インフォメーション

2011-04-28 12:32:00
今年は同じ日にうれしい出会いが重なることが多い年です。

3月に早稲田大学教育学部の滝澤先生が初めてみえると、その日に私の都立高校の同級生で県立高校教師を勤めた山田さん(旧姓)がみえました。

4月に入り滝澤先生が再びおみえになり、同じ日に、こんどは高校の1年下の後輩で神奈川県の有数の進学校の先生である駒田さんがみえました。駒田さんは日本史の黒羽清隆先生の影響を強く受け自らも日本史の教師になられたそうです。

滝澤先生から、「美しき天然」という一度聞いたら忘れられないメロディーに関することなどを綴られた冊子をいただき、この曲について多くを学ばせていただきました。いつか、先生の歌声で一度お聞きしたいものです。

駒田先生からは、私たちが1年先に高校を卒業したあと、当時大学から高校まで全国に広がっていた過激な運動により卒業式が中止となり、卒業アルバムもつくられなかったことを聞きました。ユーミンも歌う「卒業写真」。卒業アルバムは大事な青春の記録なのに。わがことのように残念です。

その後の高校の変わりようをお聞きすると、後に高校を去るときに黒羽先生が同窓会報に寄稿されたときのお気持ちの一端が分かった気がしました。

お三方は、黒羽清隆先生を師と仰ぐ八耳文之先生と深いかかわりのある方です。わたしは、ブログに黒羽先生の思い出を書いたのがきっかけで、3月26日に突然八耳先生にお会いさせていただくことになったのです。

八耳先生は、黒羽先生の奥様から遺稿集の編集を任せあられるほどの信頼を得られていた方で、膨大な編集作業の中、突然お父様を亡くされ、茫然自失の状態になられましたが、困難を乗り越えられ、ちょうど1年前の4月に遺稿集「黒羽清隆歴史教育論集」を出版されました。

大隈重信が一瞬にして小野梓の俊傑を見抜いた運命的出会いのように、八耳先生にお会いしてみると黒羽先生と奥様がご信頼された理由がよくわかりました。

今後、先生とともに遺稿集を編集された加藤正彦先生ともお会いできる日を楽しみにしておりますが、貴重な一日、私だけではもったいなく是非クラスの仲間と一緒にお会いしたく思っております。

黒羽清隆先生は、昭和44年からNHKテレビ通信高校講座「日本史」を担当し、高いレベルと魅力ある語りで全国に幅広いファンをつくりました。番組は好評で、放送期間は異例の10年の長きにわたったそうです。

黒羽先生はその後、学芸大付属高校に転じられ、中央大学経済学部講師を経て、静岡大学教授になられ、精力的な教育活動を続けられていました。師の家永三郎先生が絶賛した独創的な着眼点で多くの仕事を残しましたが、まだこれからというときに53歳というお若さで、病に倒れ突然逝去されてしまいました。

黒羽先生が惜しまれて亡くなられてからほぼ四半世紀。八耳先生、加藤先生らの熱心なお力によりまだまだ熱い!黒羽さんです。