インフォメーション

2014-05-24 15:35:00

旧早実高の校舎、現120号館で解体工事が行われましたが、どうやら旧早実高の「顔」とも言うべき正面の建物は残るようで、その横で新たな校舎の新築が進んでいます。

 

 「3つのオレンジへの恋」が早稲田で開業してから早や12年。

数年前、商店会の新年会で、「早いもので10年になります」と挨拶させていただいたところ、タンメン、餃子の老舗「稲穂」さんから「うちは50年です」とのことで、その重みを十分に感じたものでした。

「稲穂」の気さくな長谷川さんは、長年、地域のラジオ体操推進に力をいれていました。最近はなかなか話す機会もなかったのですが、店を閉められたとのことで、寂しさを覚えます。

 

「稲穂」さんとは、何年か前に、NHKテレビお昼の番組「ふるさと一番!」に、同じ商店会から一緒に出させていただいたことがあります。

 

生中継の番組進行はまさに秒刻みなのですが、、「稲穂」さんがタンメンをゆでて作るのに予定時間がオーバー。「ふたりっ子」でおなじみの進行役の菊池麻衣子さんが、中谷アナウンサーとともに南門通りを「3つのオレンジへの恋」へと、急いで移動してきました。

 

菊池さんが当店に着いて、私に声をかけたとき、私が「はい 第二の青春です」と云うところを「予行演習」とは違うセリフを言ってしまい、菊池さんは一瞬戸惑ったようでしたが、流石にすぐに切り替え進行してゆきました。

 

その日は「エクステンション」で学んでいる「オールド ヤング ガールズ」のグループ」がいらしていて、お一人は、この日テレビに映った自分の姿を見て、長年音信不通だった友人から連絡がきたと喜んでいました。

 

しかし、「稲穂」さんでの撮影が予定より長引いたたために、「3つのオレンジへの恋」からのエンディングシーンがなくなり、「ガールズ」みなで残念がったものでした・・・。

 

それから数年たつうちに、このときのテレビを見た友人が連絡してきたと喜んだ方は亡くなり、高齢もあって、「ガールズ」のメンバーが減ってきたのは残念ですが、今でも「最後の砦」グループが毎週頑張っています。

 

同じ商店会だった理髪店「ホソカワ」の名物おじさんも、私のよい飲み友達だったのですが、5~6年前に80歳になったのを機に引退されてしまいました。

 

大隈通りのレストラン「トキワ」の、オール早稲田商店会を代表する名物おじさん、話し出したら止まらない「べらんめえ」の濱岡さんも何年も前に引退。

 

鶴巻小の近くにある「とんかつとすき焼き 肉のハセガワ」も長年の店を廃業。

美味しかったメンチカツはもう食べることができなくなりました。

待たなければ買えなかったが、この世に数ある中、一番美味しいメンチカツだったと思いました・・・。

 

いたしかたのないことですが、名店がひとつ、そしてまたひとつ消えてゆくのは残念なことです。

 

「3つのオレンジへの恋」も、早稲田大学とともに永遠の命が欲しいものです。

 

(後記)

   高田馬場は滅多に行くことはないので、「ムトウ楽器店」閉店のことは知りませんでした。

   久々に駅前に立ち寄ったときに、その豊富な商品コーナーを楽しみにしていたのに残念で

   した。