インフォメーション

2016-06-02 13:08:00

男子生徒5人がオムライスを食べにやってきました。

秋田県大館市立比内中学の3年生で、修学旅行だそうです。中学、高校とも京都や奈良の寺社を回った我々「東京勢」は、見学コースの多様性に驚かされますが、早稲田大学にも山ほどの「歴史」があるので、大いに勉強になることと思います。

 

私の両親が能代市出身だったので「秋田」と聞くと嬉しく、グループの中にいた、いかにも雪国秋田らしい色白の少年の姿も好ましく思えました。

歓迎の意を込めて、店内に早稲田の校歌や応援歌を流しましたが、彼らはまだ聴き馴染んでいなかったかもしれません。

母の母校である女学校が統合された能代商業高校は、2011年夏の甲子園では、スター選手がいなかったにもかかわらず、三回戦まで進出。保坂投手はじめ選手たちは秋田県勢として本当に良く頑張ったよね。

 

この日は、以前,HPに書いた「凄い妹」のお兄さんもやってきてくれました。

今年の入学式の日(法学部)、彼の妹さんがお母さんと一緒に来店したのですが、その落ち着いた態度、ていねいな言葉遣いに、私がすっかり感心してしまった、 その子のお兄さんでした。彼は、入学試験の日、一人でやってきたのですが、とても好感度が高かったそうで、家内が、きっとその男子がお兄ちゃんだよと言っ ていたとおりでした。しっかりした妹さんは小学校六年生だということで、とても楽しみなご兄妹です。

 

店内に早稲田の校歌・応援歌が流れていたこの日、当店と深いつながりがある応援部チアリーダーのおー人が、そのお母さんと見えて、とても楽しい一日になりました。

 

OBと思われる男性が、一緒に見えた女性に「4年間、六大学野球の優勝がなかった」と話していたので、私は思わず「自分たちもそうだったんですよ。しかも入学前年の秋と卒業直後の春 に優勝した『前後賞』なんです」と言うと、83年の卒業で10年後輩にあたるその男性もまったく同じパターンで、そんな「不運」は自分たちだけかと思っ ていたので驚きました。その日は三重県の稲門会の集まりでやってきたとのことでした。

 

春の早慶戦があった土曜日、客席から「早稲田は五位だから・・・」という会話が聞こえてきた。

女子7名の若々しいグループは、大学生には見えなかったので熱心な早稲田ファンなのかと聞いてみると、早稲田学院本城高の2年生でした。

彼女たちは「集合写真」を撮ってから、オムライスを食べ始めた途端、「やばい!」と言うと、それまで雀の合唱団のようだった席が急に静まりかえってしまいました。2年後に、大学生としてやって来たときには、是非「大盛り」でどうぞ!。

 

早慶戦も終わり6月がやってきました。

今シーズンは冴えなかった早慶両チームでしたが、秋には神宮球場は熱い応援で盛り上がっていることでしょう。