インフォメーション

2014-06-24 15:07:00

私が早稲田法学部にいたころ、クラスは違ったがとても気が合う学生がいました。

 

「創法会」の新歓の席で知り合ったのですが、お互いそのあと、会はすぐやめてしまいました。しかし、ほのぼの感のある彼には、何かの縁を感じていました。

 

信州松本で大学の先生を勤めている彼は、以前私が「早稲田学報」誌に掲載させていただいた拙文を見てくれていて、早稲田に立ち寄った際にはにこやかな顔を見せてくれるようになりました。

 

「早稲田学報」のおかげで、卒業後はまったく音信のなかった友に、何十年ぶりで会えたなつかしさは格別でした。

「如水」のように付き合いは淡かったのに、慕ってくれる気持ちは嬉しいものです。

 

最近顔を見せてくれた彼は、横浜にある大学の先生になるとのことで、今度はゆっくり飲めるねと喜びました。

 

住まいは引っ越さずに信州のままだそうで、住み良いところのようです。東京を離れられない我が身には、ちょっとうらやましい気がします。

 

先日はまた、教育学部の4年間、当店でバイトをしてくれたリコちゃんが久々に仙台からやってきてくれました。

いまは、毎日元気にケーキとパンの製造販売をしているというリコちゃんは生き生きしていました。

 

家内はバイトの女子学生をみんな「〇〇ちゃん」と呼んでいますが、私は、おじさんが〇〇ちゃんと呼ぶのもためらわれ、バイトの女子学生を苗字で呼びます。

しかし、リコちゃんだけは苗字で呼ぶと別の人のように思えるのと、呼びやすいこともあって例外です。

相変わらずの、爽やかリコちゃんでした。

 

 今日は何という偶然か、大学構内で一台の西武観光バスから降りてきたのは、何かのつながりを感じる大宮開成高校生たち。早稲田大学の見学訪問に来たもので、ジャスト一瞬の場に遭遇しました。

このときも、友が遠方より来るの気がしました。

 

「会えてよかった ワン!」

店頭に飾ってある、同高生ゆかりの手作りワンちゃんとパンダの顔が、今日は特別喜んでいるように見えました。