インフォメーション

2013-11-24 15:20:00

早くも師走が目の前です。

過ぎて見ると今年も早かった!。

 

長年活躍された歌手島倉千代子さんが逝去されました。

 

テレビが普及するまえ、ラジオから聞こえてきた島倉さんの歌う「東京だヨおっ母さん」や、「り

んどう峠」、「カラタチ日記」を始めとする純情ソングは、豪快な美空ひばりさん以上に幼い日の

私の心に沁みました。

島倉さんは東京品川区のご出身だそうですが、その歌は三橋美智也さんのように「ふるさと」を

感じさせてくれました。

 

私の娘が児童合唱団に所属していた時期、国立劇場の舞台裏で待機していた合唱団やお母

さん方の横を島倉さんが通りかかり、優しい言葉をかけてくれ本当に丁寧な態度で通って行っ

たそうです。

 

植木等さんも、テレビで見るそのままに愛嬌をふりまいていたそうですが、続いて現れた

某女性演歌歌手は、フンとばかりに全く子どもやお母さんたちを無視して荒々しく通り抜けて

行き、テレビで見る庶民的な態度との違いに、お母さん方は驚いたそうです。

 

たとえカメラや人の目のないところであっても、島倉さんのやさしさは見せかけのものでないこ

とが分かります。

天才少女歌手だった島倉さんの、誰にもマネのできない歌声は心のやさしさ、人柄から生まれ

たものだったと思います。

 

さて、12月には早稲田大学関連のふたつのコンサートが開かれます。

 

ひとつは、応援部吹奏楽団の記念すべき第50回定期演奏会です。

場所は新宿文化センター

12月9日(月) 18時半開演です

今回は50回目の節目のコンサートで、いっそうの熱演が期待されます。

 

もうひとつはやはり早稲田の誇る、今年創部100周年を迎えた名門クラブ、

早稲田大学マンドリン樂部です。

第191回定期演奏会が

川口総合文化センター リリアホールで開催されます。

12月13日(金) 18時半 開演です。

 

寒さがこたえるようになってきました。

「3つのオレンジへの恋」の熱々の「石焼きオム」を食べてかけつけましょう。

 


2013-11-08 13:34:00

例年、美しい紅葉を見せる北海道知床の樹木ダケカンバが、今年は紅葉しないうちに緑のまま葉を落としてしまったといいます。伝えたニュースでも夏の異常な高温のせいか、原因は不明とのことでした。

 

神田川沿いの桜並木の一部でも、紅葉を見せてくれる筈の桜の樹々が、9月のまだ暑いうちに緑の葉を落としてしまい、今年は歩道に散った朽ち葉もありません。

 

高温少雨だった今年の気象のせいなのか、何かの異変なのか気にかかりますが、大隈講堂前の大銀杏はいつものように黄葉をし始め、いまは緑と黄の葉が量感にあふれる豪華なグラデーションを見せています。

 

去年に続いて今年も秋が短かった気がします。

間もなく木枯らしが、樹々の葉を吹き散らしてゆく季節がやってきます。

「井の頭公園の歌姫」あさみ ちゆきさんが歌った名曲『木枯らし一号』の季節です。

 

これからの寒い日には、熱々の「石焼きのオムライス」ですね。

 


2013-11-05 13:03:00

一日目は思わぬ雨に降られた早稲田祭も終わり、昨日は臨時のお休みをいただきました。

今日から営業開始です。

 

早稲田祭の二日目に、ひとりの女性客が見えました。

店に入っていらしたときからニコニコとされているお顔に、見覚えがあります。

こんなにニコニコされているお方は、滅多にいるものではありません。

 

カウンター席に座られても、楽しそうなお気持ちが伝わってきます。

店のことを書いた「早稲田ウイークリー」の記事や「交換ノート」をご覧になったり、

やはりお一人で見えたお隣のご婦人と、親しそうにお話しをされていました。

 

早稲田祭の二日間は超多忙でしたが、お会計の際にようやくお話しすることができました。

その方は、お嬢さんの入業式)の日に見えたそうで、あれからもう7年になるとの

ことでした。

 

そうでしたか、もう7年も・・・。

 早稲田にも、「3つのオレンジへの恋」にも、きっと良い思いでが一杯だったのでしょう。

またやってきてくださいました。

嬉しいことです。

 

お嬢さんも(よい)お仕事についておられるとのことで、幸せそうなお母さんでした。

 

お声をおかけすることができてよかった、という一日でした。

 


1