インフォメーション

2011-08-27 11:16:00

最近、「都市伝説」という言葉を見かけたり、耳にします。くわしいことは知りませんが、怖そうな「学校の怪談」よりはロマンがありそう?

 

ところで、これは都市伝説なのかどうかわかりませんが、ビール等アルミ缶のプルトップについてこんな噂があります。

「プルトップだけを缶の本体から取外して、これをまとめてあるところに送り、そこでドラム缶何本分かたまっると車椅子に交換してもらえる」

 

私の妻は友人からこの話を聞いて、日常のささやかなことで社会貢献ができるのならばと、私の飲む缶ビールのプルトップをこつこつ集めました。

 

プルトップひとつはわずかに重さを感じることができる程度のものですが、これが何十、何百とたまると見掛け以上の重さとなり驚かされます。

 

妻はまとめたプルトップを入れた袋をときどき友人に渡していましたが、会う機会がないときなど、どんどんたまってゆくプルトップの重さは冗談ではないのかと思うほどになり、とても持ち運ぶどころではありません。

 

そこで自宅マンションの清掃・整美をしているひとにその話をしてみたところ、ご存知なく、役所や関係先にも問い合わせてくれましたが、「ドラム缶」、「車椅子」というキーワードは出てくるものの、どこに送ればよいのか、どこが扱っているのか分からないとのことでした。

 

結局、集めたプルトップは行き場がなく、空き缶としての資源ゴミ扱いにもならず、不燃ゴミとして迷惑気味に処分されたようです。以後我が家では、この「運動」は止めることにしました。

 

「車椅子」の話、趣旨はとてもよいと思うのですが、繰り返すことで有名になった「あの公共広告機構」でも云わない。

 

これは「都市伝説」なのでしょうか?

 

それとも「いいえ 誰でも」。