インフォメーション

2012-01-23 10:56:00

私は、昭和44年に法学部に入学しました。

よくあるケースで、、私も、直後は法律を勉強しようと、創法会に短期間だけ入っていました。

その新歓コンパの席で、クラスは違ったのですが、気さくなY君と知り合い意気投合しました。

 

卒業後は交流がありませんでしたが、数年前、「覚えてるかい」とヒョッコリお店にやってきました。

「覚えてる、覚えてる」、すぐに分りました。

気さくな彼は、同級生よりも記憶に残っていたのでした。

 

彼は、一度会社に勤めた後、今は、長野県松本の大学で教職に就いていました。

以前、「早稲田学報」に投稿させていただいた拙文を読んで、私のことを知ったそうです。

 

先週、その彼が久々に顔を見せてくれました。

そのとき、「いわれのない誤解」があったことが判明しました。

 

私は、フランス語クラスで、彼はドイツ語クラスでした。

彼は、どんな経緯であったのか、私が入試の外国語をフランス語で受けたと思っており、

フランス語だと、英語よりも難易度が低いので(真偽のほどは不明)、

「ズルをして入った」と思っていたそうです。

 

彼は、「当然」英語による入試で、二浪して苦労の末受かったということで、

私への親しみとは別に、妙な「思い込み」、「誤解」を、長く引きずっていたのでした。

私だって一浪だし、英語で受けたのだからと、思いもしなかったことを力説して、

漸く、Y君が長い間抱いていた疑惑を取り払うことができ、めでたしでした。

もし、彼との再会がなければ、私は一生いわれのない「濡れ衣」だったのですから。

ひとは、いわれのない誤解を受けるのは避けられないものかもしれません。

 

そのY君から、休みのときに、長野に来ないかとお誘いをもらいました。

私の同級生に須坂出身のN君がいて、1年のときから、夏の志賀高原や、

冬のスキーを楽しませてもらった思い出があり、

長野は青春の思い出の県です。

 

北杜夫や新田次郎の小説にもよく描かれていた。

また行きたいなあ、信州。


2012-01-13 00:00:00

当店のコーヒーは、プロの評価が高いコーヒー豆焙煎業者の、深入りの豆を使用しています。

開店以来コーヒー通の方、コーヒー好きの多くの方から、「美味しい」と好評です。

通常450円ですが、ランチタイムのセットの場合、プラス200円でサービス。

先日、初めてお見えになったご夫婦が、オムライスを召し上がった後に、セットでコーヒーを頼まれました。

 

透明ガラスのカップに淹れたコーヒーを見た奥様が「薄い!」。

ご主人がすかさず「200円だから!」。

 

透明のカップは光を透すので、視覚上、陶器のものよりコーヒーの色が薄くみえます。

私は、これは200円で売るような、安コーヒーではないことを説明しました。

 

しかし、「好みが這うから」と、思い込みは変わらないようでした。

嗜好品ですから、ひとそれぞれですが・・・・。

少々悔しい気でした。

 

思い込みといえば、間違い電話でこんなことがありました。

ある日、年配の女性から、8度も9度もかかってきた間違い電話は、「シルバー人材センターか?」というものでした。

妻が応対して、「番号が似ていてよく間違えられるので、おかけ直しを」と言ったのですが、またかかってくるのでした。

 

10度目だったか最後に、私が出ると、相手は男性の声で、「奥さん(?)が役所から教えられた電話番号だ、本当に違うのか」とえらい剣幕。

「シルバー」の電話番号は、当店の番号とは「5」と「8」の数字がひとつ違うだけで、押し間違えが起き易い。

プッシュホンだと、5 と 8 は画面上下の位置に並んでいます。

 

その奥さん(?)が聞き違えたのか、番号の記載ミスか、番号押し間違えか当方では分りません。

いずれにしろ、はた迷惑な話で、食い下がられても困るのです。

 

これまで、「シルバーですか」と、かかってきた間違い電話の多くは、プッシュホンの番号押し間違いのようです。

同じ指の動きなのでしょう、2~3回続いたこともありましたが、たいていは鄭重に詫びてくれました。

 

有名な大企業宛の間違い電話や、一度など偶然にも、私が嘗て勤めていた会社宛というものもありました。

思わず「はい」と言いそうに。私宛ではありませんでした。

当店の電話番号は大手企業や、公共が使う番号に似ているのかもしれません。

 

話を戻しますと、えらい剣幕の男性は、当方が公共施設であると思い込み、間違った番号を言ったと大クレーム。

私は「こちらは民間のレストランで、そんなことは言うこともない」と云うと、

「それならば、そちらから役所に、間違い電話番号を教えるなと注意しろと言え」と、どこまでも追求され閉口しました。

 

むかし、森繁久弥さんがこんな短詩を朗読していました。

 

ひとは道を歩いていて転ぶと

坂のせいにする

坂がなければ

道に転がっている石のせいにする

石がなければ

靴のせいにする

靴のせいでなければ

(ここで終わりか否か憶えていません)

ひとは最後まで自分のせいにはしたがらない

 

至言です。

かく云う私だって !?

  


2012-01-09 11:30:00

新年の営業開始日を、1月10日よりと、ご案内しておりましたが、

大学の授業開始日が1月11日からとなっていたことから、

  11日より 営業開始

とさせていただきます。

申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。


2012-01-08 15:50:00

もういくつ寝るとお正月

お正月には 「怒られて!」

独楽を 回してあそびましょ

早く来い来いお正月

 

2歳になる女の子の孫が、なぜか、「凧揚げて」を「怒られて」と覚えて、

4歳の兄と歌っていました。正月早々、怒られたわけでもないだろうに、

つい笑ってしまいました。

 

父は私がこどものときに、 そして私の息子にも、凧を買ってくれました。

もう50年以上も前、私は、俳優、田村高広さんの邸宅が建つ前の原っぱで、

そして息子は相模川の河川敷で、父と一緒に、凧をあげました。

私も来年は凧を買ってあげよう。

「怒られて」と歌わないように。

 

お正月休みは、おとなにとっても待ち遠しいものです。

私自身、父が健在の頃、正月に実家に帰ると、父が焼いた餅で、

母が作ってくれるお雑煮を食べるのが楽しみでした。

自分が若く、両親も元気でいることの幸福は、何ものにもかえることはできません。

 

幼い日々の思い出、いつまでも記憶に残るよう、大切にしてあげたいものです。

 

いよいよ、11日から営業の予定。

(営業は11日からに変更させていただきました。)

今年も、皆様とよい思い出がつくれると幸いです。

 


1