インフォメーション

2015-05-29 11:55:00

スーパーの食品売り場で、ウインナーソーセージの小袋の山はお馴染の光景。

メーカーはいろいろだが、米久の製品を目にすると、ある種の懐かしさを感じるの

です。

 

もう何十年前か、私が総合商社で企業審査の仕事を担当していた数年間、静岡

県沼津にある取引先米久さんを何度か訪れた。

 

当社の担当は、銀行のように2~3年ごとに変わっていた。

30歳前後の若造審査マンであった私を、また交代かという顔も見せずに、社長は

温かく迎えてくれた。

私は、前任者から、社長はしっかり経理内容を把握しており、なかなかの人物で

あると聞いていたが、そのとおりで、かつ魅力ある人だった。

 

社長は、その後も社長室に顔をだす度に、私の名前を親しげに呼んでくれ、現在

取り組んでいることを、楽しくてたまらないという様子で話し始めた。

 

私は、経理、経営状態を伺う本来の目的が終ると、社長が研究内容や新商品の

ことを熱く語るのを聞くのが楽しみだった。

 

社長は、これからはハムソーよりも、肉の素材を生かした焼き豚、ベーコンの時代

になるといい、食品全般についてとても研究熱心だった。

 

イタリアで研究してきたというチーズや、当時はまだ販売が認められていなかった

生ハムの話し、ある大手製麺メーカーと共同で開発したうどんにまで話しが及び、

美味しいうどんが完成したと、目を輝かせていた。

 

残念ながらうどんの試食はできなかったが、今や東京でもすっかりっかりおなじみ

になった讃岐うどんや、秋田稲庭うどんの美味しさを思うと、社長の作品を試食さ

せていただきたかったものだと思う。

 

その後、私の担当は変わって社長とお会いする機会はなくなったが、たまたま、

私が、縁もゆかりもなかった飲食の道を、ここ早稲田で始めたとき、食品業界の大

先輩であった社長にお会いしたいと、何度思ったことだろう。

 

今では、私ももう創業14年目に入った。

いつかはお会いしたいものだと思って検索してみると、米久は一部上場を果たし

た後、、社長は米久を引退し、まったくの新規事業を始められたようで、育て上げ

た米久は、ビール会社の系列になった後、別の商社のグループ会社になってい

た。

 

最近は乗ることがめっきり少なくなったが、新幹線が三島駅に着く前、富士川の長

い鉄橋をわたるときに富士山を眺めると、いつも社長を訪問するときの、心地よい

緊張感を思いだすのです。

 

当時、静岡支店の営業マンが言っていたとおり、鉄橋越しに、見えなくなるまで振

り返って眺めた富士山は、ずっといつまでも見ていたいと思うほどに美しかった。