インフォメーション

2012-09-11 11:30:00

 

早朝の民放ラジオのニュース情報番組が面白い。

そのひとつに、吉田照美さんと唐橋ユミさんとのコンビが絶妙に楽しい番組があります。

 

日替わりコメンテーターによるニュース解説は、テレビを含め他番組とは一味違い、

一聴の価値があります。

上杉隆さん、また出て欲しいものです。

 

さて、早稲田OBの吉田アナといえば、ガラッパチスタイルの、ざっくばらんな語り口。

ラジオでは自分の存在感を出さないといけないからと、ゲストの相手が話す間もないほど、

常に声を出している賑やかなおじさん。

ロバ顔といわれているようだが、知る人ぞ知る名画伯。

 

一方、唐橋さんは長年続いている、日曜朝のテレビ名物番組のスポーツコーナーで

にこやかにアシスタントをつとめている。

テレビでは主役の横で、発言の機会は少ないが、静かな存在感が近年にわかに脚光を

浴びている。

福島の造り酒屋の名家のお嬢さん。

 

そのラジオ番組では、圧倒的に支配する吉田アナと、彼女の控え目ではあるがときに大胆、

そのやりとりは、あのおすぎさんも巻き込んで、スリリングでなかなかのものです。

 

唐橋アナが、その番組のアシスタントのオーディションに参加したときのことだ。

登場するや、にこやかに言ったという。

今日来るとき、電車の中で痴漢にあったのだと。

 

吉田は言った。

唐橋のことだから、当然、手を払って撃退したのだろうと。

 

唐橋は言った。

いいえ、そのままにさせておきましたと。

 

吉田はこのひとことにガーンと強烈な一撃を喰らい、唐橋の採用を即決したという。

この話しにはオチがあり、後日、吉田がこのときのことを唐橋に訊くと、

さらッと、あれはウソだった、私がそんなこと させるわけがないわと笑う。

百戦錬磨の吉田アナが再度言葉を失った。

唐橋ユミさん、なかなかのものです。

 

私は、中学のときに、少女が通学の車内で何度も痴漢にあったと泣いていたのを見た。

おとなしい女性を狙った卑劣な奴だ。

 

一緒についていって守ってあげたかったが、自分も学校があり、できなかった。

あのとき学校に遅刻してでも、彼女について行き、守ってあげなかったことを、

私は今でも深く悔やんでいる。

少女に起きたことが、唐橋さんのように明るいウソであってほしかった。

 

(後記)

    ・ 唐橋さん、転んで足を挫いたとか。

      お大事に。

      吉田アナからウソではなかったと冷かされそう!。

  

    ・ 電車内の卑劣な犯罪、みんなで監視して防ぎましょう。