辺の中でも小ギレイな通りだと思っていますが、ときどきガックリくるほどゴミが散乱していることがあります。

地元のゴミ出し場は一般用ではないのに、通行人が無造作に棄てていくこともあれば、いい加減なゴミ出しのため、カラスや犬猫が喰い荒らし、それを車が道路いっぱいに拡散して、目も当てられない状態であったことも度々。

店の前にタバコの空箱、包装セロハンや銀紙、吸い殻・灰・・・ときには副流煙も、いつも迷惑千万な喫煙の痕跡を残してゆく方もいます。法曹の世界に関わる(関わろうという)方なのか・・・喫煙は大学構内の指定場所で願いたいものです。

 

区の清掃業務の方も一生懸命やってくれていますし、私も及ばずながら通りの美化の努力をしていますが、ここにもパリや表参道のような若者がいたのです。

大学の清掃業務に就いている一人の若い男子職員は、「持ち場」以外なのにコンビニ脇のゴミや(「ちょっとコンビニさん!!」」)、私が「そこはいいから」と言うのに黙々と「3つのオレンジへの恋」の前も掃き清めてくれます。朝やってきて、店の前や通りがキレイだと「 彼」かなと思い、街や道をキレイにしてくれている「人」を思います。

街並みや道路、公園などがキレイなのには理由があるのです。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...