インフォメーション

2015-08-11 14:37:00

相変わらず暑い日が続きます。

 

「3つのオレンジへの恋」では

 

8月10日(月)~22日(土)は 夏休み とさせていただきます。

 

8月24日(月)より 営業 いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

先日のラジオ深夜便では、テレサ・テンと森山良子特集をやっていました。

 

もともとはジャズシンガーになりたかったという良子さんは、私の青春時代に大ヒットしたのに、

ポップス路線の「禁じられた恋」を、当時は好きではなかったと言います。フォークの「この広い

野原いっぱい」でデビュー、「今日の日はさようなら」などをギターで爽やかに歌った良子さん

は「和製ジョーン・バエズ」と呼ばれていた・・・もうずいぶん昔の事になってしまいました。

 

慶応大学の学生だった私の従兄が、一時、良子さんに英語の家庭教師をしていたことから、

私も早くから注目しましたが、デビュー時には可憐な女子と思っていた良子さんが、あの

中尾ミエさんと堂々と渡り合っていたテレビ番組の「おしゃれ泥棒」では、すっかりたくましく

なっていました。

この日流れた「さとうきび畑」全曲バージョンの絶唱は、8月のこの時期にとくに心に沁み

ました。

 

そしてこの日もう一人の特集、テレサ・テンさん。

先日、渋谷公会堂で没後20年の追悼コンサートを聞く機会がありましたが、悲しみを湛

えた多くの曲は、心地よくも強く胸に迫ります。

「井の頭公園の歌姫」あさみちゆきさんを聴いていても思うのですが、テレサ・テンさんに

ももっと幸せな歌を歌わせてあげたいと思ったものでした・・・

歌の内容が可哀想すぎる・・・。

 

 ♪ あなたをこれ以上 愛するなんて

   私には できない

 

「別れの予感」を聴く度に、作詞家荒木とよひささんは、なんでこんなに美しくも哀しい詩を

書けるのだろうかと思います。作曲の三木たかしさんも・・・。

 

あなたの「3つのオレンジへの恋」も、これほどに愛されたいものです。