インフォメーション

2013-12-30 19:20:00

大隈講堂の前を通りかかると、大学の見学にきたと思われる小型のバスが停まっていて、

車体の側面には群馬県立高崎高校と鮮やかに書かれていました。

 

生徒の姿はみえませんでしたが、高崎高といえば、私が高校時代に聴いていたラジオ深夜

放送「パックインミュージック」で、「まえたか」と、自校の自慢話で激しく覇を競っていたあの

「たかたか」です。

 

あれからずいぶん時間が経ち、あのとき番組に投書していた「まえたか」と「たかたか」の高

校生も、それを楽しく聴いていた我々もほとんどが定年を迎え、いまは熟年向けの「ラジオ深

夜便」に耳を澄ます・・・・。

 

あの頃受験生だった私は6歳と1歳半の2人の男児と4歳の女の子の3人の孫を授かった。

「もういくつねるとお正月 お正月にはおこられて」

上の2人が1年前にふざけて歌うと、面白くてつい笑ってしまったが、そのあとは恥ずかし

がって歌ってくれませんでした。

 

先日、久々に歌ってほしいと言うと今度は正しい歌詞で二人が一生懸命歌ってくれました。

「おこられて」はもう聞けませんでしたが、正月を待つ子供の気持ちがほほえましい歌です。

 

私が孫たちの年の頃には、正月が近づくと父が玄関に門松やしめ飾りを飾り、床の間に

鏡餅をそなえ子供心にもおごそかな季節感を感じました。

家族で紅白歌合戦を見終わると、遠くで鳴る除夜の鐘をききながら母が年越しそばを作って

くれました。

 

朝になれば母がつくるお雑煮やおせち料理、来客があると出前のお寿司も食べられるお正月。

歌のように凧揚げや羽根つき、コマ遊びやかるた遊びをしたものです。

 

いま、少し恥ずかしそうに「お正月」を歌っている孫たちを見ていると、楽しい正月をただ待つ

だけでよかったあのころに戻りたいものだと思うことがあります。

 

今年最後の営業日、冷たい雨が降る夕刻に一人の女子高生が「3つのオレンジへの恋」を

訪ねてくれました。

年内に我々夫婦にあいたかったので・・・真直ぐな心と笑顔がとても素敵で、お気持ちは

とてもうれしかったのですが、悪天候のなか、来年の受験を控えて風邪をひかないか少し

心配でした。

 

その少女は、今年の夏、「3つのオレンジへの恋」の目の前にある27号館の、私にとって

「奇跡の通路」だと思っている、その通路を通って大隈講堂の方からたった一人でやって

きました。以来、ご縁があって心の交流が続いています。

 

私は深夜放送を聴きながら族で、何も勉強せずに一浪したので語る資格はありませんが、

ひたむきなこの少女の来る年がよい年でありますよう心からお祈りいたします。

 

新年は 1月6日(月)より 営業いたします。