インフォメーション

2016-04-23 14:23:00

「3つのオレンジへの恋」にとってお馴染の、教育学部4年のK子さんは将来小学校の先生になるそうです。

 

私自身は、学校の思い出は、やっぱりまずは小学校で、次に中学、高校と、進学の順番です。淡い思い出は少し入り組んでいるのですが・・・・。

 

先日、最後の「早慶レガッタ」を終えて顔を見せてくれたK子さんに、私は「やっぱり懐かしいのは小学校の先生だよ。小学校の先生でよかったね」と言いました。

 

小学校の先生は、幼い時期、文字通りの担任として、一日中一緒にいるからいっそう思いが深いのです。親のようなありがたい存在でもあります。

 

中学校もよい学校でしたが、先生個人の思い出まではなかなか書けないものです。

 

高校では黒羽清隆先生という、NHK教育TVの「高校日本史講座」で「全国区」になられた、人間的魅力にあふれる先生の、その思い出をいくつかのブログに綴りました。

 

もっとも印象が薄いのは申し訳ないが、早稲田大学法学部のときの語学クラスの担任でした。なかなか味のあるフランス語の教授で、ゼミ研究室の「弟子」にでもなれば違うのでしょうが、水の如しです。致し方ありません。

 

私たちの時代は大学紛争の名残で、新左翼系と民青系・・・私はノンポリでしたが、クラスは学生大会で支持する政治団体の違いで完全に二つに割れ、難しい人間の「好き嫌い」も加わって、貴重なクラスの仲間は限られたものになりました。「全学集会」に際し、最初にクラス討論会を開いてから「旗色」が鮮明になり、それまで普通に会話していたクラスメートとの間で、「フン!」と、新たな「壁」ができていったのです。

後々の交流、人脈の広がりを考えてもとても残念なことでした。当然クラス会などありません。

 

先日、文学部の同級生だったという熟年の男女17名ほどがお茶会に見えたのですが、圧倒的に多い女子と、3名ほどのおじさんの、そのクラスの仲の良さに私は羨望の念を禁じ得ませんでした。

 

みなさんは英文学科で、大学4年生だった昭和39年の東京オリンピックのとき、今は建て替えのために取り壊された、レスリング会場となった「記念会堂」で、ボランティアで通訳を担当したとのことでした。私にとっても最大の感動的な出来事であった東京オリンピックは、中学3年のときのことでした。

 

先生を目指しているK子さんは、ボート、漕艇部の選手です。

 

先日、「エンパクこども映画教室」の「オレンジチーム」で出会った女の子の一人・・・そのお父さんとお兄ちゃんがやってこられたとき・・・本人は残念ながら学校があって来られなかったのです・・・そのお父さんが漕艇部だったとお聞きしたので、もしやK子さんをご存じかとお聞きしたところ、知っていると・・・。

 

野球やラグビーなどに比べたら、大世帯ではないと思われる漕艇部なので、先輩後輩の関係が密なのかと思いましたが、さすがに年齢が離れている。どうやら漕艇部で作成した冊子にK子さんの写真、プロフィールが大きく載っていたからのようでした。

 

そのK子さんは、先週の「早慶レガッタ」に出場したのときの写真にサインを添えて置いていってくれました。

法学部で数年前に卒業していった女子、あかがわさんの可愛らしい作品とともに、店内に思い出が「かたち」で残るのはうれしいことです。

 

人気者であるK子さんの晴れ姿雄姿を見たかった、先週の「早慶レガッタ」でしたが、都合で行くことが出来ませんでした。

テレビの録画放送は今度の日曜のようですが、有料チャンネルだと、またもや見られないかもしれません。昔は地上波で放送していたものですが・・・。

 

当店目の前、27号館の植え込みのツツジが今を盛りと、今年も鮮やかに咲き誇っています。

 

 


2016-04-09 17:45:00

「こども映画教室」代表土肥悦子様と早稲田大学演劇博物館様のご厚意によって、「エンパクこども映画教室2015」から素晴らしい贈り物をいただきました。

子どもたちの貴重な作品と思い出がギッシリ詰まったDVDと、表紙にエンパクの建物やシェークスピアと是枝裕和監督の似顔が描かれている「みんなの感想文集」の豪華なパンフレットは、参加者全員の一生の宝物になるに違いありません。

 

私はまるで参加者の親や親戚であるかのように、ドキドキしてパンフのページをめくり、DVDを手にとりました。

 

DVDを拝見して、まず一番驚いたのは、是枝監督が実に丁寧に指導されていたことでした。

ご多忙な監督のことですから、3日間にわたる開催期間の一部で、心構えや大まかなポイントだけを指導されたのかと思っていましたが、メイキング映像では7つのチームに付添って、それぞれ具体的に、熱心に指導されている様子が映っていました。この教えを受けて子どもたちは頑張ったのだと思いました。

 

一般に「メイキング」特典があると嬉しいのすが、実際にはよほどの作品や特定のファンでないと、メイキングは見ない方が多いのではないのでしょうか、特に収録時間が長いものは・・・しかし、たまたま「オレンジチーム」に関わることになり、「こども映画教室2015」全作品の上映に立ち会った私にとって、このメイキングは違いました。

是枝監督のアドバイスやご発言、そして子どもたちが映画を作ってゆく過程は文字通りのメイキングで、作品と一体であるかのように面白く、本人たちはもちろん、ご家族たちもどんなに喜んでおられることだろうかと思います。

 

頼りなさそうに見えた、「オレンジチーム」の愛すべき「1年坊主くん」は、あらためて手元の画面で見ると、けっこうしっかりした顔で映っていて、とんがり帽子で顔が見えなかったのですが、寸劇ではセリフもちゃんとあったんだね!・・・ほかの3人もとってもよかったよ!。

是枝監督によれば、「私の」オレンジチームはもっともまとまりがよく、モチベーションが高かったとのことでした。みんなそれぞれが良いチームだったと思いますが、そうでしたか・・・・。

 

映像に登場したこどもたちの幼なさと、もう若くはない自分の姿を見ていると、映画「2001年宇宙の旅」のエンディングを思い浮かべました。

急速に老いてゆくボーマン船長が震える指で指し示したのは、宙に浮かぶ胎児の星「スターチャイルド」と、不気味な沈黙を保つ漆黒の「モノリス」・・・神秘的で圧倒的なこのシーン・・・未だかつてこの映画ほどリヒャルト・シュトラウスの「交響詩」が劇的に鳴り響いたことはなかった!・・・幼かった日はつい昨日のことのようでした。

 

「こども映画教室」さんとエンパクさんと、こどもたちとめぐり合わせてくれた運命に、あらためて感謝申し上げます。(近日第二報掲載!)

 

 


2016-04-02 20:18:00

「3つのオレンジへの恋」には日々いろいろな方が見えます。

 そのほとんどは、たとえ瞬間であっても「ご縁」があってよかったと思う方々なのですが、ときには、ごく一部のお客様の言動についムっとしてしまうこともあります(逆も大いに真なりだとは思います)。

大勢のひとがおしかけてくる入学式、初日の4月1日がちょっとそうでした。そのようなことがあると、無理を重ねたそれまでの疲労がドッとおしよせてくるのです。反対に、よいお客様で営業が終わるときには、ちょっとやそっとの疲労などは吹き飛んでゆき、心地よい余韻に浸るのです。

 

この日最後に見えたにこやかなお母さんは、明らかに小学生と思われるお嬢ちゃんと一緒でした。

店に入られたときからお母さんは好感度が高く、女の子もお行儀がよさそうで、親子ともども気品が感じられました。

 

女の子は大きな目が特徴で、若手女優の井上真央さんの容貌を思わせました。

私がふと目をやると、女の子は席を立って店内や棚の展示コーナーを眺めていました。しかし、年端もいかないはずなのに、その幼い仕草には風格すら感じさせることに私は内心驚いていました。本人は特別意識もせず、自然に醸し出されるものなのでしょう。お母さんは席でゆったりと微笑んでいました。

 

お母さんから言われたのか、女の子が一人でレジ会計にやってきたとき、私がきょうだいの入学式なの?と尋ねると、少女は「兄の入学式です」としっかり、ていねいに応えてくれました。「大人」の歌手・タレントが、ひと前で自分の親を「お母さん」「お父さん」と言うのがもう当たり前の昨今、「お兄ちゃん、お兄さん」でもまったくおかしくないので、この女の子のふるまいに、私は感激してしまいました。

 

「何年生なの?」 と尋ねてみると、小学校6年生だというので、改めて驚いてしまったのです。佇まいや仕草に風格さえ感じさせるのに、何とまだ(新)6年生だとは!・・・もともと小学生だと思っていたので、私のこの反応は少々矛盾しているとは思いますが・・・。

 

 「良家の子女」「深窓の令嬢」という言葉を、大学生の頃に私は好んでいました。私がお付き合いしていた方はみんなそうでした。最近はテレビや映画、マンガの影響が大きいのか、「奥ゆかしさ」を感じさせられることが少くなくなってきました。実は私の娘についても自信はありませんが・・・。

 

この日、私は久々に「良家の子女」「奥ゆかしさ」という言葉を思い起こしました。

今度見えたら、この母娘さんと是非言葉を交わすことにしようと、今から楽しみにしています。

早稲田に入ったという「お兄ちゃん」も、きっと素晴らしい「やつ」に違いありません。

 


2016-03-29 19:38:00

今年も卒業式が終わりました。

建て替えのために、例年、会場として使用されてきた記念会堂がなくなり、式が2日間から3日間に伸びて、どんなことになるかと思いましたが、何とか終わりました。

 

ことし「3つのオレンジへの恋」にゆかりのあった卒業生は、アルバイトで働いてくれたYさんと、応援部吹奏楽団のSさんの二人の女子でした。

 

物静かなお嬢さんであるYさんはサークルに所属して小説を書いていました。

早稲田の学生時代は演劇好きだったというお母さんと、やはり高校で演劇活動をしているという頼もしそうな弟さんとで見え、あまりにも娘さんと対照的で活発なお母さんと暫し歓談しました。

そしてYさんが、将来、作品を世に問うことがあれば是非連絡をと約束しました。同じように私の方からも「何かあれば」連絡することになっています!。とてもやさしい性格だったYさん!バイト、楽しかったでしょう、ありがとうね。

 

神宮球場で演奏するのがとても好きだったという応援部吹奏楽団のSさんは、4年間三島から通学していたとお聞きして驚いてしまいました。

少し硬すぎるほど真面目で礼儀正しかったお嬢さんでしたが、応援部の肩書き、責任から解放されたのでしょう。この日は店内に流れる校歌や応援歌に合わせて、伸び伸びと楽しそうに歌っていました。卒業するとめっきり校歌に接する機会が減るのです・・・。

三島は新幹線の鉄橋から富士山が美しく見えるところで、私も総合商社にいたころ、沼津の得意先に行くときによく出かけたところです。Sさんの言うように、三島駅で降りると大きな富士の峰がみえました。

応援部の活動をしながらの長距離通学に、Sさんにあらためて「よく通ったね」と言ってあげました。

 

貴女もでしたか!。

このほかにもお馴染の学生さんの顔があり、「幽玄」の日本画家今吉淳恵さんの、「とにかく明るい妹さん」とお母さんも、お子さんの卒業式に顔を見せてくれました。

 

忙しいなかですが、「3つのオレンジへの恋」を通じてみなさんと交流できることは喜ばしいことです。

 

さあ!今度は入学式です。

「早稲田青春のオム」を是非お召し上がりください。

 

 


2016-03-24 18:00:00

商工会議所新宿支部と伊那市商工観光課産業立地推進課との企画で、長野県伊那市を訪問させていただきました。

江戸時代、高遠藩主である内藤氏の下屋敷が新宿御苑の地にあったことから、昭和61年に新宿区と高遠市(現伊那市)との友好提携都市関係が始まったそうです。

 

伊那市といえば、なぜか山口県出身の歌手あさみちゆきさんが観光大使をつとめている都市です。私は彼女が自身のラジオ番組で、伊那市文化会館でのスケジュールを告げているのをこれまで何度か耳にしていました。

ご案内していただいた市の職員の方にお伺いしたところ、伊那市に進出したメーカーの工場長さんが大のあさみちゆきファンだったことが発端で、大使就任間もないころは、井の頭公園でもそうであったように、会場の片隅で観客はまばらだったそうです。

 

しかしその後は、渋谷公会堂コンサートの夢をかなえ、千人収容の伊那市文化会館大ホールで公演できるようにまでなった・・・あさみちゆきさん出産復帰後の初コンサートがこの文化会館だったとのことで、会場からの温かい声援にあさみさんはどんなに胸をあつくしたことでしょう。

 

以前、「3つのオレンジへの恋」でアルバイトをしていた文学部の女子学生が伊那市出身だったこともあって、「彼の地」は一体どんなところであろうかと思っていました。よく「伊那谷」と言われることから、馬篭宿のような細長い、鄙びた街道町の景色を想像していました。

 

新宿の京王プラザホテルに見送られ、伊那に向かうマイクロバスの車窓から見る、久しぶりの中央高速道の景色は初めて走ったときのように新鮮で、途中からずっと見えてくる八ヶ岳や南アルプス、中央アルプスの峰々の景観に飽きることがありませんでした。ときどき白い山頂を見せていた富士山も、ここでは主役の座を奪われます。

 

伊那市の企業見学では「かんてんぱぱ」の伊那食品工業さんと、高品質手袋メーカーの東京パックさんを訪問させていただきました。両社とも優良企業でありながら、「中小企業」として生き抜くために、なお日々研鑽されておられ、頭が下がる思いでした。いずれも中国に対して非常に厳しい見方をしていたことも印象的でした。

 

名工、名職人を思わせる東京パックの波多野社長さんは、安かろう悪かろうの外国品とは一線を画し、品質上の信頼をすでに確立されていますが、自然災害のリスク管理には注意を払いながら、昨秋完成させた真新しいアルプス伊那工場を「夢の工場です」と言って、目を輝かせておられました。大量生産ができる下請けに甘んじることなく、独自路線を貫いたことが今日の信用、地位を築いたとのことです。

 

塚越会長と心を同じくする、伊那食品工業の丸山取締役のお話は、まるで京都名刹の僧侶による悟りの境地のようで、実に心地よく心のなかに入ってきました。

私は伊那食品工業さんについては「かんてんぱぱ」の会社だとしか知らなかったので、この日は聞くこと目にするものすべてがおどろきでした。

 

始業開始前30分間の社員の清掃奉仕に支えられた、美しい自然環境の中にある会社社屋、社員全員が幸せにならなければならない、人にも会社にも迷惑をかけない・・・・圧倒的な説得力によってその社是・社風・社訓に納得させられてしまいました。

 

今では20人の募集に対して三千人のエントリーがあるというのもうなずけます。

この両社だけ見ても、伊那市は何とすばらしい企業を持っていることかと、自然の美しさとともに感心させられた一日となりました。

 

南と中央、二つのアルプスにはさまれた伊那市の景観は雄大で、雪も台風も少なく住みよいそうで、「住みたい都市」や「住みたい田舎」のランクでも結構上位にあるといいます。

 

「3つのオレンジへの恋」でバイトし、いまは大手デパートに就職している女子に言ってあげよう。

「伊那っていいね」。

 

そしてみなさん、「3つのオレンジへの恋」にも是非魅了されてください。