インフォメーション

2018-05-07 15:29:00

いよいよ「3つのオレンジへの恋 号」は、最後の航海に向けて港を出たのです。
「5月11日港 金曜日の埠頭」に向けて━━。

優美なわが「オレンジ号」ですが、この16年余りの風雪に耐えたデッキや甲板には味わいや風格も備わってきました。それでも中島みゆきさんの「宙船」や、リヒャルト・ワーグナーの歌劇「さまよえるオランダ人」の帆船のように、決してまだボロ船になったわけではありません

最後の航海の前には、高校や大学のクラス仲間が来て、「船室」の中で4時間も5時間も話し込みました。そんなに長く話したのは学生時代以来ではなかったろうか。高校美術部の、愛らしい先輩であった女子は、先のオープンキャンパスに続いて今度はひとりで、嬉しいお顔を見せてくれました。みんな「人生という航海」を一緒に旅した大切な仲間です。

68年という自身の人生を振り返ると、ひとくくりにあっという間であったということもできるが、この「16年間の航海」だけは「あっという間」というようなものでは決してなかった。

思えば、航海図も操作訓練も試運転もなしに、いきなり全力走行を始めたのが2002年の4月。
大きな嵐に遭遇して、マストの帆柱がへし折れそうになったり、舵を失いかけたことも度々だった。

もう後戻りはできない。
大きな不安を抱えながらの未知の海路でした。

何度も燃料切れを起こしそうになったとき、「3つのオレンジへの恋」号のエネルギーは、いつもゆく先々の港で、お客様からいただいた温かい言葉、幸せいっぱいの笑顔でした。

いま、最後の航海に向けて針路は設定されました。
あと僅か━━少しだけ安息の目的地にむかっているような気がする。

「船乗りシンドバッド」のように、魔人や恐ろしい怪物に出会うことももうないだろう。

 


2018-05-01 17:55:00

「3つのオレンジへの恋」の店じまいに、多くの方が駆けつけてくださいまして本当にありがたいことです。

まるで16年間のフィルムラッシュを見るようで、お見えになった皆様とのあふれる思い出やエピソード━━今となっては、このHPやブログに記録できたことは、自身を振り返るうえでも大変貴重な財産となりました。

 

文字通り手作りの一冊の絵本「わたし美術館」(同期の佐宗若奈さんとの共著)で、うれしいご縁ができ、去年卒業していった高橋瑞季さん。

高橋さんは、大学院に残った親友佐宗さんと、この春「3つのオレンジへの恋」にやってきてくれた後、再度岡山からの出張の際に、顔をみせてくれました。このとき、若いこの「絵本作家」に我々夫婦を「取材」されちゃったかな!。

「3つのオレンジへの恋」が、初めて親元を離れた彼女の支えに少しでもなれれば━━「わたし美術館」は、「似顔絵名人」の佐宗さんにお預けいたしませう。

 

取材と言えば、せっかく「3つのオレンジへの恋」に来られながら、そのときの「個人的な事情」で、自慢のオムライスを食べられなかったのが鳥居みゆきさんでした。

ラジオ文化放送「吉田照美 飛べ!サルバトール」の中のコーナーで、スタジオの吉田照美さん・室照美さんに「3つのオレンジへの恋」から、ライブで楽しいレポートを送ってくれたのです。

 

かねてより、雰囲気のある美人芸人 鳥居みゆきさんのファンであった私には、鳥居さんの出現は「天からのプレゼント」でした。このときの番組のお三方からは快くサイン色紙をいただきまして、ありがとうございました。

鳥居さんは、それまで勤めてきたその番組のレポート役を、このあと一回残すだけ。「ご褒美」として特製のオムライスを、そしてブリュレを召し上がっていただきたかったのですが・・・。

 

鳥居さんの事務所に連絡をとろうと思いつつも、「3つのオレンジへの恋」のエンディングが迫るなか。

 

店内に、お人柄そのものの、かわいらしい絵画作品を飾らせていただいている赤川菜緒さん(2011年法学部卒)には、大切な作品をお返ししなくてはなりません。

この記事を読まれた赤川さん、そのお友達の方がいらしたら、是非ご一報ください。

 

 

皐月・五月に入り、いよいよ「ファイナル カウントダウン」が始まってしまいました。

「3つのオレンジへの恋」の営業日は、本日1日と明日2日。

そして連休明けの7日から11日までとなりました。

 

 


1