インフォメーション

2017-06-14 14:01:00

初めて聴いても懐かしさを感じるメロディーを、ホルンが朗々と奏する。

「魔弾の射手 序曲」。

”快速“の「フィガロの結婚 序曲」や、”闘牛士“の「カルメン 前奏曲」と並んで、親しみやすい名曲です。

 

「魔弾序曲」と勇壮な「狩人の歌」は小学校5~6年のときに音楽の授業で聴き、すっかり魅了されました。演奏時間の「短さ」がちょうどよいのか、「狩人の合唱」は子供の頃にはよくラジオからも流れていて、ドイツロマン派の作曲家ウエーバーの細長い顔と名前も覚えました。

 

ドイツの暗い森の雰囲気を漂わせる歌劇「魔弾の射手」は、 ワーグナーの音楽に大きな影響を与えたといいます。後に私がワーグナーを好きになった伏線はこの曲にあったようです。「狼谷」の不気味さ、かきたてられる不安感は、映画 「ハリポッター」の音作りに通ずるものを感じます。

 

「魔弾序曲」で、曲が終わったかのような休止の後に、いきなり「グア~ン」とくる衝撃は、ハイドン先生の典雅な「驚愕シンフォニー」の比ではありません。続いて演奏される胸躍るメロディーはエレガントで、ミュージカル音楽と言ってもよいほどノリがよく軽快です。

 

「こんにちは赤ちゃん」が流行っていた当時、父と秋葉原まで行って買ってもらったポータブルプレーヤーで、サバリッシュ指揮バイエルン国立歌劇場管弦楽団演奏の「序曲」と「狩人の合唱」も収められていたドーナツ盤レコードを、繰り返し聴いたものでした。

 

私にとってクラシック音楽とは、つねに鑑賞するものであり、そこから何ものにも代えがたい心の充足と感動を得るのですが、6月4日の第76回定期演奏会で、早稲田大学フィルハーモニー管弦楽団の学生のみなさんは、この「魔弾の射手」を、そしてレコードでは何故か「運命」とカップリングになっていることの多い「未完成」と、雄弁なソロバイオリンが必要でスケールの大きな「シェラザード」とを、易々と演奏してしまうのだから「驚愕」です。

 

指揮をされた松岡 究さんに、往年のN響指揮者ローゼンストックさん(この人は厳しかったようです)の面影を感じたのは、燕尾服姿のせいか、はたまた私の思い違いだろうか。

 

私の小学校の同級生にはバイオリンを習っていた女子がいたし、中学でもピアノを学んでいた女子がいた。二人のその後はわからないが、早稲田大学交響楽団や早稲フィルの皆さんを見ていると、同級生だった彼女たちのその後の「音楽人生」思うことがあります。音楽学校に進学しなくても、早稲田に入学し、立派に交響曲や管弦楽を演奏している・・・そういえばあの二人も成績がよかったなあ。

 

今春の「第九」では、早稲フィルと早稲田大学混声合唱団が見事な演奏を披露してくれましたが、この日、早稲田大学グリークラブが「狩人の合唱」を歌ってくれていたら、もう一回アンコールだなあ。

 

水島先生、良い演奏をいつもありがとうございます。