インフォメーション

2017-08-31 13:23:00

「美味し~い!」

「3つのオレンジへの恋」の夏休みが明けたこの日、店内に久しぶりの歓声が戻ってきました。

女子学生なかよし4人組が「夏の日の思い出オム」をひとくち口にして、それぞれが期せずして発したのです。

(そうそう、やっぱりこれが聞こえてこないとね)

 

 

「〇〇屋!」

歌舞伎で欠くことのできない掛け声には難しい仕来たりがあって、素人にはできませんが、「美味し~い!」は素直な心の叫びですから、いつでも、どこからでも、何度でも、まったく問題はありません。

 

大学はまだ夏休み・・・クラス単位の小・中・高では、明日から友や担任の先生に会えなくなると思えば寂しいのに、終わりそうになるとまだ、もう少し続いてほしいと願う・・・。

 

この夏休み中、早稲田大学では研究開発センター(元早稲田実業高校校舎)の解体工事が始まりました。

数年前にも一部校舎が取り壊され、そのあとに スマートエナジーシステム ・ イノベーションセンターのま新らしいビルが建築されましたが、この度はいよいよ主要校舎が解体されます。

 

文字通り「早実の顔」であった、全面に淡い鶯色(緑の稲の色?)のタイルが張り詰められた校舎と門構えとが一体になった、趣きのある景観。いまは仮設の塀に覆われ、窓ガラスにはガムテープが縦横斜めに貼りつめられ、建物のもつ温もりが一気に失われてしまいました。

少し荒々しくなったその外観は、学生時代に吹き荒れた学園闘争の嵐と、過激派が占拠していた校舎の無機質な逆バリケードを思い起こさせます。

 

旧早実高校は、私が法学部を受験した年、大学の教室だけでは足りずに試験会場として使用されましたが、自分の高校と変わり映えのしない教室で大学受験かと思うとちょっと複雑な思い。

 

50人は収まるであろう教室ごとに、受験者が何十人いただろうか・・・安田講堂事件で東大入試が行われなかった唯一の年、戦後ベビーブーマーの受験で史上最高の競争率となり、単純計算上、ひと教室あたりの合格者はほんの数人しか見込めない。実際に、合格者発表掲示板の受験番号は不規則に大きく飛び離れており、あらためてゾッとしたものです。

 

一浪したがともかく合格でき、これからの4年間、受験雑誌の表紙などで見ていた早稲田大学のキャンパスが自分の庭になるのだと思った、1969年早春の日。

 

 

━━2002年の春、思いだにしなかった第二の人生で「3つのオレンジへの恋」を始めた。

以来、早稲田では校舎・建物の建て替えが続き、わが法学部8号館から始まり、商学部・国際教養学部、政経学部、27号館・小野記念小講堂、大隈タワー、文キャン校舎、記念会堂・・・この間、大隈講堂も一大改修工事が行われた。

まるでサグラダ・ファミリア大聖堂のように、早稲田ではつねにどこかで工事が行われており、その変遷ぶりを目の当たりにできたことは、OB冥利につきます。

 

今年は卒業後、早や45年目のホームカミングデーを迎えることになりました。