インフォメーション

2016-05-19 14:05:00

私がこれまでに見たメイキング映像や特典映像で特によかったと思うのは、「アラビアのロ レンス」「ドクトルジバゴ」「空軍大戦略」「史上最大の作戦」「南太平洋」など、やはり大作で、自身の感動度合いにも比例しています。

 

これらの作品はすべて「本物」の迫力ですが(「南太平洋」の「バリハイ」の印象的なシーンは合成)、「ベン・ハー」など、昔の大作映画の製作は、セットやエキストラにお金もかかって、本当に大変なことであったと思います。

 

「空軍大戦略」は第2次大戦の 「英国の戦い」で、イギリスのスピットファイヤーやドイツのメッサ―シュミットなど、本物の戦闘機や爆撃機が多数登場するので、第二次大戦中の航空機ファンにはたまりません。そのメイキング映像では、CGではない本物の航空機による空中戦の場面などの撮影秘話を知り、感激追体験ができます。マニアには少しでもあの機影が映っていれば、それだけでも嬉しいのです。

 

当時の多くの子どもたちがそうであったように、私も小学生のときには 日本や欧米の戦闘機や軍艦のプラモデルをたくさん作りましたが、中でもスピットファイヤーとメッサーシュミットの姿・形状はゼロ戦と並んで美しくて傑出していました。メッサ―がスピットファイヤーに似ているのは、ドイツ側が設計図を盗んだからだといわれているようですが・・・。

 

私はこの作品の上映当時、映画館に足を運びませんでした。

ミニチュア模型で戦闘機や軍艦を再現した円谷英二監督の技量には敬意を表していますが、「空軍大戦略」は、「東宝」のお家芸のような「外国製の特撮物」かと思ったからで、「空軍大戦略」というタイトルも、当時の洋画に類似のタイトルがいっぱいあった戦争アクションモノを連想させて気を惹か なかったのです。邦画タイトルの悪い一例で、素直に「バトル オブ ブリテン」でよかったと思うのです。

 

その後、「本物の航空機による空中戦」だとうたっているビデオのパッケージを見てありがたい思いで購入、さらに「ワイド画面版」があったのでこれも購入。アップ気味で見れる通常版と、画像が小さくなるが全体が見れるワイド版のどちらで見ようかというジレンマを味わいました。

 

やがてDVDの時代になり、さすがに購入すべきか迷いましたが、特典映像のついた限定版(2枚組)まで登場。当然安くはなく様子を見ることにしました。漸く半額セールに なったときには、先に買われてしまったらとハラハラしましたが、「無事」買うことができホッと。

 

サントラ盤CDも買って、「空軍大戦略」の「フルセット」がそろった感で、いまはもっぱらDVDですが、この「メイキング」は「本編」とともにプロペラ機好きには こたえられない一品なのです。サントラ盤やDVDには、使用されなかったもう一つの演奏も収録されていますが、印象効果がまったく違ってよくありませんでした。

 

ノルマンディー上陸作戦を描いた「史上最大の作戦」も我々男子世代には人気があり、繰り返し見た映画です。原題「ザ・ロンゲスト・デイ」・・・こちらは邦画タイトルの見事な勝利です。

本来モノクロ作品なのですが、後にカラーライズ化されたビデオ(上下2巻)を店頭で見つけたときには喜んで購入してしまいました。、ワイド版でないのが残念でしたが、色彩付きで見るとずいぶん見やすいものです。

 

「史上最大の作戦」は、同時期に製作したエリザベス・テイラー主演の「クレオパトラ」とともに、当時、二十世紀フォックス社が社運をかけたと言われた、オールスターキャストの超大作ですが、3時間の長帳場をダレさせることもなくよくできていて、戦争映画の一つの完成形だと思いました。私はこの原作本を読みましたが、この膨大な物量大作戦を文字通り再現して映画化しようとは、なんと空恐ろしいことかとも。

 

しかしその後、「プライベートライアン」で描かれた「上陸作戦」の過酷な戦闘シーンは、それまでの戦争映画の戦闘シーンを「戦争ごっこ」に見せてしまうほどのリアルさがありました。

 

「あのシーンをもう一度」というコーナーで、映画館でないと味わえなかったサウンドトラックの音声を聞きくことができた、ラジオ番組がありました。

「映画音楽ベストテン」という番組名だったでしょうか。「クワイ河マーチ」と並ぶ名曲、ミッチ・ミラー合唱団の勇壮な「史上最大の作戦マーチ」は長い間トップの地位にありました。インストゥルメント版の放送では、レコードにはないサウンドトラックの音声が入っていてゾクゾクしました・・・合唱コーラス版も、どちらも素晴らしい演奏でした。最近は映画から名曲がまったくといっていいほど誕生していないことは寂しいことです。

 

映画音楽といえば、「アラビアのロレンス」と「ドクトルジバゴ」におけるモーリス・ジャールの名曲。巨匠デビッド・リーン監督のロマンシズム溢れる雄大な砂漠の光景や、凍てつくロシアの冬の情景を見事に謳いあげていた。

もしもリーン監督が、当時、まだ新進の作曲家だったジャールに出会っていなければ、この二作の印象は全く違ったものになったことでしょう。モーリス・ジャールは大変な難産の末にこの名曲を作り上げたそうで、そのおかげで曲と一体となった映像の感動に浸ることができたのでした。

 

かつて「題名のない音楽会」で、黛敏郎さんが、パリの音楽院で同窓だったゲストのジャールさんと親しく語り合い、自らこれらの曲を指揮した夢のような30分もありました。

 

昨年、是枝裕和監督のご指導で実現した「エンパクこども映画教室」の素晴らしい本編とメイキング映像については、「オレンジ家の身内」ならではの「面白さ特典」を味わっており、あらためてふれさせていただければと思っています。

 

(リンクしているブログ「オムライス屋さんのお話し」~2011・7・29「永遠の映画音楽」にも関連のお話が出ています)

 

 


2016-05-10 16:43:00

いよいよGWも終わりました。

今度の日曜日(15日)は特別に営業いたしますので、試験の皆様、どうぞご利用ください。

 

「カセットラジカセ」と「バイク」と「喫茶店」。

まったく関連のないこの3つの人気が、最近復活しているそうです。

 

カセットテープ式ラジカセとは、アナログ人間の私ですら、にわかには信じがたいのですが、使用するカセットテープの売れ行きまで伸びているというのですから本当のようです。CDショップのコーナーに、演歌のカセットテープが置かれているのを目にはしていましたが、昔の売れ残りを細々と売っているのだろうくらいに思っていました。

 

復活の理由はカラオケ教室にあるようで、簡単な録音操作や曲の頭出し、繰り返しなどが手軽にできるのが見直されているそうです。 私たち団塊の世代が懐かしんで、ネットを通じてラジカセ人気が復活していったともいわれています。

 

バイクも、定年を迎えたがまだ体力のある連中が楽しんでいるようで、こちらもいっとき落ち込んだ売れ行きが急回復したようです。

ウエイトレスのいる、むかしながらの喫茶店。さらに「歌声喫茶」の人気も。

 

「カープ女子」に、まさかの「大相撲人気」の女子ファン。一度消えたレコードプレイヤーも復活し、温もりのある音が喜ばれているとか。

 

アナログ感覚で、手作り感が一杯の「3つのオレンジへの恋」も・・・。

 


2016-05-02 13:35:00

申し訳ありませんが、GWの連休中、4月29日から5月8日まで、お休みさせていただきます。

 

先日、お馴染の文学部のI教授が、男女の学生を連れて久々にお見えになりました。ご一緒だった男子学生は「3つのオレンジへの恋」のことを全く知らなかったそうです。

 

最近は「マイルストーン」を手にした新入生がやって来るのも、もう当たり前の光景になり、見て、食べて、とても喜んでもらっています。

口コミでも広がっていると思うので、私はI教授とその男子学生に、「3つのオレンジへの恋」に来たことのない学生は「モグリ」ですよと言いました。わたしのころ、「モグリ」「モグリ学生」という言葉は当たり前のように使われていましたが、最近はどうなのでしょうか。

 

「3つのオレンジへの恋」を知らないなんて!。

 

「モグリ」ではない学生さんは、早稲田一(!)美味しい(と言っていただいている)

あの「オム」を食べに、休み明けには是非またお越しください。

 

「3つのオレンジへの恋」は5月9日(月)から営業いたします。

 


2016-04-23 14:23:00

「3つのオレンジへの恋」にとってお馴染の、教育学部4年のK子さんは将来小学校の先生になるそうです。

 

私自身は、学校の思い出は、やっぱりまずは小学校で、次に中学、高校と、進学の順番です。淡い思い出は少し入り組んでいるのですが・・・・。

 

先日、最後の「早慶レガッタ」を終えて顔を見せてくれたK子さんに、私は「やっぱり懐かしいのは小学校の先生だよ。小学校の先生でよかったね」と言いました。

 

小学校の先生は、幼い時期、文字通りの担任として、一日中一緒にいるからいっそう思いが深いのです。親のようなありがたい存在でもあります。

 

中学校もよい学校でしたが、先生個人の思い出まではなかなか書けないものです。

 

高校では黒羽清隆先生という、NHK教育TVの「高校日本史講座」で「全国区」になられた、人間的魅力にあふれる先生の、その思い出をいくつかのブログに綴りました。

 

もっとも印象が薄いのは申し訳ないが、早稲田大学法学部のときの語学クラスの担任でした。なかなか味のあるフランス語の教授で、ゼミ研究室の「弟子」にでもなれば違うのでしょうが、水の如しです。致し方ありません。

 

私たちの時代は大学紛争の名残で、新左翼系と民青系・・・私はノンポリでしたが、クラスは学生大会で支持する政治団体の違いで完全に二つに割れ、難しい人間の「好き嫌い」も加わって、貴重なクラスの仲間は限られたものになりました。「全学集会」に際し、最初にクラス討論会を開いてから「旗色」が鮮明になり、それまで普通に会話していたクラスメートとの間で、「フン!」と、新たな「壁」ができていったのです。

後々の交流、人脈の広がりを考えてもとても残念なことでした。当然クラス会などありません。

 

先日、文学部の同級生だったという熟年の男女17名ほどがお茶会に見えたのですが、圧倒的に多い女子と、3名ほどのおじさんの、そのクラスの仲の良さに私は羨望の念を禁じ得ませんでした。

 

みなさんは英文学科で、大学4年生だった昭和39年の東京オリンピックのとき、今は建て替えのために取り壊された、レスリング会場となった「記念会堂」で、ボランティアで通訳を担当したとのことでした。私にとっても最大の感動的な出来事であった東京オリンピックは、中学3年のときのことでした。

 

先生を目指しているK子さんは、ボート、漕艇部の選手です。

 

先日、「エンパクこども映画教室」の「オレンジチーム」で出会った女の子の一人・・・そのお父さんとお兄ちゃんがやってこられたとき・・・本人は残念ながら学校があって来られなかったのです・・・そのお父さんが漕艇部だったとお聞きしたので、もしやK子さんをご存じかとお聞きしたところ、知っていると・・・。

 

野球やラグビーなどに比べたら、大世帯ではないと思われる漕艇部なので、先輩後輩の関係が密なのかと思いましたが、さすがに年齢が離れている。どうやら漕艇部で作成した冊子にK子さんの写真、プロフィールが大きく載っていたからのようでした。

 

そのK子さんは、先週の「早慶レガッタ」に出場したのときの写真にサインを添えて置いていってくれました。

法学部で数年前に卒業していった女子、あかがわさんの可愛らしい作品とともに、店内に思い出が「かたち」で残るのはうれしいことです。

 

人気者であるK子さんの晴れ姿雄姿を見たかった、先週の「早慶レガッタ」でしたが、都合で行くことが出来ませんでした。

テレビの録画放送は今度の日曜のようですが、有料チャンネルだと、またもや見られないかもしれません。昔は地上波で放送していたものですが・・・。

 

当店目の前、27号館の植え込みのツツジが今を盛りと、今年も鮮やかに咲き誇っています。

 

 


2016-04-09 17:45:00

「こども映画教室」代表土肥悦子様と早稲田大学演劇博物館様のご厚意によって、「エンパクこども映画教室2015」から素晴らしい贈り物をいただきました。

子どもたちの貴重な作品と思い出がギッシリ詰まったDVDと、表紙にエンパクの建物やシェークスピアと是枝裕和監督の似顔が描かれている「みんなの感想文集」の豪華なパンフレットは、参加者全員の一生の宝物になるに違いありません。

 

私はまるで参加者の親や親戚であるかのように、ドキドキしてパンフのページをめくり、DVDを手にとりました。

 

DVDを拝見して、まず一番驚いたのは、是枝監督が実に丁寧に指導されていたことでした。

ご多忙な監督のことですから、3日間にわたる開催期間の一部で、心構えや大まかなポイントだけを指導されたのかと思っていましたが、メイキング映像では7つのチームに付添って、それぞれ具体的に、熱心に指導されている様子が映っていました。この教えを受けて子どもたちは頑張ったのだと思いました。

 

一般に「メイキング」特典があると嬉しいのすが、実際にはよほどの作品や特定のファンでないと、メイキングは見ない方が多いのではないのでしょうか、特に収録時間が長いものは・・・しかし、たまたま「オレンジチーム」に関わることになり、「こども映画教室2015」全作品の上映に立ち会った私にとって、このメイキングは違いました。

是枝監督のアドバイスやご発言、そして子どもたちが映画を作ってゆく過程は文字通りのメイキングで、作品と一体であるかのように面白く、本人たちはもちろん、ご家族たちもどんなに喜んでおられることだろうかと思います。

 

頼りなさそうに見えた、「オレンジチーム」の愛すべき「1年坊主くん」は、あらためて手元の画面で見ると、けっこうしっかりした顔で映っていて、とんがり帽子で顔が見えなかったのですが、寸劇ではセリフもちゃんとあったんだね!・・・ほかの3人もとってもよかったよ!。

是枝監督によれば、「私の」オレンジチームはもっともまとまりがよく、モチベーションが高かったとのことでした。みんなそれぞれが良いチームだったと思いますが、そうでしたか・・・・。

 

映像に登場したこどもたちの幼なさと、もう若くはない自分の姿を見ていると、映画「2001年宇宙の旅」のエンディングを思い浮かべました。

急速に老いてゆくボーマン船長が震える指で指し示したのは、宙に浮かぶ胎児の星「スターチャイルド」と、不気味な沈黙を保つ漆黒の「モノリス」・・・神秘的で圧倒的なこのシーン・・・未だかつてこの映画ほどリヒャルト・シュトラウスの「交響詩」が劇的に鳴り響いたことはなかった!・・・幼かった日はつい昨日のことのようでした。

 

「こども映画教室」さんとエンパクさんと、こどもたちとめぐり合わせてくれた運命に、あらためて感謝申し上げます。(近日第二報掲載!)

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...