インフォメーション

2017-07-20 13:32:00

「3つのオレンジへの恋」は、いまから15年前の2002年4月にオープンしました。

まったく経験も予備知識もない飲食業の世界・・・脱サラからのこの15年は、文字通りハイハイからよちよち歩きを経ての「第二の人生」でした。

 

苦労の末、「3つのオレンジへの恋」は、いまでは早稲田の「こころのふるさと」の ひとつ になれたのではないかと思っています。家内とそのお友達の主婦、歴代アルバイトの女子学生たち(初期は男子も)が頑張ってくれました。そして多くのお客様に支えられました。

 

グログでもふれましたが、「3つのオレンジへの恋」にとってもう一つの節目は、このサイトを立ち上げ、発信を開始した2010年の6月です。

商工会議所(新宿支部)にサポートを頂き、初めは手探り状態でしたが、この7年、HPやブログを通じてまだ見ぬ方との嬉しい交流もでき、今では「3つのオレンジへの恋」にとって欠くことのできない「メニュー」になりました。

 

将棋界の新星、藤井聡太四段は、若いながら自らのコメントの中で、「望外」「僥倖」という難しい言葉を使って周囲を驚かせました。私がちょうど同じ年代で高校の受験を控えていたころ、よく「達観」と「僥倖」という言葉を使っていた父に、「僥倖」の意味を訊ねたものです。

「望外」「僥倖」は将棋の専門誌でよく使われるといいますが、藤井四段が若い身そらで使いこなしていたのはさすがです。

 

やはり日常あまり使うことのない難しい言葉に「邂逅」があります。

私が中学生だった頃、父が亀井勝一郎の「人生の心得」という本を買ってきたので、パラパラと目を通していると、「邂逅」という、それまで目にしたことのない文字が。読み方が分からなかったので漢和辞典で調べた気がします。

思い違いかもしれませんが、「人生の心得」の中には、「邂逅」とは偶然の出会いという意味に止まらず、悩み求めた末に出会う、宗教にも似た哲学的な意味があるのだと書いてあったと思いました。

 

早や熟年になってしまった私ですが、振り返ると、小学校の時代から現在に至るまで、偶然にも思えた出会いに、目には見えない不思議な意思の力を感じるのです。親子家族関係だってそうです。「邂逅」の力を感じます。

人生の中には二度と会いたくない人もいましたが、現在も「3つのオレンジへの恋」を通じて、日々、多くの良い方々に出会えることは望外の喜びでした。

 

「出会い」や「出来事」はそのときだけの事象だと思っていましたが、数年後何十年後に、過去の人物や出来事が思わぬところでかかわりあってきて、「邂逅」の深い意味の一端を知らされた気がします。どこかで繋がっている「輪廻」の思想にも合い通じるように思いました。

 

いまも書棚のどこかにある亀井勝一郎著「人生の心得」・・・もう一度読み返して、青春の日の思索を辿ってみよう。

ここ早稲田の夏は、間もなく若い人たちのためのオープンキャンパスです。

 

 


2017-07-08 18:04:00

高速台風3号が過ぎ去った7月5日の朝。

早朝のラジオ番組で、生島ヒロシさんや寺島アナウンサーが、しきりに今日は空気が澄んでいると言っていたので、もしや?と、屋上に出てみると、水の中にあるような富士の山が見えました。

 

北風が塵を吹き飛ばす真冬には、東京でも白く眩い富士を目にすることができ、まれに4月や5月にも姿を見せることがありますが、7月に入ったこの日の霊峰は薄い藍色で、幾筋も、縦に大きく刻まれた谷には前夜降った雪が白く、再び荒れ模様を告げるかのような雲の塊を擁していました。まるで北斎の浮世絵の世界のようでした。

 

一方で、大気には水蒸気が満ちみちているのに透明度が高いという、滅多にはない気象条件の下、青い富士は、「映像の詩人」タルコフスキー監督の作品「惑星ソラリス」の中の、「水を通して眺める風景」のようでもありました。

 

いよいよ本格的な暑さがやってきましたが、「3つのオレンジへの恋」 では、今日も「瑞々しい食感」を提供いたしております。

 

この記事をアップした日、富士山がより近い中央線武蔵境から、暑さをものともせずロード用自転車でやってきた男性客が━━50代後半でしょうか、3時間はかかったそうで、復路は2時間でと言っていました。

もうかなり前のことになりますが、やはりロード用の自転車で、奥様にオムライスを届けるのだと、何回か杉並から環八経由で通ってこられた初老の男性がいましたが、この日の「武蔵境」は、おそらく「3つのオレンジへの恋」までの「最長自走記録」です。

 


2017-06-26 17:55:00

「フラガール娘」が、4人でやってきてくれました。

 

“45年ぶり”に、突然現れ出た「懐かしい名前」と「フラガール」の思い出。

そのとき、ドラマの演出であるかのように「3つのオレンジへの恋」の目の前を通り過ぎて行ったのが、フラガール姿の彼女たち━━「早稲田大学ハワイ民族舞踊研究会」の女子でした。

 

オムライスやブリュレを食べながらの賑やかな会話が続いていました。

 

あの日あのときに、彼女たちがフラガール姿で目の前を通り過ぎて行った不思議を描いたブログ、「若きフラガール」を是非読んでもらおうと、彼女たちが座るテーブル上にパソコンを移すと、彼女たちは一心に読んでくれました。

 

しかし、「物語」のきっかけとなった、「西原春男 早稲田大学元総長」のお名前については、さすがに知らないとのことで、「世代・時代」を感じさせられたものです。

 

読み終わったあとで、一人が訊いてきました。

「本当にあったことなんですか?」

「あったかもしれないし、創作かもしれないね」

 

ガラス越しのドアの幅の僅かな視界を、瞬間移動のように消えていったフラガールたち・・・・私の創作かもしれない「黒髪に花飾り」という言葉や「健康美」という言葉に、少し恥じらうように若さが反応しました。

 

「予想外が待っている!」

あのとき、彼女たちがイベント出演した「ワセダミュージアムウイーク 2017」のキャッチコピーです。演じたのは2曲、5分ほどのステージだったといいます。

 

ここ数年、大学「文化企画課」さんの有意義な催しを楽しませていただいておりますが、今年の春は「若きフラガール」が、私自身の予想外の「作品」となりました、

 

「ハワイ民族舞踊研究会」の若く美しいフラガールたち・・・早くも一生モノの趣味を身につけられ、羨ましい限りです。

 

「ミュージアムウイーク」今年のポスターで、「同研究会」のメンバーがアップで写っていた写真━━”健康美と幸福感にあふれ“、私はとても良いと思っています。

 

 

夜中に目覚めたとき、不定期に聴いている「ラジオ深夜便」にも、予期せぬ感動があります。

未明の時間帯に放送される「明日への言葉」に、「ミュンヘン オリンピック」男子バレーボールで奇跡の逆転金メダルを獲得した、森田淳梧さんが出演しました。

 

今から遡ること”45年前“の1972年。

日本時間の深夜に放送された、東ドイツとの決勝戦。

悲願の金メダルを手にし、監督も選手も「歓喜の泣き顔なのに涙が出ない」ほどの「死闘」であったと。

 

あまりの猛練習で身体を自分の脚や腕で支えられず、コートに顎から突っ込んで「顎が割れる!」のは日常茶飯!。

代表全選手が殺してやりたいと思ったという松平監督の壮絶な指導ぶりは、いま聞いても鬼気迫るものがありました。

 

まだ青春の一時期だった・・・・・「私のフラガール」は、この夜のラジオ放送を果たして聴くことができただろうか。

寝ないで応援していたという、ミュンヘンからの中継と同じ、深夜未明のことでした。

 

 


2017-06-22 13:45:00

「冷やし中華始めました」

毎年、今頃の季節になると、ラーメン店や中華料理店の店頭で見かける光景です。

いよいよ今年も夏が来たなと。

 

オリジナル オムライスの店、ここ早稲田「3つのオレンジへの恋」には「冷やし中華」はありませんが、今年も「夏の日の思い出オム」を始めました。

 

夏の陽射しの高原の思い出━━。

お皿の上の「新鮮野菜畑」に、スパイシーなサルサソースと、モッツアレラチーズと、とろとろオムレツのコラボレーションです。何よりもヘルシーです。

なお売り切れ次第の数量限定につき、宜しくお願い致します。。

 

「3つのオレンジへの恋」では、今日も「美味しい おいしい」の声と、「新鮮な笑顔」がたくさん「採れ」ました。

今年の夏も、楽しい思い出をいっぱい作ってください。

 

 


2017-06-14 14:01:00

初めて聴いても懐かしさを感じるメロディーを、ホルンが朗々と奏する。

「魔弾の射手 序曲」。

”快速“の「フィガロの結婚 序曲」や、”闘牛士“の「カルメン 前奏曲」と並んで、親しみやすい名曲です。

 

「魔弾序曲」と勇壮な「狩人の歌」は小学校5~6年のときに音楽の授業で聴き、すっかり魅了されました。演奏時間の「短さ」がちょうどよいのか、「狩人の合唱」は子供の頃にはよくラジオからも流れていて、ドイツロマン派の作曲家ウエーバーの細長い顔と名前も覚えました。

 

ドイツの暗い森の雰囲気を漂わせる歌劇「魔弾の射手」は、 ワーグナーの音楽に大きな影響を与えたといいます。後に私がワーグナーを好きになった伏線はこの曲にあったようです。「狼谷」の不気味さ、かきたてられる不安感は、映画 「ハリポッター」の音作りに通ずるものを感じます。

 

「魔弾序曲」で、曲が終わったかのような休止の後に、いきなり「グア~ン」とくる衝撃は、ハイドン先生の典雅な「驚愕シンフォニー」の比ではありません。続いて演奏される胸躍るメロディーはエレガントで、ミュージカル音楽と言ってもよいほどノリがよく軽快です。

 

「こんにちは赤ちゃん」が流行っていた当時、父と秋葉原まで行って買ってもらったポータブルプレーヤーで、サバリッシュ指揮バイエルン国立歌劇場管弦楽団演奏の「序曲」と「狩人の合唱」も収められていたドーナツ盤レコードを、繰り返し聴いたものでした。

 

私にとってクラシック音楽とは、つねに鑑賞するものであり、そこから何ものにも代えがたい心の充足と感動を得るのですが、6月4日の第76回定期演奏会で、早稲田大学フィルハーモニー管弦楽団の学生のみなさんは、この「魔弾の射手」を、そしてレコードでは何故か「運命」とカップリングになっていることの多い「未完成」と、雄弁なソロバイオリンが必要でスケールの大きな「シェラザード」とを、易々と演奏してしまうのだから「驚愕」です。

 

指揮をされた松岡 究さんに、往年のN響指揮者ローゼンストックさん(この人は厳しかったようです)の面影を感じたのは、燕尾服姿のせいか、はたまた私の思い違いだろうか。

 

私の小学校の同級生にはバイオリンを習っていた女子がいたし、中学でもピアノを学んでいた女子がいた。二人のその後はわからないが、早稲田大学交響楽団や早稲フィルの皆さんを見ていると、同級生だった彼女たちのその後の「音楽人生」思うことがあります。音楽学校に進学しなくても、早稲田に入学し、立派に交響曲や管弦楽を演奏している・・・そういえばあの二人も成績がよかったなあ。

 

今春の「第九」では、早稲フィルと早稲田大学混声合唱団が見事な演奏を披露してくれましたが、この日、早稲田大学グリークラブが「狩人の合唱」を歌ってくれていたら、もう一回アンコールだなあ。

 

水島先生、良い演奏をいつもありがとうございます。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...