インフォメーション

2013-11-08 13:34:00

例年、美しい紅葉を見せる北海道知床の樹木ダケカンバが、今年は紅葉しないうちに緑のまま葉を落としてしまったといいます。伝えたニュースでも夏の異常な高温のせいか、原因は不明とのことでした。

 

神田川沿いの桜並木の一部でも、紅葉を見せてくれる筈の桜の樹々が、9月のまだ暑いうちに緑の葉を落としてしまい、今年は歩道に散った朽ち葉もありません。

 

高温少雨だった今年の気象のせいなのか、何かの異変なのか気にかかりますが、大隈講堂前の大銀杏はいつものように黄葉をし始め、いまは緑と黄の葉が量感にあふれる豪華なグラデーションを見せています。

 

去年に続いて今年も秋が短かった気がします。

間もなく木枯らしが、樹々の葉を吹き散らしてゆく季節がやってきます。

「井の頭公園の歌姫」あさみ ちゆきさんが歌った名曲『木枯らし一号』の季節です。

 

これからの寒い日には、熱々の「石焼きのオムライス」ですね。