インフォメーション

2013-03-17 11:42:00

 

これは大隈重信候が範として仰いだ、トマス・ジェファーソン、第3代アメリカ大統領の残した

多くの業績のうち、特に顕著なふたつの仕事をいうのだといいます(「大隈重信叢書 第4巻 

薩長劇から国民劇へ」 昭和45年 早稲田大学出版部刊、監修者木村毅先生の序文より)。

 

お待たせいたしました。

「3つのオレンジへの恋」は 今週から営業いたします。

予報では月曜日は天気はよくないようですが、ご来店をお待ち申しあげております。

 

大隈候がその理想を求めて創設した早稲田大学。

候と小野梓先生に、、「3つのオレンジへの恋」のオムライスを食べてほしかった。

 

「3つのオレンジへの恋」は、早稲田建学の母と呼ばれる小野梓の記念講堂に隣接しています。

西洋にも留学した小野梓も大隈候もきっと気に入ってくれたことでしょう。

候の盟友だった福沢諭吉翁を招いたかもしれません。

 

今年も、卒業される方、入学される方、それぞれの春がやってきました。

 

私は、昭和44年、吉永小百合さんが卒業された後に入学し、少しがっかりでしたが、

さて今年はどうでしょうか。