インフォメーション

2017-01-07 18:39:00

去年のことになりますが、古来から伝わるという石見神楽を初めて鑑賞しました。

石見出身の早稲田大学名誉教授 花本金吾先生が、早稲田の学生に、とくに留学生に是非見てもらいたいと、鎌田総長に話され、その熱い思いが小野講堂で実現したものです。

 

花本先生は子供の頃から、この伝統芸能を秋祭りで見て育ち、今も心に残る思い出になっているそうです。

 

私も小学生のころ、お祭りの日には世田谷区内にある神社の舞台で、厳かに舞われていた神楽を目にし、終日録音テープ(?)で流れていた笛・太鼓も耳にしていましたが、こどもには退屈で、屋台の方に興味が行ったものでした。

 

キャンパス内で見かけた「石見神楽」の立て看板には、“大蛇が火を噴き暴れまくる“と書かれていたので、「神楽と 火を噴くオロチ!」、一体どんなだろう?。

当日、時間帯もちょうどよかったので、目の前の小野講堂に行きました。

 

花本先生のご説明によれば、「神楽」は歌舞伎、能、雅楽同様、日本の伝統的な舞台芸能のひとつで、宗教の式典も神楽が起源なのだそうです。石見神楽を演ずる劇団の数は200もあって・・・「劇団」という意味はこの日の公演を見て理解できました・・・それぞれに30の演目があるそうです。

 

この日は「塵輪(じんりん)」と、「大蛇(おろち)」の2本が演じられました。

 

「塵輪」とは黒雲に乗って飛び回って悪事をなす異国の鬼のことで、第十四代天皇・帯中津日子(たらしなかつひこ)が自ら弓と矢で退治するはなしです。 

前半はスローモーションのように、動作が繰り返されるのが特徴的で、後半の鬼退治では一転してスピーディーな動きに切り替わります。赤鬼の大きな面は、秋田県男鹿半島に伝わる「なまはげ」のようでもありますが、「なまはげ」が粗末なワラの装束に素朴な造りの面であるのに比べ、赤鬼の面は豪華で立派であり、出演者の衣装はすべて大変に華美なものでした。

 

私の小学校時代には、担任の先生が読んでくれた講談社の「日本神話物語」の中のヤマタノオロチにどんなに慄き、荒れ狂う海を沈めるために身を投じたクシナダヒメを哀れに思い、決して立ち入ることのできない黄泉の国を知りました。

 

この日の舞台ではヤマタノオロチ五匹が大暴れし、たしかに「火」も噴いて、小野講堂の舞台せましとばかりにうねり、暴れまわり、その迫力たるや「神楽」であることを忘れるほどの一大スペクタクルを展開しました。

 

後でお聞きしたところでは、オロチは本来八匹なのですが、演じておられるみなさんはそれぞれお仕事があり、この日は都合で五匹になったそうです。それでも、小野講堂の舞台をいっぱいに使ってとぐろを巻き、火を噴き、次からつぎと飽かせず、暴れまくる大蛇の演技・演出は見ごたえ見どころ十分。週一回集まって稽古練習をしているそうですが、見事なチームワークでした。

 

活躍したのは「演者」だけではありません。

神楽でお馴染の日本の音色・・・横笛に和太鼓と鳴り物・・・・特に横笛は終始絶えることなく旋律を奏で、ときには割くような鋭い効果音となって、「最少のオーケストラ」もまた見事なものでした。「お祭り」のときに耳にしていた一寸退屈な「音」は、本当はこれほどに劇的で魅力のあるものだったのです。

 

きらびやかで美しい豪華衣装は何百万円もする高価なものだそうで、歌舞伎役者が身に着けるような立派なものでした。「神楽」「伝統芸能」「古色蒼然」いうイメージは、あっさりと裏切られてしまいました。

 

バスを仕立てて、この日の公演のために並々ならぬご尽力をされたとお聞きしている花本先生。石見の郷土芸能はもはや芸術の域に達していました。

 

ワグネリアンの私は、「石見のオロチ」は、世界の檜舞台「バイロイト音楽祭」における、楽劇「ニーベルングの指輪」第二夜「ジークフリート」で、大向こうの意表をついて、森の中で黄金を守るおそろしい大蛇の役で登場できるのではと、勝手に思ったりも。

 ♪ 東西古今の文化のうしお 一つに渦巻く、です。

 

唯一残念だったのは、この日の客席に外人留学生の姿は目立たったものの、満席にならなかったことで、まことにもったいないことでした。もし次の機会があれば、微力ながら私もPRに努め、関係者みなさまのお役にたてればと思っています。

 

今年は「3つのオレンジへの恋」を巡って、どのような感激のドラマが生まれることでしょうか。

「美味しい」「美味しかったです」の声で年が明けました。

 

 


2017-01-05 20:32:00

年末、スーパーのレジでのことでした。

ネームプレートで中国人とわかる、若い女の子がお釣りを渡すときに、「〇〇円渡した!」というので、私は面白くて「渡した!」と繰り返しました。彼女も笑っていました。

彼女は眼鏡をかけていて学生のようにも見え、化粧はしていないが、若さにあふれ、人がらもよさそうで好感がもてる子でした。

 

新年になって、また彼女のレジに並ぶと、彼女はやはり「〇〇円渡した!」と繰り返しました。

私は今回も吹き出しながら「渡した」と言うと、彼女は少し照れながら笑顔を返してくれました。

私にとって、心が温まる、最高の「初笑い」でした。

頑張れ〇さん!です

 

いよいよ6日より授業が始まります。

「3つのオレンジへの恋」も営業開始いたします。

お正月で疲れた胃袋を「石焼きオム」の、体と心に優しい味で癒してみてください。

 

そして、今年もまた「3つのオレンジへの恋」に

みなさんの明るい笑い声が響きわたりますように。

 

 


2016-12-28 16:35:00

冬至も過ぎました。

幼い日の、思い出の中にある「畳の目盛り」は、とてもゆっくりとではありますが、休むことなく移ろってゆきます。

今年も、お客さんの「美味しい 美味しい」の声で1年が終わりました。

 

仲間由紀恵さんのCM、割烹料理屋の若いおかみさんではありませんが、

「ありがたいことやねえ」

 

ことしも、忘れられない思い出ができました。

 

一業生に過ぎない私が、母校の区立小学校で行われた一大行事、新校舎落成の記念式典・祝賀会に参列できたこと、昨年の「こども映画教室」の子どもたちとの再会、小学校時代に読んだ小川未明の児童文学とフラメンコとが結びついた、芸術世界を知ったこと、同じく小野講堂で演じられた「岩見神楽」という伝統芸能を目にできたこと、スケールの大きな「間」がとても印象的だった「人間国宝」小三治師匠の落語に接したこと。

 

ブログの記事がきっかけで高校時代の懐かしい先輩女性に再会できたこと、やはり、以前書いたブログを目にされた吉田照美アナウンサーがMCをつとめるラジオ番組で、私がかねてよりのファンである、鳥居みゆきさんが「3つのオレンジへの恋」にやってきてくれたこと、そして信州伊那市とのうれしい関わり・・・このほかにも常連の方や新たな方々との、日々多くの出会いや心の交流がありました。

 

自ら動いた結果もあれば、早稲田大学や、商工会議所とのご縁の力もありました。

 

「ほんに ありがたいことやねえ」

 

 「3つのオレンジへの恋」

 

来年もまたご贔屓に 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 


2016-12-08 16:38:00

久しぶりに演劇博物館の前を通りかかると、何やら景色が変わったように思いました。

無精ひげや長いもみあげを剃ったような・・・。

正面広場の両側にいくつか並んでいたベンチが取り払われていたことに気が付きました。

 

以前、テレビ朝日さんの「人生の楽園」に出演させていただいた際、「新メニュー」をひとつ創って番組内で披露するという宿題を課されてしまいました。料理などまったく苦手の私は、「どうしたものか」と悩みながら、アサヒビール元副社長の中條高徳さんから戴いたオムライスの本を手に、演博前のベンチのひとつに落ち着かない腰を降ろして思案に耽ったものでした。

 

「美顔」になったことを慶びつつも、長年存在していたベンチがなくなり一抹の寂しさを感じていたとき、演博の館長さんが通りかかられたので、昨年「エンパクこども映画教室」でお世話になった「3つのオレンジへの恋」ですと、ご挨拶ができました。

 

その後、大学生協の書店に立ち寄って、「小川未明童話集」を購入。

今年の秋、小野記念講堂で行われた「小川未明展」のイベント、フラメンコ「赤いろうそくと人魚」の感動が忘れられず、若い頃に買ったこの文庫本を改めて買い求めたのです。

あの日の小野講堂ステージでの、鍵田真由美さんと工藤朋子さんの渾身の舞踏を思いだしつつ、新たな気持ちで原作のページを開くのがとても楽しみです。

 

「人魚のろうそく」ではありませんが、間もなくエンパク正面にはクリスマスツリーが飾られ、夜になれば美しい輝きを見せることでしょう。

 

 (追記)

 視覚的にスッキリしたのには、演博前の敷石や舗装が高級感のある白系で統一されたことも影響していました。今回の改修で、敷地と演劇博物館の白壁との一体感が生まれ、演博の建物がまるで絵画を見るように映えています。

 (追記その2)

 新年になって、エンパク前の「ベンチ」が「復活」。また「無精ひげ」「もみあげ」姿にもどっていました!。

どちらもよしです!!

 

 


2016-12-03 16:47:00

「美味しかったです」

早稲田は20年ぶりだという、満足そうな表情のOGからのうれしいことば。

 

近々行われる、南門通り商店会主宰の「第二回ポスター展」。

広告研究会の各グループが、それぞれ店を担当。

「3つのオレンジへの恋」担当の1年生の男女が「取材」にやってきた。

去年はまだ高校生だった二人は、幼さを残して、こちらが嬉しくなるほど若い。

 

入り口に展示している、昨年のポスター展の作品はとても良い出来栄えだったが、「投票」で選ばれた3作品は、「ユーモア賞」に方寄っていて、「3つのオレンジへの恋」や、ほかのいくつかの優れた作品は残念ながら無冠に。

今回はきっと何か賞をとってくれるであろうと、期待。

「3つのオレンジへの恋」には素敵な「物語」がある。

 

今日は、高校1年生だというさわやかな女学生と若いママ。

これからキャンパスツアーにゆくのだとか。

また早稲田に、きっとやって来るよね。

「3つのオレンジへの恋」に。

 

間もなく年一回の、私の高校クラス会の日。

広告研の彼らには文字通り正真正銘の昨日だが、67歳のいま、大学時代も遥か遠い昔のことになってしまった。

それでも高校どころか中学・小学校の日々さえ、つい昨日のことのようにも思える。

白髪と老眼が、もう若くはないのですと告げている。

また一つ年が過ぎゆく。

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...