インフォメーション

2016-07-28 14:50:00

夕暮れどき、息子夫婦のマンションを訪ねたとき、隣接する家庭菜園の土地にトンボが飛翔していました。菜園は結構広くて薄暗くなってきていために、車の車窓からは全体がよく見えませんでしたが、「群舞」というほどの集団でもなかったようです。

 

このとき、トンボの種類は見分けられませんでしたが、菜園の豊富な緑に群がる子虫を狙ってやって来るのでしょう。まったく予期していなかった自然のこの営みに、いまどき、幼虫のヤゴが生息するようなきれいな水辺があったのか!という驚きとともに、少々感激した次第でした。

 

私が子供のころ、世田谷の、今はない「三宿田んぼ」に群舞するトンボの群れを目にしました。緑の多かった自宅の庭にもトンボはやってきました。お馴染のシオカラやムギワラ、まだ色付かないナツアカネ。愛らしい糸トンボもやってきました。そこに大型のギンヤンマやオニヤンマが悠然と飛翔する姿は、神々しさすら感じさせました。

 

今日、梅雨が明けたようで、水不足は心配ですが、夏が来るといよいよ若者が集うオープンキャンパスです。

 

早稲田の美しいお花畑、「3つのオレンジへの恋」で、あなたも是非若い翅を休めてみてください。