インフォメーション

2015-11-12 16:18:00

「お前おごれよ!」(女子)

(ん?・・・これは視線をレジに落としていた私の内なる声)

「なんで、おれがおごるんだよ!!」(男子)

レジの前の男女二人の学生の会話です。

 

私は思わず吹き出してしまい、そして言いました。

「学生時代はいいね」。

一見乱暴に聞こえる会話ですが、さて、この二人の場合?

 

私の高校のクラス会では、いろいろと「グループ」の都合、事情があるようで、女子の参加者はいつもほんの数名です。あるとき、久々に参加した女子が私との会話のなかで「〇〇君・・・」と、私の名を言いました。

 

学生時代には当たり前だった、女子が男子を「くん」と呼ぶ習慣・・・会社に入ると「くん」と呼ぶのは上司や先輩・・・たまに同期も・・・であり、久しぶりに女子から「くんと」呼ばれると、懐かしいやら照れくさいやらで、忘れていたあの時代に戻ったようで少々感激してしまいた。

 

先日は群馬県の渋川女子高校と、茨城県の霞ケ浦中学の生徒たちが、それぞれやってきてくれました。

渋女のみなさんがせっかく楽しみにしてくれていたのに、「3つのオレンジへの恋」で突然漏水が発生したため臨時休業となり、オムライスを食べていただくことが出来ず、申し訳ないことをしてしまいました。

 

霞中の女子のみなさんは初々しく、わたしの中学時代・・・東京ではありましたが、あの時代の女生徒のような雰囲気があり、またもや感激してしまいました。もちろん渋女のみなさん方もそうでした。私は何十年も前の、我が中・高時代をあらためて思い出しました。

首都圏近郊の学校では、良くも悪くもみな洗練されているようで・・・。

 

それにしてもやはり学生時代はいいなあ。

よかったなあ。

 

みんな イジメなどするなよ。