インフォメーション

2014-02-28 18:30:00

構内の殺風景な工事現場の囲いに、美しい早稲田風景を描いておられる薮野健先生と、昨年バッタリお会いした時に、絵画よりも音楽の話題になってしまいました。

 

先生からロシアの作曲家では誰が好きですかと聞かれた私は、ムソルグスキーやリムスキー・コルサコフなどの国民楽派と、チャィコフスキーの名をあげました。

 

話題が指揮者にまで及んで、私は忘れてならないラフマニノフを云いそびれてしまいました。

 

聴いていて胸苦しくなるような、あまりにも有名なラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18 は映画音楽にも使われ、エリック・カルメンが歌うバラード「恋にノータッチ」にも、ラフマニノフの憂愁のメロディーが引用されています。

 

ラフマニノフの国のオリンピックでは、この曲を使用して世紀の名演を披露した浅田真央ちゃん に敬意を表して、閉会式の日本チームの行進でも奏されました。

 

  「・・・・・ラフマニノフはこの曲を作曲中、強度の神経衰弱に襲われあらゆる治療を試みたが

  効なく、絶望的になっていたところ、友人にニコライ・ダール博士という精神科医で催眠術の

  大家を紹介され、彼の献身的な努力によって全快、博士に励まされながら作曲を再開した・

  ・・・」

 

カッコ内は敬愛する音楽家、宇野功芳氏の「クラシックの名曲・名盤(旧版)」(講談社新書 90年刊)よりの引用 です。

 

 この曲誕生の背景、因縁は、前夜の苦悩から立ちあがって、翌日全世界を感動の渦に巻き込んだ、真央ちゃんの、神がかり的な演技に結びつくようであり不思議な気がします。

 

真央ちゃんが師と姉の「催眠術」で見事によみがえった!。

その演技は曲と一体になり、深い憂いを湛えた、美しい短調の響き。

もしラフマニノフがこの演技を見たならば、この曲は真央ちゃんに捧げられたことでしょう。

 

今度、薮野先生にお会いしたら訊いてみよう。

 

ラフマニノフはお好きでしょう。