インフォメーション

2018-05-07 15:29:00

いよいよ「3つのオレンジへの恋 号」は、最後の航海に向けて港を出たのです。
「5月11日港 金曜日の埠頭」に向けて━━。

優美なわが「オレンジ号」ですが、この16年余りの風雪に耐えたデッキや甲板には味わいや風格も備わってきました。それでも中島みゆきさんの「宙船」や、リヒャルト・ワーグナーの歌劇「さまよえるオランダ人」の帆船のように、決してまだボロ船になったわけではありません

最後の航海の前には、高校や大学のクラス仲間が来て、「船室」の中で4時間も5時間も話し込みました。そんなに長く話したのは学生時代以来ではなかったろうか。高校美術部の、愛らしい先輩であった女子は、先のオープンキャンパスに続いて今度はひとりで、嬉しいお顔を見せてくれました。みんな「人生という航海」を一緒に旅した大切な仲間です。

68年という自身の人生を振り返ると、ひとくくりにあっという間であったということもできるが、この「16年間の航海」だけは「あっという間」というようなものでは決してなかった。

思えば、航海図も操作訓練も試運転もなしに、いきなり全力走行を始めたのが2002年の4月。
大きな嵐に遭遇して、マストの帆柱がへし折れそうになったり、舵を失いかけたことも度々だった。

もう後戻りはできない。
大きな不安を抱えながらの未知の海路でした。

何度も燃料切れを起こしそうになったとき、「3つのオレンジへの恋」号のエネルギーは、いつもゆく先々の港で、お客様からいただいた温かい言葉、幸せいっぱいの笑顔でした。

いま、最後の航海に向けて針路は設定されました。
あと僅か━━少しだけ安息の目的地にむかっているような気がする。

「船乗りシンドバッド」のように、魔人や恐ろしい怪物に出会うことももうないだろう。