インフォメーション

2017-09-30 19:53:00

「3つのオレンジへの恋」に「新しい顔」ができました。

ドリンクの自動販売機です。

「3つのオレンジへの恋」の外観にマッチした、緑の植物をあしらった、憩いのデザインです。

お気軽にご利用ください。

 

今年の夏は、早稲田を卒業していった嬉しい顔が、何人も訪ねてくれました。

「マッチワーク」というサークルで活動しながら、4年間通ってくれた山口君は、東大の大学院に進み、日本の古典文学を研究。今は高校の先生を勤める傍ら、区のカルチャースクールでも講座を受け持っているそうです。優しい人柄で、きっと評判がいいことだろうと思います。

 

今年の春、突然「登場」して、「わたし美術館」という、素晴らしい絵本を作成した、女子の高橋さんと、佐宗さんの二人も。

高橋さんは、現在就職先の岡山で勤務していますが、夏休みに帰京して、早稲田の大学院に進んだ佐宗さんと、やってきてくれました。

初めて親元を離れた高橋さんも、新たなで学究生活を送っている佐宗さんも、心身とも充実した様子がうかがえ、安心しました。

 

 

むかし、商社に入った私は、1年目の夏休みに、大学の同級生3人と三宅島に遊びに行ったのですが、慣れぬ会社生活に疲れ切って、着いた日の翌日は、3人とも食事もとらないまま、夕方近くまで寝ていたことを思いだしました。

 

夏の最後には、アルバイトで活躍してくれた女子、りこちゃんが、結婚されたご主人と二人でやってきてくれました。

大震災の試練を乗り越えられた、この方ならばと思うご主人で、とてもよいご夫婦だと思いました。

いまお二人は、石巻で「はまぐり堂」というカフェを経営されています。

大変好評で、みなさんも石巻に行かれた際にはぜひお立ち寄りしてみてください。

 

最後に、もう一人の女子、浅井さんの嬉しい顔。

高3の夏休みに、一人で早稲田大学見学にやってきて以来、「3つのオレンジへの恋」と、心の友になりました。

あのときと同じように、夏の終わりにやってきてくれましたが、いまは、はやくも名門私大の3年生で、教職を志望しています。

一度、会社員の経験も積んでみたいと思っているとのことで、彼女なら、そのすべてが糧になるだろうと思います。

ますます輝くような「いい顔」になってゆき、将来が楽しみです。

 

 若い彼・彼女らに幸あれです。

今年も、「早稲田の親」として、とても嬉しい夏となりました。