インフォメーション

2011-10-19 00:01:00

 

詩人、三好達治は昭和39年に急逝する1年前、

 

「おれは俳人になったらよかったかも知れない。」  

 

友人の石川 淳に、ぽつりとそういったそうです。

それ以上その話をする機会がないまま、三好達治は亡くなってしまった。

 

三好達治と俳句に「かかわり」があったとは、嬉しい気がします。

もし、三好が俳句を作ったらどんな作風になったのか。

その念頭には芭蕉の存在もあったことでしょう。

歴史の「もし」がまたひとつ。

 

三好の年譜によると、三好は昭和24年から亡くなるまで、世田谷区の代田1丁目で間借り生活をしていたそうだ。

 

私が少年時代に住んだ町、ほんの15分も歩けば、三好の散歩姿を見かけていたかもしれなかった。

 

日本人が、戦後最大のできごととして記憶している、

昭和39年の東京オリンピックの年に、

この大詩人は独居している自宅で、狭心症を発病、

半年後の10月に開催されたオリンピックを見ることなく、

4月5日に逝去しました。

享年63歳7ヶ月。

 

三好が代田に移り住んだその年に、私は生まれ、少年期を「隣まち」で過ごしていた。

 

最近になって、三好の本を見直すまで、そんなことは何も知らずに、

偶然に三好達治を俳句と並べて書いたことや、

三好が住んだ同じ時期に、同じエリアに住んでいた、私の少年期。

 

こじつけ気味ではありますが、この孤高の詩人と

「かかわり」があったかと思うと、ふと、嬉しい気に。

 

それにしても、三好達治が東京オリンピックを見られなかったのは、本当にもったいなかった。

この詩人による、オリンピックを讃える詩や文を見たかったと思うのは・・・・。

そして幻の俳句。

 

 

(お知らせ)

10月22日(土) は 申し訳ありませんが、臨時で お休み させていただきます。