インフォメーション

2015-11-19 14:54:00

よき人を見たり、知ることは大きな喜びです。

 

先日、ビニール袋を手にして、ごみを片付けている一人の女子学生を見かけました。

これまで、法被を着て街を清掃する、貴重なボランティア活動の方々もいました。また早稲田祭実行委員会の清掃姿もありました。

彼女の姿恰好は私服なので、思い切って尋ねてみたところ、学生で、早稲田大学のまわりを綺麗にしようとの思いから、地下鉄の駅周辺から大学にかけて、自発的に友人たちと清掃活動をしているとのことでした。

 

私は、先のHPで「街を散らかすひと」のことを嘆き、怒り、サッカーのワールドカップ会場で、ごみを片ずける感心な日本人は、虚像だと思っていたところでした。

しかし、5名だと聞いた彼女たちのグループは、誰に褒められるわけでもないところで、黙々と清掃活動をしていました。

 

私が話しかけた女子学生も、その横にいた女子も、なかなか「よいお顔」をされており、彼女らの行動に納得してしまいました。

私は「偉い!」「ありがとう」と言い、感謝の気持ちを込めてドリンクをごちそうしますよと伝えました。

 

これからは寒くなります。

どうぞ暖をとりに、是非立ち寄ってみてください。 (店主敬白)