インフォメーション

2011-09-27 13:29:00

 

あれは私が小学校6年生のときのことだったでしょうか。

帰宅するため、渋谷駅前から世田谷方面に向かうバスに乗った私は、降車ドア近くの

横長座席に腰を下ろました。

 

たしか夜の8時も過ぎた頃、外はすでに暗く、車内の乗客は僅かでした。

 

ふと最後部の方向に目をやると、ただひとり、色白で丸顔、日本人形のように可愛らしい少女が

きちんとした佇まいで、まっすぐに前方を見ていました。

 

私は、気になってときどき少女を振り返りました。

少女はあいかわらず、まっすぐ前方を見てこころなしか微笑んでいるようにみえました。

 

短い乗車時間が過ぎ、私は後ろ髪を引かれる思いで少女より先にバスを降りました。

少女はまだ座ったままでした。

年齢も学年も、小学生なのかどうかも分らないまま。

 

それから時間が流れた後、再度、バスの中で少女といっしょになりました。

あのときと同じシーンが繰り返され、少女は後部座席に座ったまま、私が先に降りて

ゆきました。

 

やがて私は、そのバス路線の中にある区立中学に入学しました。

当時はベビーブーム、団塊世代の生徒は男女とも大人数でクラスは10もあって、

誰が何年生なのか、どこのクラスなのかとても見分けることなどできませんでした。

 

新しい学園生活が始まり、その少女のことはもう忘れていたが、 あるとき、校内の人混み

の中に、その少女らしき姿を見かけたような気がした。ほんの瞬間であったが、バスの中にいた

少女のようだと思った。

 

それは後になって観た、私が好きなミュージカル映画「南太平洋」のなかの「魅惑の宵」の

ジーンのようだと思った。

雑踏のなかにそのひとを見つけた。

 

校内の廊下で、移動する生徒の人混みのなかでハッキリと顔を見たわけでないし、だいいち、

あの日、いまほど明るくはなかったバスの車内照明の下で、ほんの数回振り返って見ただけの、

あのときの少女の顔だって憶えていたと云えただろうか。

 

その少女であってほしいと思う一方で、いくらなんでも都合よく同じ中学にいるはずはないとも

思った。

 

2年になってクラスがえがあり、、新しいクラスにその少女がいた。

自分でもそのひとなのかどうか半信半疑であったが、住所録で彼女がそのバス路線を使う

ことがわかった。

 

いっしょに勤めたいものだと思った学級委員長になって、奈良・京都修学旅行のときには、

連日、整列で二人はクラスの先頭に立った。

照れくさいが、うれしかった。

ふたりが並ぶ機会がなくなる就学旅行が終わるのが寂しかった。

 

学級委員長会議に二人で出席することはあったが、少女と特別な出来事や思い出はなかった。

それでも中学時代の幸福な時期だった。

 

中学卒業の前だったか卒業後か、クラス会か何か打ち合わせのため、私は男のクラスメートと

一緒に彼女を自宅に招いた。

彼女は、小学校時代のあの日、一足先に私が降りたバスの停留所から、私が教えた道を

辿ってきてくれた。

 

緊張してしまい、男子の友人がいてくれてよかったと思った。

一方でふたりだけでいたかったという矛盾した思い。

 

母が出してくれたお茶を飲みながら、バナナの皮をどちらからむいて食べるかを話したが,

ほかは覚えていない。

彼女の白いブラウスが眩しかった、

慎ましく品のよい姿だけが思い出。

 

後にピアノを専攻したという彼女は、中学のすぐ近くの名門都立高校へ進み、

違う都立高校に進んだ私は、いつしか、彼女のことは忘れていった。 

 

バスの中のあの日の少女は。あの日何度も後方を振り返った少年がいたことを

覚えているだろうか。

彼女が学んでいたというピアノの楽曲の演奏とともに、ついに聞くことはなかったが、

バスで偶然に一緒になった少女と同じクラスになれたという幸運だけでよかった。

 

こんなことって絶対に誰にもあることではないのだから。

 

 

(思い出の想い出)

 

クラス委員には学級委員長、厚生委員ともうひとつたしか図書委員があり、学期ごとに

選出された。

 

修学旅行があった1学期、私は心の中でその少女と一緒に学級員長になりたいと

思っていました。

クラス替えがあっで、まだ知らないひとだらけの2年生の新学期。

委員長候補は男女とも立候補はなく他薦でした。男子は私を含め3人くらいが候補に。

黒板に正の字が書かれてゆき、私が選ばれました。

 

女子からは彼女を推す声が出て、投票なしでその少女が選ばれたと思います。

彼女は物静かで穏やかな性格でしたが、可愛らしくて、性格も成績もよい彼女は、

どちらかというと男子よりも女子に絶大な人気、人望がありました。

 

この想い出では、幸運の女神は十分に微笑んでくれました、

学区が違ったその中学に私が越境入学できたのは、、叔母の住まいを住所とし手続きを

とってくれた、父親のおかげでした。

 

私が利用できるバスは3~4路線あったが、たまたまそこに停まっていたバス。

彼女が利用するのはそのときの1路線だけだったと思います。

あの頃、世田谷を走るとはいえ、小学生の少女がひとりで乗るには遅い時間帯のバスでの

出会いと、その後のいくつかのできごと。

 

重なる偶然や、私の進学を思う父の気持ちがなければ、この素敵な思い出はなく、

バスの中での一瞬の幻だけだったのです。

幻の少女が姿を見せてくれただけで十分に幸せなことでした。

 

修学旅行の整列時にふたりが先頭に並ぶ姿、手前が私。

写真館のひとが撮ったモノクロのスナップ写真です。

買ったのは私だけだったかもしれません。