インフォメーション

2013-05-27 17:50:00

先日、テレビ番組で、女優 鹿沼絵里さんについて放送していました。

 

美貌のモデル、女優として活躍された絵里さんのご主人は、俳優の古尾谷雅人さん。

10年前、有り余る才能を惜しまれながら、自ら命を絶たれてしまいました。

 

この日の番組のなかで映る古尾谷さんの表情はとても個性的で魅力にあふれ、あらためて

映画界が喪失した才能の大きさを思います。

「まだこれからでしょう」という思いです。

 

番組のなかで、絵里さんが葬儀の会場で毅然とふるまう姿が映りました、

妻がお通夜に参列して、「3つのオレンジへの恋」に戻ってきたあとに、「小さな事件」が

ありました。

どうやら、古尾谷さんか運命の神様が、「10年後」に何かが起こるように仕掛けたようです。

 

亡くなられてから9年目にあたる昨年、絵里さんがまったく突然、「3つのオレンジへの恋」に

顔を見せたのでした。

 

絵里さんはもちろん、私の妻も店のことが忙しくて連絡を取り合えていない時期だったので、

それは本当に奇跡と云ってよいほどの出会いでした。

 

テレビでは、絵里さんの証言をもとに、完全を求めるストイックな古尾谷さんが、仕事の選別が

激しくなって仕事の依頼がどんどん減ってゆき、よきパパから「ハイド」に変わっていった姿が

描かれました。

 

小学校でこども同士が古尾谷さんと同級だったので、私も参観日か運動会のときだったか、

お見かけした絵里さんはサングラスをかけていました。

女優だからだと思っていたサングラスの理由は、あとで絵里さんの手記を読んで知りました。

 

テレビ放送では、さらに絵里さんのご両親についての辛い体験が伝えられましたが、常に支え

になっていたのがお嬢さんや息子さんだったそうで、絵里さんを続けて襲った悲劇のなかで、

同じ年の子をもつ親として救いを感じました。

 

私自身は、不器用にしか生きられなかった会社員時代、ストレスを抱え込んで、家族に、

こどもに厳しくあたっていた苦々しい時代がありました・・・。

 

絵里さんはしばらくの間、「3つのオレンジへの恋」に顔を見せ、それまで言葉を交わした

ことのなかった私も絵里さんと話をするようになりました。

あれほど作品にうるさかった雅人さんが好きだったという洋画の趣味が、私と一致したことが

わかり、嬉しく思ったものでした。

 

いまは、介護ヘルパーとして甲斐甲斐しく働く絵里さんの姿が伝えられましたが、番組内で

淡々と語る姿は美しく、テリー伊藤さんも「是非、また、女優として戻ってきてもらいたいね」と

云っていました。

むべなるかなです。

 

来店したときに、絵里さんの嗜好品にかかわる小物がついた、お揃いのキーホルダーを

ひとつお渡ししたところ、ご長男が気に入ってしまい使っているとのことでした。

「パパとおそろでなくて残念だったね」と云われました。

絵里さん、是非またお顔を 見せてください。

 

(関連ブログ)

    「3つのオレンジへの恋の物語・・・オムライス屋さんのお話」から

        13/1/4  「(古尾谷さん)不思議の輪の完成」

        12/6/1  「フルオヤさんとの不思議」

        12/2/21 「フルオヤさんのこと」

 

 


2013-05-21 11:48:00

当店の前で、タバコを吸ってゆくひとがいます。

朝、来てみると、セロハンの包装を剥がし、灰を落として、吸い殻を捨ててゆく・・・、

一連の行動そのままの痕跡を残してゆきます。

吸い殻は、建物入り口横の階段の前や、道路に捨てられていることもしょっちゅうです。

 

未成年者の喫煙やアルコールは禁止されていますが、人前での喫煙、

歩きタバコ(特に風上にいるときは厳禁、風下には幼児やお年寄り,

タバコの煙を嫌うひとがいることも多いのです)、ポイ捨て等、公衆道徳、

モラルを守れないひとへの販売も禁止してほしいものです。

迷惑な喫煙者は、町の嫌われ者です。

 

いま、タバコの害を訴えるイベントのチラシが、店頭に貼ってあります。

是非ご参加ください。

 

地道な禁煙活動を続けてこられたみなさんのおかげで、電車やタクシー、病院や学校、

公共の施設などでの禁煙化が進みました。私が学生時代、法学部のラウンジはタバコの

煙と匂いで最悪の環境でしたが、現在は驚くほど改善されました。

 

 

 

「世界禁煙デー記念イベント2013」 (入場無料)

日時 : 6月1日(土) 13:30~16:00

場所 : 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

 

特別講演会 

        「PM2・5と健康」

            ほんとうに怖いのは何? ~測ってみてわかったこと~

        講師  大和浩 産業医科大学 産業生態科学研究所 教授

 

パネルディスカッション

        「タバコと健康 真実が伝わらないのはなぜ?」

        

 パネリスト     

         大和浩    (肩書き上掲)

         小宮山洋子 (元厚労大臣)

         田中謙    (関西大学教授)

         村田陽平   (「受動喫煙の環境学」著者)

         藤本祥和   (ラジオCM・番組ディレクター)

         村松弘康   (医師)

 コーディネーター

          松原幹夫   (タバコ問題首都圏協議会 事務局長)

          橋本美香   (「制服向上委員会」会長)

     

 当日は、社会派アイドルグループ「制服向上委員会」のミニライブや、日本禁煙学会による

「2012年度 無煙映画大賞 授賞式」、「スモークフリー ウオーク」もありますので、ふるって

ご参加ください。いずれも参加費は無料です。

 

チラシは店内にもおいてあります。

 問い合わせ先 タバコ問題首都圏協議会(MASH)

           TEL 03-3222-6781

 


2013-05-14 17:35:00

 

当店内に展示されている、大学風景を描いた絵画が好評です。

これまでにも何回かふれましたが、どなたが描かれたのですかと、よく訊かれます。

 

作者は中喜一さんという早稲田のOBで、大学の職員を勤めあげられましたが、

残念ながら数年前にお亡くなりになられたとお聞きしています。

 

中さんのご生前に、目の前の小野記念館一階ギャラリーで作品展を開催したときに、

「3つのオレンジへの恋」とのご縁が生まれました。

 

そして、長年にわたり中さんがカレンダー用に、その絵画を提供してきた早稲田大学生協さまと、

ご本人の快諾により、店内に作品を飾らせていただくことになったのです。

 

当店の雰囲気に溶け合う中さんの優しい画風は、日々訪れる多くのひとの目を楽しませ、

心を癒してくれます。

お客様の反応を見て、あらためて絵画のもつ力を知らされます。

 

「オレンジ ギャラリー」を中さんにご披露できなかったことは、つくづく残念に思いますが、

中さんの「魂」とその作品は、「3つのオレンジへの恋」のなかで生き続けています。

 

先日、テレビ朝日の夕方のニュース番組『Jチャンネル』で取り上げていただいたときにも、

店内に展示してある中さんの絵が、テレビの画面のなかに美しく映りました。

中さんも天国できっと喜んでくれていることとと思います。

 

私は、小・中・高と美術クラブに所属しましたが、高校を卒業してからは絵を描く機会はなくなりました。

いまは、絵筆ならぬ慣れぬキーボードで、HPやブログを書き綴っています。

 

一瞬にして人の心をとらえることのできる、絵画の力に羨ましさを感じつつ、

読んでよかったと、たった一人でも共感していただける方がいればとの思いです・・・・。

 

 


2013-05-01 13:25:00

 

ついこの間、見事な黄葉を見せていた大隈講堂前の大銀杏の木は、木枯らしの季節も過ぎ、

いまはまた、淡い緑の葉に美しくおおわれています。

 

きょうから5月。

『First Of May』は、ビージーズの『若葉のころ』のオリジナルタイトルです。

「First Of May」という言葉は、若い日の悲しい恋の思い出を歌うこの曲のなかで、

「5月の初めになると 泣いてしまうだろう」と歌われる、歌詞の一部です。

 

私の母が小学校の遠足で訪れ、父からも「行ったらいいぞ」と勧められていた男鹿半島。

それから何十年の後の若葉のころに、ひとりこの曲を聴きながら、半島をバスで巡りました。

観光船から見えたのは、かつて父や母、優しかった母の姉や父の妹たちが見たであろう、

眩い陽光に輝く5月の、青く美しい日本海と男鹿半島の雄大な風景・・・。

 

ビージーズが切々と歌う、この名曲の邦題は『若葉のころ』。

余韻のある素敵なタイトルです。

 

さわやかな5月、「3つのオレンジへの恋」で、素敵な思い出をつくりましょう。

 

 5月7日(火)より 営業いたします。

 


1