インフォメーション

2016-01-03 17:35:00

昨年のある日のこと、高校制服姿の女子3名と男子1名とがやってきました。


学校名を聞いたところ、「群馬県の中高一貫の四葉学園です」とのことでした。覚えやすく、よい校名なので、ああ!あのときのと、すぐに思い出しました。

以前、大学見学の折に、先生の引率でグループでやってきてくれた生徒たちでした。この日はSNS研究のためだそうで、前回、美味しかったので、また「3つのオレンジへの恋」にやってきてくれたのです。

 

同じ日、一人でやってこられたご婦人から、「普通のオムライス」をと言われたので、当店はすべて「特別製」で、普通のオムライスはありませんよと伝えました。会計の時に、美味しかったですよと言われたので、先ずはよかった!

 

いつもご利用いただく大学の男性職員に、この度の「こども映画教室」のことを話したところ、エンパクの館長さんから評判は聞いておられたようで、とてもよくご存じで、私は「本当にそうなんですよ」と、もう何も説明する必要はありませんでした。


映画教室の「オレンジチーム」のおひとりのお母さんからはメールでお礼をいただいたり、早速来店していただいたご家族もあったり、さらに「こども映画教室」代表の土肥さまからも、心のこもったお礼のお言葉をいただいたりと、「こども映画教室」の余韻いまださめやらずというところです。

 

この日はまた、サークル名は聞かなかったが、100名はいるという大きなダンスサークルの上級生が、大隈講堂で引退公演の日なのだそうだ。

開場前、大隈講堂の前には大勢の人がならんでいた。

ステージを見ることはできなかったが、「3つのオレンジへの恋」のオムライスを食べてご機嫌だった6名の女子は、ラストの演技を無事に終えて、大きな歓声と拍手をもらったことだろう。お疲れ様でした。

いずれも昨年の、とある日のことでした。

 

ことしは、1月6日(水)より営業の予定です。

今年も「3つのオレンジへの恋」を、よろしくお願いいたします。