インフォメーション

2018-02-28 13:40:00

「みなさんにお知らせがあります。明日、クラスに新しいお友達が転校してくることになりました」

一日の最後に担任の先生がこう告げると、クラス中が一斉にざわついたものです。

一体どんな生徒が来るのだろう、かわいい子だといいな(男子)。

「男子と女子、どっちですか?」

活発な生徒が聞き出そうとしますが、「それは明日のお楽しみ・・・」

先生がどちらかを言わないときには、いっそう好奇心をかきたてられて、つぎの日の朝、教室のドアを開けて入ってくる転校生に、みなが注目したものです。

 

新たな出会いがあれば、別れもあります。

私が通った小学校、そして中学校も小高い丘の上にありました。

小学生のとき━━あれは4年のときのことだったそうです━━違うクラスに転校してきた女の子R子さんは、中学1年で同じクラスになることができました。

2年になって再びクラスが別れたあと、一学期の途中で、彼女は丘を下り転校していったのです━━私の心のなかにさわやかな思い出を残して━━。

 

中学3年のときに転校してきた女子がM子さんでした。

進学を控えての大切な時期です。

おそらくは未知の学校・クラスに対する不安な思いに駆られながら、あの小さな丘を登り、新たな学校の門をくぐったのであろう。

(ボクが味方だから絶対大丈夫だよ・・・)

 

大学生になってから、大いに照れながら上野の丘で初デートをしたのです━━小学校や中学校の同級生のなかで、二人だけでデートをしたのはこのM子さんだけでした。

女子大生になっていた彼女は、あの頃のままの初々しさ━━。

何を話したのだったか・・・本当はもっともっと一緒にいたかった・・・。

今となっては、早春の日の切ない思い出のひとこまです。

 

別れや出会いは、いつだって突然です。

 


2018-02-20 14:34:00

凛とした冷たい空気のなかを、梅の花の気配が漂ってきます。

えもいわれぬ品のよい甘い香り。

 

ここ「3つのオレンジへの恋」にも、「わあ!いい匂い!」と言って女子学生たちが入ってくるのです・・・「3つのオレンジへの恋」の心地よい魔法です。

 

味や総合力で満足していただけるようにとは思っていましたが、来客がドアを開け、店に一歩足を踏み入れた瞬間のこのひとことはまったく予想外でした。

思い起こせば2002年4月の開店当初からいまにいたるまで、「美味しい!」というご評価とともに、この反応についてたいへんうれしく思っています。

 

夢のようなレストランの、華のオムライスです。

 

梅に続く桜の季節。

開店以来17回目になる今年の早稲田の桜は、ひとしお美しく咲き誇ることでしょう。

 

東風吹かば にほいおこせよ 梅の花 ━━━

 

永遠に散ることのない早稲田の名花

それは「オレンジの花」

それは「3つのオレンジへの恋」

 

━━━主(あるじ)なしとて 春な忘れそ

 

 

(お知らせ)

入試期間中は頑張って営業しましたので

申し訳ありませんが

2月23日と24日はお休みとさせていただきます。

 

 

 

 


2018-02-11 12:43:00

よいひとが集まって来るのです。

居ながらにして。

イジメやハラスメント・・・世の中に酷いニュースがあることが信じられないほどです。

 

ひとがら性格のよいひとは、お顔や言葉使い・態度から伝わってきます。

私はちょっと自信がなくなりました。

 

ふりかえると小学校・中学校・高校でもそうだった。

よき師・良き友、そしていくつかの淡い思い・・・。

よくぞおんなじクラスやサークルで出会えたものでした。

ほとんどは卒業してバラバラになり、もう二度と会えないのが残念です。

 

大学時代は学園紛争真っ盛りで、クラスは「思想信条」によって大きく二つに分かれてしまっていた・・・。

 

会社社会ではなかなか良い人ばかりではありません。

あらためて「3つのオレンジへの恋」はよい人が集う店なのだと思います。

入学試験関係で見えた方、是非お立ち寄りください。

入試期間中は日耀・祝日も営業していますよ。

 

 


2018-02-05 18:50:00

1月下旬、関東圏は予報通り、吹雪も交えた大雪に見舞われました。

私の幼ないころ、雪が下から吹きつける東北の冬の厳しさを、能代(秋田県)出身の母がよく話していたものです。しんしんと、上から降ってくる東京の雪しか知らない私にはなかなか想像できせんでした。

 

私が大学生になって、長野出身の同級生のところにスキーに行くというと、わざわざ寒い思いをして雪のなかに行かなくてもとも言われました。もう雪には懲り懲りだったのでしょう。

 

ハタハタは真冬の荒れ狂う日本海能代の海で命がけで漁をするのだということも聞きました。雷も鳴るなか、産卵のためにハタハタが岸辺に押し寄せてくるのだそうです。雷といえば夏の入道雲だと思っていたので、冬の雷にも驚かされました。

漢字で魚へんに雷、もしくは神と書くハタハタ・・・いずれにしてもすごい組み合わせです。

 

母は父と結婚して、東京で暮らしていましたが、季節になるとよくハタハタを買ってきました。焼き魚・煮魚・ナベ・干物・・・一見くせがないようなのに、独特の味が滲みわたってくるハタハタは私も子供の頃から好きでした。ほかの魚にくらべると身の部分は小さいが、骨からすぐきれいにとれるのはお子様向きでした。

 

毎年暮に、故郷の母のお姉さんから「ハタハタすし」が届くと、両親は懐かしい味を楽しんでいました。「ハタハタすし」は、すしといっても、こどもに媚びない「大人の味」でした。私は干物や生の方が好きでしたが、しめ鯖はすきだったので、やがてハタハタのすしにも馴染んでゆきました。しかし、父や母が文字通りブリブリとおいしそうに食べているブリコ(卵)は個性が強すぎて苦手でした。

 

私は、今でもスーパーの店頭で両親の思い出につながるハタハタを見かけると、つい買ってしまいます。

会社時代の気の短い上司は、ハタハタは頭ばかりデカくて身がないから食った気がしないので嫌いだと言っていた。真冬の漁の厳しさを思うと残念でした。

 

われわれが青年のころに流行った「おそ松くん」は、いまは「おそ松さん」になって女子の間で人気のようです。

同じ日本海産でも、松葉ガニ・ズワイガニや、光るホタルイカは派手なスターですが、秋田の県民性のようにハタハタはとても控え目で地味です。呼び捨てにするのも申し訳なく、ハタハタさんいやハタハタ様と呼んで、ありがたくいただかなければと思うのです。

 

「3つのオレンジへの恋」の「石焼オム」も冬季限定の芸術品です。

いつの日か、「幻のオム」、「オムさま」と呼ばれる日がくるかもしれません。

 


1