インフォメーション

2012-10-09 11:19:00

 

私は、これまでの人生の中で、何人かの天使に会っていたような気がします。

 

私の人生の始まりで、記憶もおぼつかないころ、いつもそばにいて、

笑い、話しかけてくれた少女。

 

中学生のとき、転校でやってきた、健康美に輝く愛らしかった女性徒。

 

高校のときには、同じクラブだった、穏やかでこころやさしかった女性。

 

大学のときには、英会話教室でいっしょだった、もう、本当に素敵だったお二人。

 

共通するのは、優しさとと可愛らしさ。

私は淡い思い出に、すこし涙。

 

それでよかった。

もし、泣かせたりしていたら大変だ。

相手は天使様なのだから。

 

なぜか、自分が若いころ、

不思議なことに、天使は、いつもそばにいてくれた。

 

いまはどうだろう。

「3つのオレンジへの恋」に天使が訪ねてきたら、分るだろうか。

「天使が見える年ごろ」というものが、あるのかもしれない。