インフォメーション

2016-12-03 16:47:00

「美味しかったです」

早稲田は20年ぶりだという、満足そうな表情のOGからのうれしいことば。

 

近々行われる、南門通り商店会主宰の「第二回ポスター展」。

広告研究会の各グループが、それぞれ店を担当。

「3つのオレンジへの恋」担当の1年生の男女が「取材」にやってきた。

去年はまだ高校生だった二人は、幼さを残して、こちらが嬉しくなるほど若い。

 

入り口に展示している、昨年のポスター展の作品はとても良い出来栄えだったが、「投票」で選ばれた3作品は、「ユーモア賞」に方寄っていて、「3つのオレンジへの恋」や、ほかのいくつかの優れた作品は残念ながら無冠に。

今回はきっと何か賞をとってくれるであろうと、期待。

「3つのオレンジへの恋」には素敵な「物語」がある。

 

今日は、高校1年生だというさわやかな女学生と若いママ。

これからキャンパスツアーにゆくのだとか。

また早稲田に、きっとやって来るよね。

「3つのオレンジへの恋」に。

 

間もなく年一回の、私の高校クラス会の日。

広告研の彼らには文字通り正真正銘の昨日だが、67歳のいま、大学時代も遥か遠い昔のことになってしまった。

それでも高校どころか中学・小学校の日々さえ、つい昨日のことのようにも思える。

白髪と老眼が、もう若くはないのですと告げている。

また一つ年が過ぎゆく。