インフォメーション

2015-03-29 15:06:00

ご入学おめでとうございます。

昨年は、卒業式に続き、入学式の日にも、東京から富士山が望めま

したが、さて今年は?。

 

ここは、多くの卒業生、現役生に愛されている

早稲田の

「3つのオレンジへの恋」

「青春のオムライス」です

 

3月27(金)、28(土)両日は、お休みさせていただきましたが、

30日(月)より営業いたしております。

 

店内では、

今日も「ウマっ!」「美味しい!」の声が響いています。

 

なお、入学式の日は、とりわけ混雑いたしますので、

皆様にはお席の譲り合いのほど、よろしくお願いいたします。

 


2015-03-24 18:00:00

明日と明後日は卒業式。

この日は「3つのオレンジへの恋」にも別れがあるのです。

 

ことしは、応援部の愛すべき人気者、チアリーダーの Sさんと

吹奏楽部の Iさんが卒業してゆきます。

 

Sさんは、いつも当店にフラっとあらわれ、その不思議な愉快さと

ユニークな言動に、我々夫婦は大いに楽しませてもらったものでした。

 

彼女は、一見ほんわり、ゆったりしているので、一瞬の油断もならな

い、キビキビした行動が求められるチア部員であることを、忘れてし

まいそうです。

 

人懐こい彼女が「3つのオレンジへの恋」に「レビュー」してからは、

華やかなミドルやトッップの動きに、つい目が行ってしまうチアの演

技のなかで、ベースで笑顔で支えている彼女(たち)を見るのが、少

しつらくなってしまいました。

 

当店でバイトをしたいと言っていたが、応援活動で忙しい身。

 

昨秋、彼女にとって最後の早慶戦に、何とか駆けつけることがこと

ができて、よかった!。

 

一方、1年生のときからずっと通ってくれたIさんは、吹奏楽でアル

ト・サックスを受け持つ、おっとり落ち着いた女子。

 

BS放送の『地球アゴラ』に、早稲田大学の応援部が出場したときの

こと。

大隈講堂の舞台上に並んだ吹奏楽団の出場者に、MCのLiLiCoさ

んがマイクを向けると、女子部員の多くは一歩下がってしまい、でき

れば受け答えを避けたい様子。

 

応援部に入るほどだから、みなさん、テレビに映るのはなんでもな

く、むしろ積極的に映りたいひとたちだと思っていた私には、軽い驚

きでした。

 

そんななかで、Iさんは、にこやかに堂々と受け答えをしていたので、

私は画面に向かって喝采を送ったものです。

 

あとで Iさんに聞いたところでは、同じ応援部でも、吹奏楽団のひと

たちは、出たがらない人が多いようです。

 

4月からは、このお二人の顔が見られなくなる!

 

「3つのオレンジへの恋」を愛していただいた皆様。

いよいよ明日は卒業式ですね。

 


2015-03-20 12:22:00

南門横に咲く

満開の早咲きの桜に迎えられての

日本物理学会第70回年次大会

 

3月21日(土)より24日(火)の開催期間中

「3つのオレンジへの恋」は毎日営業いたします

 

営業は11時過ぎから

15時~16時ころまでの

ランチタイムのみですが

 

全国からお集まりになる皆様

どうぞこの機会に

当店オリジナルの美味しいオムライスを

お召し上がりください

 

申し訳ありませんが、混雑時には

お席の譲り合いに

ご協力をお願いいたします

 

(後記)

   初日が「無事」終わりました。

   みなさん、昼休みの時間に集中して見えるので、入りきれない

   方も出てしまいました。

   一人で来られた女性から、「たまねぎオム、美味しかったです」

   と、何度も言っていただき、苦労が報われる思いです。

   次の機会には

   絶品の「クレームブリュレ」を

   是非お勧めいたしたいと思います。

 


2015-03-16 18:49:00

当店近くにある會津八一記念博物館の横では、

今年も「隠れた桜の名所」となっている、

早咲きの桜が咲き始めました。

只今、4分から五分咲きといったところでしょうか。

 

少しづつ春が近づいています。

 

まことに申し訳ありませんが、春休みのこの時期、

16日(月)から20(金)まで お休み 

とさせていただきます。

 

3月21日(土)より 営業 いたしますので

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 


2015-03-13 15:05:00

「大阪には、こんなに美味しいオムライスはありません」

食道楽の都、大阪から来られたご婦人が、心から仰って下さった。

 

予約を取るのが難しい有名シェフのレストランでも、「それほどでも・・・」

と聞くのは珍しくないのに、率直な、最高のお褒めのことばをいただき、恐縮至極です。

 

こういうときは、「いやあ、それほどでも」と言うべきだろうか?

しかしここは、素直に受けたいと思います。

 

かつて、ハンバーガーという手軽な食物で一大王国を築き、食品業界最高のビジネスモデルと称されたm社でしたが、思わぬところに落とし穴がありました。足を引っ張った、C国の陰謀説もささやかれていますが・・・。

 

また、ガリバー型企業の代名詞と言われ、永遠に揺らぐことはないと思われた王者Kビールの牙城。

長らく低迷していた老舗A社が、起死回生の”スーパー“ヒット商品を生み出し、トップの座にとって替わり久しくなりました。

 

m社も、K社も、これからも立派に発展してゆくことでしょうが、先に何があるかわからない、食品業界に限らない、産業界の難しさです。人生もまた・・・。

 

小さな小さな「3つのオレンジへの恋」では

効率は悪いが手を抜かないで、

一品一品、材料から仕上げまで、丹精を込めてお作りしています。

 

いろいろと、行き届かぬことばかりとは思いますが、ひき続きよろしく

お願い申しあげます。

 


1 2