インフォメーション

2014-03-19 11:34:00

私の前を、夫婦と幼い姉妹の4人家族が歩いていました。

パパの声が聞こえてきました。

 

「ぬいぐるみを持ってきていたのか?」

 

後ろを歩いている私に

幼い二人の手元は見えません。

 

おねえちゃんが答えました。

 「うん!」

 

おねえちゃんと妹がニコニコしてパパに振り返りました。

その手には、何かのぬいぐるみが見えました。

 

「パパも二つ持ってるよ・・・・それはね・・・・わたしたち!!」

「何だ!おまえたち、ぬいぐるみなのか?!」

この家族は幸福の空気に包まれました。

 

私も目の前の光景に、思わず微笑みがこぼれてしまいました。

 

これから食事なのか買い物に行くのか

小さなお嬢ちゃん二人と親子のできごとでした。

 

 まだ風が冷たい早春の街をあるいていて

こんな光景にぶつかりました。

誰が書いたわけではない、メルヘンの世界でした。

 

入場料を払っても見られない

素朴で無垢な魂が輝いた、一瞬のできごとでした。

 

私だけが、たった一人の幸運な観客でした。

 

すてきな場面をありがとう

私はその親子を追い抜いてゆきました。

 

「3つのオレンジへの恋」も

オムライスとメルヘンをご用意いたしております。

 

このお嬢ちゃんに「オレ恋」のことを教えてあげればよかった!。

後から気がついたときには、残念なことに振り返っても

その姿はもう見えませんでした。

 

 

 (営業のお知らせ) 」

   飛び石連休のはざま 3月22日(土) は営業 いたします。

   卒業式前の土曜日、是非お越しください。