インフォメーション

2011-10-29 10:54:00

昭和30年代、各家庭に電話はまだひかれていなかった。

 

私の家は官舎で、9戸が並んでいたが、たまたま、業務上置かれる一つの電話を、わが家に設置することになり、ほかの家は「呼び出し電話」ということになった。

 

当時、呼び出し電話は普通で、たいていは住所録の電話番号の頭に、「呼」の字を 〇 で囲むか、カッコでくくってある。

ていねいな場合には電話番号にも「誰それ方」がついている。

 

そういえば、中学時代の思い出の少女の家も、呼び出し電話であったのが懐かしい。

呼び出しの電話をかけたことがあったような気がする。

本人が電話口に出てくるまで、とても長く感じる。

意中の女性のときにはドキドキする。

待った挙句に不在のこともある。

 

9軒に一本の電話器、

ほかの家にかかってきた電話を伝えにいかねばならない。

「〇〇さーん(△△さんに)お電話でーす」

「はーい」のやりとり。

取り決めでは、夜7時半か8時くらいまでだったと思うが、うんと遅いこともあった。

 

大変であった。

呼び出し電話は、テレビを見ていても、食事中でも、大雨でも、寒くても、おかまいなし。

当時の東京は雪が多く、足元が悪いことも多かった。、

 

そして玄関先での電話。

こちらは、戸を閉め、テレビを見たり、何かをしているので聞いてなどいないが、

年頃の娘さんが結婚近くなると、男性からの電話が増えるので分るようになりました。

受話器をもった身体を玄関の外に出して話している。

 

私たちよりも10歳以上うえの、大人のその女性は、頻繁に電話が続いた後、稼いでいった。

逆に、女性から男性への電話が続いた後、暫くすると、いっしょに遊んだ年長の男性は結婚して官舎から出ていった。

ほんの少しずつ「人口」が減っていった。

 

結婚により特定の電話は減ったものの、相変わらず呼び出しは続いた。

 

それでも、やがて、各戸が電話をひくようになり、呼び出しの苦役はなくなりました。

 

そのうちに、私も長電話の楽しみ。

どうでもいいことを話していた。

初めは男子のともだちだった。

ダイヤル式の黒い電話で話すのは楽しく、「文明」、「夢と希望」を感じた気がする。

 

そしていま、携帯時代。

ひとりで何台も持つ、小学生の子どもだって持っている時代。

 

しかし、私は携帯をもたない。

幸いなことに、いまは、四六時中、連絡をとらなければならない相手も、用事もない。

 

携帯があれば深まるのかもしれない部分は、分らないでもないのだが。

携帯がないと保てない関係もいやだ。

 

万一のとき、緊急時には困るが、それも運命と思っている。

私は少数派だろうか?。(間違いない!)

 

「3つのオレンジへの恋」が好きなひとは少数派ではありません。