インフォメーション

2017-03-13 14:25:00

もう1年前のことになりました。「3つのオレンジへの恋」が文化放送「吉田照美 飛べ!サルバドール」にラジオ出演、レポーター役の鳥居みゆきさんがやって来られて、その妖しくも可愛い魅力をいっぱいに振りまいてゆかれました。

 

以前、吉田照美さんが、「食レポ」で褒める言葉に困ったときには「優しい味」ですねと口を濁すと聞いたので、「3つのオレンジへの恋」では、「優しい味」とは「最高の称賛」の言葉であり、人が感じる「自然で素直な気持ち」の表現なのです、ということをブログに書いたことがきっかけでした。

 

先日、「石焼きオム」を召し上がった一人のご婦人が期せずしてこう言ったのです。

「とっても優しい味ですね。美味しかった」

「そうでしょう!」

我が意を得たりでした。

 

良いものを口にし、食すると、体の中から美味しいと、声にならない声が聞こえてくるのです。「3つのオレンジへの恋」の「特製オム」が、「特製クレームブリュレ」がそうなのです。強い味・濃い味・人工調味料や添加物などでごまかしたものは、お腹は膨れてもその「声」は聞こえません。体が喜んでいないことがわかります。

 

私はこのご婦人に、吉田照美さんとの“エピソード”を披露し、あの日スタジオで「デミハヤシオム」を食べていただいた照美画伯による「自画像」と”優しい味だね“とのコメントつきの、そして「お目めと鳥居」のイラスト入りの鳥居みゆきさんと、可愛いイラスト入り「室りん・てるみ」アナと三人の、「豪華サイン入り色紙」を見ていただきました。

そしてご婦人は満足気に引き上げてゆかれたのでした。

 

3月14日(火)から営業いたしております。

 

 (付記1)

前回記事は「占いの不思議」についての、私の体験です。

 

 (付記2)

「飛べ!サルバドール」を聴いていると、鳥居みゆきさんが出演していて、「整形美人も多いので、美しいと言われるよりは可愛いと言われたり、妖しい魅力と言われたい」と言っていました。

「不思議」なことですが、このHP上で、みゆきさんの言葉を先読みしたかのように、「妖しくも可愛らしい」と評させていただいていました。

 

照美さん、みゆきさん、丁度1年前のこの3月16日に、「3つのオレンジへの恋」からの中継を、あらためてありがとうございました。

 

今日は、番組の最後に鳥居みゆきさんが吉田照美さんにあてて書いた「手紙」を、照美さんが読み上げたが、ふざけながらも随所に光る文才、鳥居みゆき、やはりただものではありません。

思い出の「飛べ!サルバドール」

本当に終わってしまうの?