インフォメーション

2011-11-25 19:30:00

早稲田大学応援部のチアリーディング ステージが、ことしで30回目を迎えました。

30年前というと、昭和48年に私が法学部を卒業してから8年後のことになります。

 

早慶戦、神宮球場1塁側では、早稲田の学生は、特に男子学生はみな、

3塁側に遠く見える慶応のチアリーダーが華やかでうらやましく、

「花は桜木 男は早稲田」にはチアリーダーはないものと思ったものでした。

 

立派なチアリーダーがいる今は、慶応にあって早稲田にないのは医学部だけ?

 

当店は、2002年4月オープンの年に、ひとりの新人応援部員T君が顔をみせてから、応援部とのお付き合いが始まりました。

 

「えなりかずき君」似の制服姿が初々しいT君は、まだあどけなさが残り、応援部で大丈夫だろうかと心配しました。

杞憂で、4年生では副将となり、社会人になってゆきました。

以来毎年、リーダー、チアリーダー、吹奏楽団のみなさんとの交流が続いています。

 

「えなり君」と同じ会社に入社した元副将のK君も、この店を愛してくれたひとりです。

リーダー以外で吹奏楽団から初めて副将になったK君は、応援部を引退したあと、オールバックにきめていた頭髪から、さらさらヘアーの爽やか青年姿に変わって現れ、見違えてしまい、笑ってしまいました。

 

副将では、高倉健のようにストイックなA君もカッコよかった。

「神宮の特設ステージ上の鉢巻き姿は歴代でもトップクラスだと思う」と本人に伝えた。本人からは、「歴代を全部知らないでしょう」と突っ込まれて、「小生が知っている限り」と言いなおしましたが、少し前の時代を思わせる真面目な姿はやはりよかったと思う。

 

応援部とのお付き合いもほぼ10年になりました。

私の学生時代は、怖いイメージがあり近づきがたかったものでした。

実際はひとりひとりがみんな礼儀正しい好青年、好女子でした。

 

2年前の応援部主将Y君は、秋の早慶戦前、野球部の主将Y君とは気が合い、自分と「山々コンビ」でがんばると言っていた。

結束の強いその二人が率いる、4年生最後の早慶戦はテレビで見ていました。

早稲田は一方的な敗色濃厚でしたが、最終回に2アウトから劇的な連打が続き、ピンチヒッターで出た主将もヒットを打ち、すごい盛り上がりをみせました。

ベンチも、ヒットを打った選手も奇跡を信じて、もう、みんなが泣いていました。

これはテレビならではの映像でした。

このとき、1塁側スタンドでは応援部全員が、身も砕けよとばかり、渾身の応援。

NHKの実況アナウンサーは、よく調べていて、控えに回っていたY主将がよくチームをまとめていたこと、次々と代打で登場してくる選手たちを、手際よく紹介していました。

 

「稲穂祭」での、選手ひとりひとりの挨拶、顔が重なり、私もテレビの前で大泣きしてしまいました。

 

早稲田は結局負けました。4年生を優勝で送れなかった斎藤佑樹投手も泣いていましたが、長い早慶戦の歴史でも、最後に意地をみせ、これほど感激させた敗戦試合は珍しいのではないでしょうか。

 

そのときの応援部主将Y君は、来年就職とのことですが、いまは応援部と縁の深いM酒店で働いており、先日、当店に顔を見せてくれました。

いまはリーダー主将の重圧もないY君は、見るからに好漢、好青年でした。

 

そして先週は、チアステージの前に、チア4年生Aさんのお母さんがみえました。

お母さんのお話しによるとAさんは、高校のときに、オープンキャンパスで応援部に出会って感激し、自分も「ビッグベアーズ」の一員になると誓ったそうです。ときにはネット越しに彼女らの練習を見て、夢を育んでいたそうです。

 

念願かない入学したAさんは夢を実現しました(エライ!)。

お父さんは入部に反対したそうですが(気持ち分ります)。

 

女優「菅野美穂」さんに似ているAさんは、明るく闊達なお嬢さんですが、チア1年のときには随分悩んで、涙の日も一杯。

練習はきつく、疲れ果てて寝てしまい終電車で駅を乗り過ごすことも日常、お母さんの「車出動」も度々あったそうです。

Aさんも、チアのひとたちも、皆そんなことは微塵も感じさせずに満面の笑顔で、元気に活動していますが、

あの美しい演技の裏には、やはり厳しい練習があったのです。

 

お母さんは「美穂」さんに薦められたのでと言って、お友だちとみえました。農大の応援部で息子さんが活躍しているというお友だちと、本当に喜んでいただけた様子で、当方も楽しいひとときを過ごしました.

 

リーダー、チアリーダー、吹奏楽団のみなさん、一人ひとり思い出がありますが、とてもこの店が好きだといってくれた「菅野美穂」さんとお母さん、忘れられないひとり(ふたり)です。

 

あの日、「ビッグベアーズ」を夢見た少女は、12月7日、応援部吹奏楽団の、第48回定期演奏会の出演を最後に、4年間の活動を終えて、来春、いよいよ卒業してゆきます。