インフォメーション

2012-11-30 00:00:00

 

タクシードライバーは当店にも見えますが、スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロの出世作

となったのは、映画「タクシードライバー」。

俳優の故古尾谷雅人さんが、「2001年宇宙の旅」、「アラビアのロレンス」と並んで、

最も愛した映画のひとつだったそうです。

古尾谷さんの奥様で、女優の鹿沼絵里さんからお聞きしたことです。

 

絵里さんとは今年の早春、本当に偶然「3つのオレンジへの恋」の前でバッタリお会い

したのでした。

 「ここオムライスのお店?」と、元気なご婦人が親しげに話しかけてきました。

「とても美味しいですよ、よかったらどうぞ」。

「ふーん」。

間もなく店のドアが開くと、先ほどの女性が入ってきました。

 

私との会話を聞いていた妻が「フルオヤみたい」といい、すぐにそのとおりだったことが

わかりました。

およそ10年ぶりの再会でした。

 

絵里さんは女優業の傍ら訪問介護のお仕事で、奇遇にも「3つのオレンジへの恋」が入っている

マンションにやって来たのでした。

このときのことについては、このHPとリンクしている2012年2月21日のブログ「フルオヤさん

のこと」をご覧ください。

 

古尾谷家とは子供が小学校の同級で、奥さん同士は親しくお付き合いしていたのですが、

私は知る機会もなく、妻がとてもいいひとだと言っていた鹿沼絵里さんや、夫君古尾谷雅人

さんのことは、妻から聞いたりテレビで見かけるだけでした。

 

絵里さんは週1回の訪問介護の際に店に立ち寄られ、私も少しずつ話しをするようになりました。

絵里さんは、女優はみなそうなのか発声がよいからか、声が大きく本当に元気なかたです。

 

女優ということを感じさせない気さくな人柄で、お会いするのが楽しみになりました。

店に見えるとき、化粧気はまったくないのですが、豊かな黒髪と大きな目をしたその素顔は、

メイクしたらさぞやと思わせました。

 

そして何と偶然にも、私の一番好きな映画「アラビアのロレンス」のロレンス役を日本人が

演じるとしたら古尾谷雅人さんだと、以前私がブログに書いていたところ、生前、雅人さんも

その役を是非演じてみたいと言っていたと、絵里さんからお聞きしました。

 

また古尾谷雅人さんは「2001年宇宙の旅」も特にお好きだったとのことで、孤高の天才肌、

古尾谷さんと私の映画の嗜好がかなり近いことがわかり、驚きとともに嬉しい思いがしたもの

でした。

 

絵里さんが「3つのオレンジへの恋」こ来られたのは、結局、春から夏までの短い期間

で、その後、ご自宅に近い勤務地に移ったので早稲田での仕事はなくなりました。

 

鹿沼絵里さんとの出会いは、私が「3つのオレンジへの恋」をやっていたことに加えて、

偶然の力がないと実現することのないものでした。

 

もし、この出会いがなければ、私は鹿沼絵里さんのお名前を知るだけで、ひととなりについても、

雅人さんについても、知らないままで終わっていたことでしょう。

絵里さんも、私を意外といいオジサンだと思ってくれたかもしれません。

 

この店がなければ知ることもなかったといえば、以前住んでいたマンションの住人だった奥様が

いました。

 

娘さんが早稲田大に通っていたこことから、奥さんはときどき立ち寄られるようになりました。

私もマンションでは形式的な挨拶くらいしかしなかったのでしたが、お店にこられると心の鍵が

解かれて、気持ちが通い合うようになりました。

彼女は、私が商社時代に何度も訪問したことのある同グループの銀行の本部の部署におられた

とのことで、話しもはずみました。

 

また、大学時代の同級生の妹さんは、「3つのオレンジへの恋」に見えてから一気にそれまでの

よそよそしさが消えて、心が通い合うようになりました。

誘われて、いっしょに歌劇「3つのオレンジへの恋」の来日公演を観たことは、私の貴重な音楽

体験となり、彼女とのよい思い出となりました。

 

このお二人とも、店にこられたときには本当にうれしそうにされていた様子が忘れられませんが、

その後お亡くなりになりました。

 

短い時間でのお付き合いでしたが、それまでにはなかった心からの交流ができたことは本当に

よかったと思っています。

きっと彼女たちの心のなかにも、「3つのオレンジへの恋」でのささやかな喜びの記憶が残されて

いたのではないでしょうか。

 

ひととの出会いは本当に不思議なもので、一体誰が筋書きをつくるのかと神秘感すら感じます。

 

そういえば鹿沼絵里さんから、少女のころ仕事で初めてパリに行ったときに、街で一目ぼれして

買ったという一幅の絵画をお預かりしています。

よい買い手を見つけてさしあげたいと思っており、いずれブログに登場する予定です。