インフォメーション

2016-03-29 19:38:00

今年も卒業式が終わりました。

建て替えのために、例年、会場として使用されてきた記念会堂がなくなり、式が2日間から3日間に伸びて、どんなことになるかと思いましたが、何とか終わりました。

 

ことし「3つのオレンジへの恋」にゆかりのあった卒業生は、アルバイトで働いてくれたYさんと、応援部吹奏楽団のSさんの二人の女子でした。

 

物静かなお嬢さんであるYさんはサークルに所属して小説を書いていました。

早稲田の学生時代は演劇好きだったというお母さんと、やはり高校で演劇活動をしているという頼もしそうな弟さんとで見え、あまりにも娘さんと対照的で活発なお母さんと暫し歓談しました。

そしてYさんが、将来、作品を世に問うことがあれば是非連絡をと約束しました。同じように私の方からも「何かあれば」連絡することになっています!。とてもやさしい性格だったYさん!バイト、楽しかったでしょう、ありがとうね。

 

神宮球場で演奏するのがとても好きだったという応援部吹奏楽団のSさんは、4年間三島から通学していたとお聞きして驚いてしまいました。

少し硬すぎるほど真面目で礼儀正しかったお嬢さんでしたが、応援部の肩書き、責任から解放されたのでしょう。この日は店内に流れる校歌や応援歌に合わせて、伸び伸びと楽しそうに歌っていました。卒業するとめっきり校歌に接する機会が減るのです・・・。

三島は新幹線の鉄橋から富士山が美しく見えるところで、私も総合商社にいたころ、沼津の得意先に行くときによく出かけたところです。Sさんの言うように、三島駅で降りると大きな富士の峰がみえました。

応援部の活動をしながらの長距離通学に、Sさんにあらためて「よく通ったね」と言ってあげました。

 

貴女もでしたか!。

このほかにもお馴染の学生さんの顔があり、「幽玄」の日本画家今吉淳恵さんの、「とにかく明るい妹さん」とお母さんも、お子さんの卒業式に顔を見せてくれました。

 

忙しいなかですが、「3つのオレンジへの恋」を通じてみなさんと交流できることは喜ばしいことです。

 

さあ!今度は入学式です。

「早稲田青春のオム」を是非お召し上がりください。