インフォメーション

2016-10-27 18:05:00

大隈講堂に「人間国宝」小三治師匠を迎えた夜、ゆったりと、独特の「間」をもつ名人芸に、詰めかけた客は酔いしれました。

 

しかしこの日「前口上」に続いた前座話しの中で、いきなり出てきた「平林さん」という名前を耳にした瞬間、私の耳がビクッと反応して、何か心がザワザワするのを感じたのです。

 

字の読めない奉公人と、読めないのに知ったかぶりをする「大人」たちが「平林」の読み方を巡って面白可笑しく展開してゆく。

客席の中には「平林さん」が何人かいたかもしれないし、知り合いもいたことでしょう。しかし何度も繰り返された「平林」という名前を聞くたびに、笑いながらも感慨に耽っていたのは、客席の中で私だけではなかったか・・・。

 

その二日前のホームカミングデー「稲門祭」の日。

招待年次にあたっていた、高校美術部の女子の先輩、荻村さん(旧姓仮名)が「3つのオレンジへの恋」にやってきてくれました。高校のOB会組織が十分整っていないこともあり、実に半世紀に近い時を経ての対面でした。荻村さんが訪ねて来られたのは、以前私が「平林さん」について書いたブログがきっかけでした。

 

私の書いた「平林さん」は平林和幸さんといい、荻村先輩とともに私の1期上です。平林和幸さんは武蔵大学でフランスの詩歌・文学・絵画を専攻され、同大学学長に就任されましたが、退任後の平成14年1月に亡くなられました。

ニュースで伝えられた訃報を見て、高校の先輩とお名前が一緒だと思った私は、ネットの「高校OB名鑑」を見てようやく「その平林さん」だとわかったのです。

 

高校時代の部活・美術部では平林さんの代の男子4人はとても仲がよく、部室に顔を出すといつもワイワイと賑やかで、絵を描いているところを見たことがありませんでした。私は部活や高校時代の思い出についてブログに書きましたが、平林さんのことを知って、追悼の気持ちであの頃の青春の一コマを書いたのです(14/5/23付ブログ 「先輩 平林和幸さんのこと」)。

 

荻村先輩はこの追悼ブログを見てくれたのでした。私の高校時代の担任で、静岡大学教授になられたものの、87年に53歳の若さでお亡くなりになった黒羽清隆先生の記事もご覧になってくれていました。

 

2年の時に転校してきた荻村さんはおっとりして可愛らしく、同期と言ってもよいくらいに先輩ぶらず、我々下級生の間でも人気がありました。ほかならぬわが美術部に入ってくれたことを感謝したものですが、その方と再会できたのですから、それはそれは嬉しいことでした。

 

私は追悼番組の映像で平林学長を拝見しても、高校時代の「ヒロヒロ」先輩だとわからなかったのですが、私に話しかけてこらた荻村さんは、その瞬間にすぐにわかりました。清楚なイメージはそのままに、自然で、美しく歳を重ねておられました。

 

この日荻村さんと一緒に見えたお友達とで座った席には、たまたま早稲田スポーツ新聞による女子バレーボールの写真が飾ってありました。そのお友達はそのバレーボール部員だったそうで、またもや偶然と必然の不思議を考えさせられることになりました。

 

お名前に関連してもうひとつ不思議なことが。

実は私のキーのひとつに「荻村さんのお名前」が入っているのです。

キー固有の暗証番号を忘れないよう、数字に合わせたネーミングをつけているのですが、その数字の並びは荻村さんの「ファーストネーム」以外、私には考えられませんでした。

私は毎日キーの番号を打ち込む度にそのお名前を思うのです・・・どうしておられるのだろう・・・そのご本人が突然嬉しいお顔を見せてくれたのです。

 

「平林さん」を巡るこの度の一連のできごとは、私にとってちょっとした奇跡ではないかと思っています。