インフォメーション

2017-04-12 13:18:00

聴くたびに歴史と旅愁を感じる「鉄道唱歌」。

先日、BSテレビでこの曲を取り上げていました。

二人が競作したので曲が二種類あることは知りませんでしたが、テンポ、リズム感、親しみやすさなど一般に知られている方に軍配です。

 

「鉄道唱歌」の歌詞は、何と全6集374番まである(!)ことも驚きですが、この日は「第1集 東海道編」で新橋から熱田駅までが紹介されました。

 

一つ一つ詠みこまれている歌詞の意味や背景は、大人になった今もすぐにわからない部分があるが、番組ではひとつひとつその意味を解き明かしてくれ、大いに啓発されたものでした。日本古来の歴史や風物、当時の近代日本の様子を、親しみやすさの中にも格調を保ちながら、簡潔に且つ雄弁に語っている作詞の技法にあらためて感心しました。

 

番組の終わりの方、31番で歌われたのは、「家康のふるさと」の地である「岡崎」でした。

家康が桶狭間の戦いの後、命からがら逃げ込んだというゆかりの寺、八丁味噌と幼い日の秀吉ならではの機転の秘話など、見どころ逸話がいっぱいでした。

 

「岡崎」といえば、このHPとリンクしているブログ「オムライス屋さんのお話し」に載せている、「絵本 わたし美術館」の作者の一人、今春、教育学部を卒業した女子Sさんの「ふるさと」でもあります。Sさんのおかげで岡崎の地が急に身近になりました。

今度見えたら、「鉄道唱歌」やこの番組の感想を話しをしてみようと、楽しみにしています。

 

文明開化の時代、西洋からいち早く鉄道を導入し、当時の様子を「鉄道唱歌」というかたちの「文字と音楽」に遺したことは、最新の新幹線に至る高度な鉄道技術とともに、世界に誇れる日本の宝だと思います。

 

一方で、ミッキーやドラエもん・キティちゃんで「やった」ように、長年の技術開発の結晶である、あの流線型の独特の車体デザインをパクったり、まるで大失敗をしでかした子供のように、一刻も早く目の前から「証拠」を消し去ろうと、事故車両を地中に埋めてしまった国もありました・・・「鉄道唱歌」の作詞者である大和田建樹さんは天上で何を思ったことでしょう。

 

 


2017-04-04 16:00:00

入学式の二日目。

去年卒業した応援部 吹奏楽団のOB・OGのメンバーがやってきて、4年間、静岡三島から通った女子のSさんほか、懐かしい顔を1年ぶりに拝見できました。卒業後も仲の良いみなさんを見るのは嬉しいことです。

 

この日の夜には、応援部チアリーダーAさん(旧姓)の結婚式二次会に夫婦で招かれました。

このようなことは初めてで、喜んで出席いたしました。

Aさんのお相手も関西学院大学応援部の出身で、会場は圧倒的に若い皆さんでいっぱい。数少ない我々「年長組」は、顔見知りの大学職員や女子バスケット部出身の若いOGのSさんとお話をしていました。

 

来賓の結婚式スピーチやパフォーマンスが盛り上がる「新郎新婦」の双璧は、「キャビンアテンダントの航空会社」と、「大学の応援部」ではないかと思います。

 

私の家内の縁に当たる娘さんがCAであったので、結婚式のときには、航空会社の制服姿に着替えられたCAさんが、「業界用語」を取り入れながらこやかに「客室アナウンス風」のスピーチ、会場はしばし機内にいるかのような、快適な雰囲気に包まれたものです。

 

この日は、Aさんのご主人の関学はもとより、早稲田応援部の現役・卒業生のリーダーやチアたちが、華やかな「ステージ」を繰り広げ、若さあふれる「豪華応援部ショー」を楽しませてくれました。友情の司会進行は、「ビッグベアーズ・チアステージ」でもお馴染のMさん、そしてSさんが。

 

お聞きしたところでは、花嫁Aさんのお父さんは、愛娘の結婚にひどく落ち込んでいるとのことですが、 現役時代から、我々「早稲田の父と母」を慕ってくれ、二次会にお招きいただいたチアリーダーAさんに感謝し、末永いお幸せを祈念いたしております。

 

家内が一日12時間働きづめだと漏らした激務。

三日間続いた入学式の最終日、前夜までの疲れも今日までと気力を振り絞って望みましたが、最後に意地の悪い落とし穴が・・・。

 

この日は理工学部系で、例年は文科系の二日間に比べ来店ペースはゆるやかなのですが、この日の殺到は文字通りのラッシュアワー状態になってしまいました。「新歓」の部員がやってきてくれたことも影響しました。

 

最後の二組は、それぞれ40分、30分お待たせすることになり、「ベテランオーナー」である私も、お待たせしているという負い目も加わって、正常な判断力を失ってしまい、不手際も重なってしまいました。

 

その二組は、食事をすませると、不愉快そうに帰ってゆかれましたが、こちらもすっかり意気消沈です。先月の卒業式に続いた”ヘビーローテーション“に、重い疲労感が残りました。

 

オムライスはひとつひとつ製作するので、麺類のように量産がきかないために、店内が満席状態のときに来られた方は、順調でも20分はお待ちいただくようになってしまいます。ごはんが切れて、急きょ焚かねばならない時には、こちらのハラハラ、ストレスもピークに達します。このときがそうでした。

 

お疲れだろうと、まずは席に着いていただくのですが、お客様の「イライラ タイマー」はそこから始まり、当方の申し訳ないという思いも加わって、焦りが焦りを呼び、ごくたまにですが、予想もしない最悪の方向にエスカレートしてゆく日が、どうしても出てきてしまうことがあります。

 

私も、サラリーマン時代のときなど、30分以上待った時の、何とも言えない気持ちを思いだし、このふた組にはあらためて申し訳ないと思いました。

 

「3つのオレンジへの恋」

なかなか得られない喜びと、チョッピリ辛さと悲しさと。

 

 


2017-03-30 14:28:00

お父さんお母さんとやってきた、小学生低学年の男の子。

「太陽から生まれたトマトソースオム」を食べた後に、「特製クレームブリュレ」を一口食べた瞬間のことでした。

「美味し~い!!」

正直な感想が客席から聞こえてきました。

 

それを聞いた我々夫婦も、バイトの女子学生もみんなニッコリ顔を見合わせました。

わたしは帰り際に、男の子に云いました。

「世界一 美味しいんだよ」

(いや、フランスで食べたものよりだったかな!)

 

なにしろ、お客さんがそう言うんだから。

よく言われるんだから。

「丼で食べたい!」っていう女子もいたんだよ。

 

 


2017-03-26 14:57:00

いつもご利用ありがとうございます。

卒業式の二日目、一人のご婦人客を大変お待たせしたうえ、式の時間が迫って、召し上がらないままで帰らせてしまいました。

せっかく楽しみにこられたのに不愉快な思いをさせてしまいまして、まことに申し訳ありませんでした。

 

この日卒業してゆく学生さんやご父兄が大勢見え、「美味しい」と喜んで頂いたラッシュアワー状態のあとの、まさかの出来事で深く反省しております。

帰られた時には、責任者の私が折悪しくそこにおりませんでしたので、適切な対応もできませんでした。

 

思い出となる大切な日に、本当に申し訳ありませんでした。

 

もしまた早稲田に来られることがありましたら、お詫びのかたちをとらせていただきますので、是非お声をおかけください。

心よりお待ちしております。

 

卒業式3日目はあいにくの雨模様、前日の好天気が嘘のようです。

バイトで働いてくれた文学部の女子が、お雛様のようなはかま姿でやってきてくれました。

「雨女」ではないのに入学式も雨だったと・・・。

 

さあ!我々もあらためて、気を引き締めてゆきます。

 


2017-03-20 19:48:00

「普通のオムライスをおねがいします」

おじいちゃん、おばあちゃんら家族5人で見えた、ママが言いました。

 

メニューの「特製オム」を四つ注文した後、さらにママが「普通のオムライスを」と口にするので、私は「普通のオムライスなら、よそでお願いします。当店はみんなオリジナルの特別製です」と、失礼のないようユーモアを込めて言いました(つもりです)。

 

どうやら、4~5歳と思われる小さな女の子が、「普通のオムライス」を希望しているようでした。

私だって、大人になってからも「オムライス」と言えば「フツーのケチャップ オムライス」しか知らなかったので、無理もありません。結局、女の子は「フツーのオムライス」ではなく、「太陽から生まれたトマトソースオム」を食べることになりました。

 

帰り際、その女の子は、一人で、レジの横の私の前に立ちました。

「美味しかったでしょ?」

女の子は黙ってうなづくと、小さな右手を差し出しました。

私も、自分の孫たちと会ったとき、別れるときに、いつも挨拶代りの「握手」をするように、右手を差し出しました。

すると女の子は握手ではなく、ポン!と軽く”ロータッチ”をしたのです。

 

タッチなんだ!!!

 

落ち着いた、愛くるしい子でした。

その顔は満足感に溢れていました。

表で待っている家族のところに向かう、小さな後ろ姿には喜びがあふれていました。

 

夢のような早春のひと時でした。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...