インフォメーション

2015-09-26 18:00:00

ラグビーのワールドカップでは、南ア戦の奇跡に日本中が湧きました。

 

ラグビー界の奇跡といえば、早稲田大学100周年記念事業で英国遠征した全早大ラグビーチームが、大男ぞろいの名門ケンブリッジ大学と対戦し、死闘の末に13ー12で勝利したこともまた。 

本城、植山、吉野、奥脇、石塚、益子らが出場していた。

 

「“荒ぶる魂“ 名門から金星」

  ケンブリッジ大学破る 単独チーム初の快挙

「ガッツポーズどころではなかった。1点の攻防に精根尽き果てたのか、ノーサイドの笛が鳴った瞬間、全早大フィフティーンは腰をかがめ、うなだれるだけだった・・・・大西監督は・・・眼鏡の奥に光るものを浮かべてゲストハウスへ引き揚げる選手に拍手を送った・・・・」 (サンケイ新聞 昭和57・3.11より)

 

私の在学中(昭和44年~)、早稲田ラグビー部は強く、対抗戦グループでは全勝対決した明治に、あっけないほど簡単に勝ち、無敵の感がありました。

たしか公式戦30何連勝をしたのではないでしょうか。

伝統の軽量フォワードから繰り出されたボールを素早くダイビングパス。パスをするかと思えば自らスクラムサイドを突破、ハイパント、ゴロパント・・・多彩な攻撃を仕かけたのは、小柄なスクラムハーフ宿沢選手でした。

 

早明戦はまだ秩父宮ラグビー場で行われており、ラグビー人気が全盛を迎える前でした。

 華麗なステップと正確なロングキックを決めたフルバックの植山選手、甘いマスクで女性ファンに人気のあったスタンドオフ本城選手、宿沢二世といわれた堀越選手ら、錚々たる選手が名を連ね、一時代を築いた早稲田ラグビー。「縦十字」という戦法を見せてくれたのは、いつの試合だったろうか。

 

その後は、名スタンドオフ松尾雄二選手を擁する明治や、上田監督率いる慶応も強く、(ボールを)まだつないだ!綿引監督の日体大も強かった。

早明戦、早慶戦では好ゲームが繰り広げられました。この日のために厳しい練習に耐えてきた各校の選手たちは、伝統の一戦を前にして監督からジャージーを手渡されるとき、特に明治では長年指導にあたった「前へ!」の北島老監督から・・・みな泣いているといいます。ファンはもうこれだけでグっときてしまいます。

 

早稲田展開ラグビーのお株を奪うようだった関西の雄、同志社大学も圧倒的に強かった。

最近では、明治のフォワードと早稲田のバックスを合体大型化したような帝京大学が群を抜いて、スリルが無くなってしまった。

 

開幕前には今一つ人気が盛り上がらなかったラグビーワールドカップでしたが、南ア戦での痺れるような攻防は、本当に久々にラグビーの醍醐味を思い出させてくれました。

 

私は、あらためて五郎丸選手に至る早稲田ラグビーの歴史をふりかえろうと、店内カウンター席に置いてあったはずの「早稲田ラグビー蹴球部90年史(?)」を探したが見当たらない。

おかしいなと思いつつ思い出したのは、先日聞こえてきた、OBと問われる男性客同士の会話。

少し離れたところにいた私の耳に「・・・ラグビー・・・」という言葉が聞こえてきました。

ははあ、あの本を見たのだなあと思いましたが、まさか持って帰ってしまっていたとは思いませんでした。

 

その「90年史」は、たしかベースボールマガジン社発行の写真集(非売品)で、運よくたまたま手にすることができたのでした。

お客さんにも目にしてもらおうとカウンターに置いていたもので、勝手に持っていかれては・・・。

堅牢な装丁の美本だ、何故持って行ってよいかと確認してくれなかったのか、残念に思うのです。

これは反則、ペナルティです。