インフォメーション

2014-07-14 13:07:00

今年もまた汗の季節になりました。

 

汗というと、たしかサトウサンペイさんの作品だった思う、4コマ漫画の傑作を思い出しては、

つい笑ってしまいます。

 

  ・ 主人公フジ三太郎が散歩していると、向こうから体育着姿の女子学生が

    ランニングで近づいてきました。

 

  ・ 三太郎の横を通り抜けるときに、彼女らの汗が三太郎に飛び散りましたが、

    三太郎は目を細めてニコニコしています。

 

  ・ 今度は男子のグループが近付いてきます。

 

  ・ むさくるしい男子の汗が飛び散ると、三太郎はぷんぷん怒りました。

 

同じ汗に嬉々とすることもあれば、怒りもする・・・・同じ行為、言動でも、人によってセクハラに

なることもあれば、ならないことも・・・・。

 

フジ三太郎のような我等凡人は、心して気をつけねばなりません。

 

平社員の心情、悲哀を、クスッとした笑いに包んで描いた、サフジ三太郎のマンガを

毎朝、新聞で見ることができたのはささやかな幸せだったなあ・・・。

 

いやなことが多かった会社勤務時代、随分癒された気がします。

 

サトウサンペイさん、園山俊二さん・・・ほのぼのしていたなあ。

 

いつの季節も

ほのぼのしたくなったら

「3つのオレンジへの恋」ですね。