インフォメーション

2016-02-24 14:23:00

早稲田大学では入学試験も終わり、今日からロックアウトも解除されました。

「3つのオレンジへの恋」は入試期間中連日営業いたしまして、昨日はお休みさせていただきました。

 

毎年この日に皇室のニュースが伝えられると思いだすことがあります。

いつかは自分の誕生日が祝日になると、控えめだが嬉しそうに話していたひとの面影・・・決して忘れることのない「青春のプラザ」の想い出です。

 

先日は、はるばる佐賀県から 知人がやってきてくれました。

もう30年近く前になりますが、不動産業界の北米視察ツアーで一緒だった方で私よりも先輩です。昨年、郷里の佐賀にもどりましたが、「3つのオレンジへの恋」の近くにも家があって、この日、久しぶりにやってきてくれたのです。

 

佐賀といえば大隈重信候ゆかりの地で、早稲田佐賀中学・高校のある県でもあります。

九州早稲田校の現在地への誘致合戦、美しい海岸線、佐賀の12賢人のことなど、知らなかったことを一杯話してくれました。

 

サンドイッチマンや中川家と並んで、いまや漫才界の至宝といえるナイツの塙氏が佐賀出身であることはもちろん、そのお父さんが、私が勤めていた総合商社にいらした経理マンで、さらに千葉県に住んでいることまで、その知人は良くご存じで、さすが郷土愛の知識に溢れていました。

 

そして佐賀のひとは、長崎や福岡、鹿児島、熊本など九州他県と比べると非常に地味で、PRが下手で、万事控えめなのだとお聞きしました。私のいた会社でも九州出身はみな「賑やか」であったので、それを聞いて少しおどろきました。

私の両親は東北秋田の出身で、東北のなかでも特に控えめ謙虚な県民性だと思っていますが、佐賀県がよく似ていると思いました。秋田も佐賀も米どころで豊かであるということが、あくせくしない県民性に影響しているのでしょうか。

 

お兄さんの方の塙氏は、有名な出身者は松雪奏子しかいないと歌っていたが、秋田県も東北の他県にくらべれば結構地味で、有名人の数も少ないように思います。

そして九州ではみんな焼酎だと思っていたら、何と佐賀は米どころで、焼酎より清酒を飲んでいるのだと。

知らないことばかりでしたが、急に親近感が増し、この知人のご案内で佐賀に行ってみたくなりました。

 

「佐 賀」・・・「素 粒 子」になって飛んで行きたい!

もうひとつの忘れることのできない、「大好きだった」文字です。