インフォメーション

2011-08-31 13:18:00

「名門!」。

 

当店も「オムライスの名門」と言われるようになりたいものです。

 

 

(文中お知らせ)

9月7日(水)より営業いたしますのでよろしくお願いいたします、もう少しお待ちください。

 

 

冒頭の「名門!」の掛け声、歌舞伎の席ではありません。

初めて耳にしたのは、今はもう懐かしいシーンとなったハンカチ王子、斉藤君が1年生で初優勝、早稲田キャンパスでの優勝報告会でのことでした。

 

応援部員や野球部員が自己紹介で自分の出身高校を名乗るたびに、超満員の観衆、男子からも女子からも明るく「メイモーン!」の掛け声が飛びました。

 

私の在学時にはそんな習慣がなかったので最初は出身校によるのかと思いましたが、すぐに全員に対してであることが分かりました。

 

いつごろから習慣、慣例になったのかわかりませんが、面白いと思いました。

大学1年で初めてクラスの中で自己紹介するとき、サークルや部活で、

名前に続いてまず出身高校を名乗るとき、「名門!」とくるリズム感がとてもよいです。

 

わたしたちの時代、40年も前であれば頭に「イヨッ!」をつけたいところですが、そうでないところがスマートです。

 

全国から学生が集まる早稲田大学。そこに集うことのできたひと、出身校はみな名門です。

 

私は旧制府立高を前身とする都立高校の出身で、大学のクラスの仲間となったメンバ-には同じ学区の出身者が3人いました。

そのうちのひとりは都立高の中でも東大進学者数の数を誇る「名門校」でしたが、ことあるごとに、

「所謂名門校」でない他の高校を馬鹿にするのでした。

 

わたしは初めは笑っていましたが、重なる「暴挙」に反撥し、云いたくない言葉も発しなければなりませんでした。

 

上手にかわせばよかったのですが・・・。

 

最近になって友人の何人かは私がそんなに嫌がっていると思わなかったといいます。

 

イジメが社会問題になってもう何十年になるのか。自殺者、被害者が出るたびに、学校側は気がつかなかった、そんな事実は知らなかったと言い訳します。

 

回りの同級生も知らぬ顔をしているのか、本当に気が付かないくらいに巧妙なのか。こどものときから、こころ優しい弱いひとに、そんな悪い「知恵」など使うものではない。そんなものは、大人になって悪い奴と戦うときに使うものだ。

 

私のこの場合はイジメではないけれど、ことほど左様に人間はひとの嫌がることに本当に鈍感です。見て見ぬふりもあるでしょう。平和憲法や人権論をぶつ友人、人間にしてこの通りです。

 

最新のニュースで、またも、イジメがあったと思われる中学生が、母親の目の前で飛び降り自殺をするという悲惨なできごとが起きてしまいました。絶対にあっってはならないことです。学校側、生徒側は陰惨なイジメにどう言い訳をするのか。

 

人権擁護を標榜する日教組はどうしたのだろう。

 

地震や津波、原発の被災者に暖かな気持ち、援助を送る人間と、自殺にまで追い込んでしまう悪辣で陰湿な人間とは本当に同じ人間という種族なのか、絶望感に襲われます。

 

「そんなに嫌がっていたとは思わなかった。調べたがイジメがあった事実はなかった」という言葉だけは聞きたくない。

政権も変わったいま、バラまき政策など止めて、いいかげんに文科省はイジメ対策に真剣に取り組め!。

もうこれ以上大切な若い命を失わせることはあってはならない(怒)!。

 

 


2011-08-27 11:16:00

最近、「都市伝説」という言葉を見かけたり、耳にします。くわしいことは知りませんが、怖そうな「学校の怪談」よりはロマンがありそう?

 

ところで、これは都市伝説なのかどうかわかりませんが、ビール等アルミ缶のプルトップについてこんな噂があります。

「プルトップだけを缶の本体から取外して、これをまとめてあるところに送り、そこでドラム缶何本分かたまっると車椅子に交換してもらえる」

 

私の妻は友人からこの話を聞いて、日常のささやかなことで社会貢献ができるのならばと、私の飲む缶ビールのプルトップをこつこつ集めました。

 

プルトップひとつはわずかに重さを感じることができる程度のものですが、これが何十、何百とたまると見掛け以上の重さとなり驚かされます。

 

妻はまとめたプルトップを入れた袋をときどき友人に渡していましたが、会う機会がないときなど、どんどんたまってゆくプルトップの重さは冗談ではないのかと思うほどになり、とても持ち運ぶどころではありません。

 

そこで自宅マンションの清掃・整美をしているひとにその話をしてみたところ、ご存知なく、役所や関係先にも問い合わせてくれましたが、「ドラム缶」、「車椅子」というキーワードは出てくるものの、どこに送ればよいのか、どこが扱っているのか分からないとのことでした。

 

結局、集めたプルトップは行き場がなく、空き缶としての資源ゴミ扱いにもならず、不燃ゴミとして迷惑気味に処分されたようです。以後我が家では、この「運動」は止めることにしました。

 

「車椅子」の話、趣旨はとてもよいと思うのですが、繰り返すことで有名になった「あの公共広告機構」でも云わない。

 

これは「都市伝説」なのでしょうか?

 

それとも「いいえ 誰でも」。

  


2011-08-11 12:00:00

当店の入り口、ドア横のカゴの中にタマゴが10数個おいてあります。

ときどきお客様が手にとります。

 

ある日、一羽のカラスがこのタマゴを狙って羽ばたいて近づきました。盗まれては大変と追い払いましたが、カラスも逃げながら「とあること」に気がついたようでした。

 

実はこのタマゴは本物そっくりのイミテーションなのです。

これまでにもカラスがこのタマゴの傍にある木製の看板の上にとまっていたり、電線の上から窺っていた気配がありました。きっと初めは本物かと思って狙ってみたものの、動物界きっての知恵者カラスのこと、すぐに気がついたのでしょう。

 

一方で好奇心旺盛のイタズラものカラス、オモチャにもっていかれないでよかったと思います。冒頭のカラスはきっと若いカラスで、またひとつ賢くなったことでしょう。

 

(8月営業日のお知らせ)

前半は 8月12日(金) まで。8月前半の最終日です。是非お出でください。

 

8月後半は 8月23(火)、24日(水)、25日(木) の3日間営業の予定です。

 

 

営業日の予定は随時更新いたしますので、申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

 

 

それにしてもこの「たまご」、人間は直接手にしても本物と思うひとが多いのに、遠くから見分けるカラス、動物の知恵、能力の高さ。あなどれません。

 

先日は店の前から飛び立った昆虫、あまり早く飛び去ったのでバッタなのか何なのか分からないそれを、植え込みからあらわれた一羽のスズメが急襲、みごと空中で一撃、地面に落とした獲物を加え去りました。

 

大学も完全に夏休みモード。こんなところにも小さな野生がありました。

 

 

 


2011-08-09 13:05:00

暑さのなか、無事オープンキャンパスが終わりました。2日目の夕方には、土砂降りの大雨となってしまいました。

キャンパスを訪れたかた、お疲れ様でした。

 

今年も早稲田を目指すみなさんと嬉しい出会いがありました。

OGの母親は「じぶんたちの学生時代にこんな店があったら毎日来たのに」と云ってくださいました。

学生によい店を尋ねたら、このお店を教えてくれた、ヘルシーでとても美味しかったとも。嬉しいことです。

学生さんウソつかないですね。

 

満席で入れなかった方、申し訳ありません。

 

大学もいよいよ本格的な夏休み体制で、当店の営業も変則的となりますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 


2011-08-02 10:37:00

早稲田の森に遅かった蝉も泣き始め夏の季節感が出てきました。

そして今年もオープン・キャンパスの季節がやってきました。

大勢の高校生、受験生に早稲田のキャンパスを楽しんでいただきたいものです。

そして「3つのオレンジへの恋」でオムライスを食べよう!。

 

私の好きなもの。

 

「大隈講堂」、「大学正門前の風景」、「演劇博物館」、「早慶戦」、「箱根駅伝」、「ラグビー」、「都の西北」、「紺碧の空」、「コンバットマーチ」、「早稲田の栄光」。 「3つのオレンジへの恋」。

 

早稲田の思い出は一生もの、是非早稲田に来てください。

 

早稲田大学のこともいっぱい!ブログ「のオムライス屋さんのお話」も是非ご覧を(このHPからリンクできます)。

 

(お知らせ)

オープンキャンパス8月6日・7日の2日間、店内で早稲田大学応援部オリジナルの「えんじTシャツ」を販売しています。

(1枚1200円。早慶戦特別仕様、サイズL・S。代金のうち200円を東日本大震災義捐金として寄付させていただきます)

 

(後記)

オープンキャンパス初日、おおぜいの方にきていただきました。

席がなく入れなかった方には申し訳ありませんでした。

早稲田を目指す方の若々しいお顔、いいなあ。

2日目もよろしくお願いいたします。

 

 


1