インフォメーション

2014-04-27 18:45:00

「このお店はすべてがワクワクしますね」

目の前の大学の植え込みに、つつじが赤い花を一杯咲かせた土曜日のこと。

女性のお客さんから言われました。

そうなんです。

こんな店、ほかにありません!。

 

「オペラの『3つのオレンジへの恋』を検索したら、この店が一番に出てきましたよ」

娘さんが来年受験だというお父さん。

商学部を目指すそうです。

頑張れ!受験生!!。

 

テニスサークルOBの好漢 I 君夫婦が、5か月の赤ちゃんを連れてやってきました。

店の表にある、木製の椅子に座らせて撮ったお嬢ちゃんの写真。

大人には小さな椅子やテーブルが、何と大きく見えたことか!。

 

「禁煙ジャーナル」の渡辺文学さん一行3名が、禁煙キャンペーンのキャラバンカーで

山形に向かう前に、「3つのオレンジへの恋」に寄ってくれました。

この方々の継続的な禁煙活動のおかげで、オフイスで、街で、駅で、車内で、タクシーで、

日本の空気がずいぶんよくなりました。道中お気をつけて!。

 

今日も多くの方が見え、美味しかったと云っていただき、また、交換ノートにその思いを

書いていただきました。

「このお店カワイイ。ここに行けるようがんばる!2年後ここにいますよーに」

と書いた女子もいました!。

 

ゴールデンウイーク中のお知らせです。

 

 4月28日(月)は営業。

 4月29日(火)~5月6日(火)はお休みさせていただきます。

 

 休み明け5月7日(水)より営業いたしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 


2014-04-24 17:00:00

ちゆきさんの歌う「愛染桜」。

明日お嫁に行く妹が、しみじみと亡き兄を思う・・・・。

 

私の世代は「愛染」というと、「愛染かつら」の主題歌、西條八十作詞の

「旅の夜風」を、つい思い浮かべてしまいます。

私のころはヒロインと同じ名の、可愛い「高石かつえ」さんが歌っていた。

 

  ♪ 花もあらしも ふみこえて 往くが男の 生きるみち

 

 「青い山脈」のように、歌謡曲の王道をゆく、朗々と歌われる曲です。

 

「花と」いえば、ちゆきさんは、光が丘公園でお花見をしたそうです。

大阪の人気漫才「大木ひびき こだま」ではないが、

ちゆきさんと、お花見でお酒が飲めるなら、

「わざわざ来てもらわんでも 電話一本くれたら こちらから行きますのに!」

 

 ラジオ番組「ちゆ喫茶」で、「愛染桜」で歌われた桜は、大島桜で、等々力渓谷の

近くに、実際に存在することを教えてもらいました。CDの解説にもありました。

 

私がこどものときに、等々力渓谷に行ったことがありましたが、そのときにはまだ

なかったようです。

いつか、訪れてみたいものです。

 

もうひとつ、花のことについて。

つい最近、店の前に飾った花の小鉢が盗まれたことを書きましたが、昨日も店頭に

飾ったばかりのアンスリュームという、一見造花のようにも見える、特徴のある立派な

花の植わった鉢が盗まれました。

 

同じ月に二度も!

早稲田で12年になりますが、これまで外に出しておいた花を盗まれることは

ありませんでした。

正直なところ、鉢や花を外に出しておくことに、最初は少々不安を感じたことは

ありましたが、これまでは盗むひとはいませんでした。

 

「アンスリューム」。

もし、不審者を見かけましたらご一報ください。

 

新たな手合いだとは思いますが、3度目は許しません。

防犯カメラの設置も考慮しなければ・・・・。

 

それにしても、ちゆきさんの歌は家族、きょうだいを歌う、しっとりした曲が多く

惹かれます。

けしからぬ花泥棒のことは暫し置いて、

 

あさみち ゆき これからも頑張れ!!。

 

  (役に立つ本のお知らせ)

     「わかる!使える!ホスピタリティの教科書」について、

     前回のHPをご覧ください。

     当店で1割引きで購入できます。

 

 


2014-04-21 14:37:00

先般、ブログで紹介いたしました「わかる!使える!ホスピタリティの教科書」です。

著  者  浦郷義郎

出版社   PHP研究所

定  価  1944円(税込)

 

アマゾンの書評欄で、千葉県の sally さんから 五つ星を賜りました。

勝手ではありますが,以下にその内容を抜粋し、掲載させていただきました。

 

  山ほどあるマーケティング書の中で、理論と実践が絶妙のバランスで

  論じられており、マーケティング論の入門書として最適

 

  どことなく抽象的で捉えにくい、ホスピタリティ・マインド

  著者は様々な具体例をコラムという形で提示しつつ

  なおかつ押さえなければならない各種マーケティング理論を

  噛み砕いて説明してくれている    

  

  各章の最後の確認問題で

  理解のセルフチェックできるのもよい

 

  ビジネスマインドの基本を学びたい方にも

  7年後の東京オリンピックで全世界からのお客様を

  ホスピタリティ・マインドで迎えるためにも

  すべての日本人に読んでほしい一冊    (以上 sallyさんのことばより)

 

少年の日に読んだイタリアの児童小説「クオレ物語」の心を、私は今も

忘れませんが、本書はマーケティング論、ビジネス書の域にとどまらず、

おもてなしの精神、心の書でもあると思いました。

 人としての「やさしさ」「気遣い」「思いやり」の心に満ち溢れています。

 

「3つのオレンジへの恋」もおすすめのこの本は、

これから就職活動を始められる方にも是非お薦めいたします。

 

なお、当店でお買い上げの方には、一割引きの価格(1750円)で販売させて

いただいております。

 この機会に、どうぞお買い求めください。

 


2014-04-07 16:50:00

この春、画家 森本計一さんの個展が、丸善・丸の内本店内ギャラリーで開催されました。

 

森本画伯は早稲田教育学部のOBで、大作「春風大隈講堂」は、小野講堂のある27号館

の地下ホールに展示されています。

森本さんの盟友で、グリークラブOBであるOさんのご縁で、私は数年前に画伯を紹介して

いただきました。

 

個展会場には何組かの「紳士」「淑女」がおられ、私は、ときおり顔を合わせるが、

接点がなく会話を交わすことはありませんでした。

 

夕刻、その「紳士」「淑女」たちと、画伯ご夫婦を囲んでの懇親会。

初め固かった雰囲気もアルコールが入り、少しずつ打ち解けてゆきました。

 

私は、世界を相手の画伯を前にして、自分の小学校時代のことを、臆面もなく披露

してしまいました。校外の写生会で、私の後ろで見ていた大人が感心して、なかなか

離れてゆかないで困った、という逸話でした。

皆が胸襟を開いての楽しい会となり、画伯の提案で「100歳になっても飲もう会」まで

できてしまいました。

 

・・・ 以前ブログに、早稲田教育学部の藤井先生による授業の発表会で、学生が

「3つのオレンジへの恋」を取り上げ、当店の様子を感動的に演じてくれたことを

書きました。

そのときの藤井先生がお見えになり、改めて謝意をお伝えできました。

素晴らしい授業を見せていただき、ありがとうございました。

 

・・・昨年の晩夏、早稲田を目指す一人の女子高生が「3つのオレンジへの恋」に

やってきて以来、そのご家族と心の交流が続いてます。

もうすっかり「長いお付き合いになった」娘さんとお父さん、今回は初めて

息子さんにもお会いしました。

初めてお顔を見たとき、しっかりした好青年だとわかりました。

 

会社時代にとんでもないストレスを抱え、子がその犠牲になったような

自分を振り返ると、妹さんともども立派なお子さんをもたれたこのお父さんに

羨ましさすら覚えるほどでした。。

入学式当日のことで何のお構いもできず、またゆっくりお会いできればと思います。

 

・・・ブログで、新刊書籍「ホスピタリティの教科書」(PHP研究所刊)をご紹介

させていただいた、ホスピタリティ研究所のM女史から。

私の卒業アルバムについての記事を見て、今度実家に帰ったら久しぶりに、

自分のアルバムを開いてみようと思った、とのメッセージをいただきました。

嬉しい反響でした。

 

この春、一人の少女が、思い出がいっぱいつまった高校の卒業アルバムを

見せに来てくれたことから、私の思い出が湧き出てきたのでした。

 

いよいよ、早稲田の1年が始まりました。

 

 


1