インフォメーション

2011-01-29 19:01:00

こんにちはオーナーです。幸せなことに、あの白戸ホワイト家同様わがオレンジ家には可愛い家族、子供がたくさんいるのです。
とっとりくん、やなぎさわくん、初代あやちゃん、いぬかいちゃん、ありさちゃん、まいこちゃん、りこちゃん、2代目あやちゃん、ことみちゃん、なつみちゃん、なおちゃん。これからも生まれる予定です。

実はみんなバイトで働いてくれた早稲田育ちの学生たちです。なおちゃんはバイトではなくお客さんでしたが可愛らしい絵を描きます。みんなみんな本当に立派な良い子たちで自慢の種です。長く働いた子もいれば短かった子もいます。縁があって集まってきたのです。当店は労働条件は結構きつく楽ではありませんが、お客様に喜んでいただけるのが、彼ら、彼女らにも喜びになるようです。私もそうなんです。

初代あやちゃんといえば昨年暮れにこんなことがありました。

当店での高校クラス会に初めてやってきた女子同級生は、行き方がわからないので、通りかかった女性に道順を尋ねたところ、「私そこでバイトしてたんです」と言っていたとのことでした。その女性の姿恰好を聞いてみると、何と初代あやちゃんでした。あやちゃんはもう社会人で早稲田にくることも久々でしたが、早稲田駅周辺で大勢の人が交錯する中、こんな偶然もあるんだと皆で驚きました。

バイトの子ひとりひとりに思い出は一杯あるのですが、この春二人が新たな船出です。ありさちゃんとなおちゃんです。

弓道部でがんばったありさちゃんは昨年文学部大学院を卒業、日本語の先生として海を渡りオーストラリアのタスマニアにゆきます。
在学中は目いっぱいアルバイトをしながら大学院まで進みました。よく倒れずにいたと思うくらいがんばりました。学部と大学院卒業後も含め7年も当店で頑張ってくれたありさちゃん。向こうでも愛される先生になるでしょう。

なおちゃんは当店で初めての絵の個展を開き多くのひとのこころを癒しました。今も初めて会ったときのままで、4年たったのが信じられない思い。卒業後は出版関係にゆかれるとのことです。その持ち味が生きるといいですね。

私はいつか早稲田のオムライスの物語をかきたいと思っているのですが、その挿絵をなおちゃんにお願いしました。どんなストーリーになるやら私も楽しみです。挿絵が素晴らしいのは勿論です。ほのぼのとしたお話になるとよいのですが。